深掘りLIVE #26 名芸学長選考問題から大学の未来を考える③
深掘りLIVE #26 名芸学長選考問題から大学の未来を考える③ - おこし場
名芸学長選考問題から大学の未来を考えるその3。名古屋芸術大学の卒業式が3月19日に迫っており、卒業式にはどんな学位記が出されるのか、学長名のない学位記はどうなるのかが気になります。また、学園正常化の取り組みや次期学長のハラスメント問題、学園監事の役割などが議論されています。名古屋芸大学長選考問題から大学の未来を考える。何よりも優先すべきは学園正常化であり、卒業式の正常な開催であり、ハラスメント問題への規程に沿った対応です。学園理事会はちゃんと機能しているのか。名芸学長選考問題から大学の未来を考える③(深掘りLIVE #26 文字起こし記事) reference 名古屋芸術大学の将来を考える会 FacebookX(Twitter) 過去のnote記事名芸学長選考問題から大学の未来を考える①(深掘りLIVE #10 文字起こし記事)名芸学長選考問題から大学の未来を考える②(深掘りLIVE #13 文字起こし記事) ノートレット002|名芸学長選考問題から大学の未来を考えるnote新書001|低迷する私学の本当の原因は理事会にあるnote新書002|『非営利組織の経営』を読む
This is a paid episode ¥300

To listen to this episode, please purchase it.