1. MARSのスダラジ
  2. S#045 自己肯定感を上げる3つ..
2024-05-07 14:29

S#045 自己肯定感を上げる3つの方法~取るに足らないものに美を見出す

この配信は、2024年2月9日、MARS☆RADIO Podcastにて配信されたものです

★Takram Radio : https://www.j-wave.co.jp/original/takram/

---------------------------------    
MARS☆RADIO Season 3 (2024年5月~)
★MARS☆RADIO Podcast : https://listen.style/p/marsradio2024
★MARSのひとり映画館 :https://listen.style/p/hitorieigamars        
★MARSのスダラジ :https://listen.style/p/sudaradio
★MARSの 5分で読書 :https://listen.style/p/bookreviewmars
★月刊 Downunder News :https://listen.style/p/newsfromdownunder
★MARSのサクッと韓国語:https://listen.style/p/sakuttokorean
★声日記 VOICE : https://listen.style/p/voice

--------------------------------
★お便り、リクエスト、お待ちしています→ 
https://forms.gle/wyU9c2QL5chpD5bUA

★X(旧ツイッター)やInstagramなどのSNSのDM、Spotifyのコメント欄でもお便りお待ちしています

★MARSはここにいMARS
→ litlink : https://lit.link/mars2020aus

★MARS★RADIO Podcast YouTube版スタートしました↓
https://www.youtube.com/@mars_radio_podcast

★MARS★RADIOをAI文字起こし LISTEN↓
https://listen.style/p/marsradio2024?8ZmLYZ6H

 

#podcast #ポッドキャスト #移住 #海外生活 #オーストラリア #シドニー
 

00:00
みなさんこんにちは、MARSです。今日も始まりますMARSのスダラジ
はい、このMARSのスダラジは一つのテーマに沿って台本なしのフリートークをするというコーナーです。気になったこと、考えていること、人生のこと、ちょっと重いテーマなどその時その時にピンときた話ができたらいいなというコーナーです。
スダは観光でおしゃべりラジオはラジオ、おしゃべりラジオという感じで聞いていただければという風に思っております。
はい、MARSです。今日も聞いていただきありがとうございます。
シドにはですね、まだまだ暑い日が付いておりまして、だいたい気温的には25度から35度ぐらいまで上がるときありますね。結構暑い日が多いですけれども、
カラッとしますんでね、まだまだ日本よりもいいんですけれども、それでも汗かきますからね、早く涼しくならないかなという感じがします。
日本はだいぶ寒いと思いますけれどもね、ぜひ体調にお気を付けてお過ごしくださいね。
さてもうすぐですね、こちらでもですね、チャイニーズニューイヤーですね、旧正月のイベントが盛んに行われています。
こちらも中国人の移民も結構多いので、チャイナタウンなんか行くとですね、本当に中国人ばっかりでですね、そして旧正月にはすごくね、大きなイベントがあるという感じです。
そんな感じのシドニーから今日もですね、お話ししたいと思います。
今日はですね、有益な情報を少しね、お話ししたいと思いますんで、最後までゆっくりと聞いてくださいね。
はい、新しいジングルで始まりました。マウスのすだらじですけれども、こちらのジングルはですね、月並イロさんという方が作ってくださいました。
後ほどですね、イロさんとのコラボも予定してますので、楽しみにお待ちくださいね。
さて今回はですね、とても有益な情報を手に入れましたので、そちらをですね、皆さんとシェアしたいと思います。
題しまして、撮るに足りないものに美を見出すというお話をしたいと思います。
今回のお話はですね、Jウェーブでもやってますし、ポッドキャストでもやってますけれども、タクラムラディオという番組があるんですね。
渡辺幸太郎さんがメインキャストで、いろんなゲストを迎えてですね、いろんな深いお話をするという、そういった番組なんですけれども、
今回のですね、ゲストはですね、木本理恵さんというね、クリエイティブディレクターという仕事をやってる方がね、来られまして、いろんなね、深いお話をされていたんですね。
03:02
この木本理恵さんがですね、すごいね、ものを見る価値観が普通の人とは違うなという感じがして、ものすごいね、深い話が聞けたなという感じがしたので、その内容をね、ちょっとシェアしたいなというふうに思っております。
まず一つ目なんですが、下手なこと、できないこと、弱いことにこそ価値があるというお話をしていました。
これを聞いたときね、私もショックを受けましたね。
普通ですね、下手なこととか、できないこととか、弱いことっていうのは隠したがりますよね。人に言いたがりませんよね。
ですが、そういったところに焦点を当てて、そこに価値があるというふうに言ってるんですよね。
これはですね、私は今まで考えたことなかった感覚なんですよね。
下手なこと、例えばなんだろうな、今だったら私はウクレレがあまり上手にできませんので、なかなか弾けないんですけども、そういったことをですね、価値があるというふうに見ることはちょっとできないかな。
でもですね、この方はですね、そういう下手なこととか、できないこと、弱いこと、弱いことってなんだろうな、やっぱり人見知りするのでね、人に対してなかなか言いたいことを言えなかったりするときがあるんですね。
そういうことにこそ価値があるというふうに言ってますので、本当にこれはですね、価値観が本当に違うんだなというふうに思いました。
皆さんもですね、自分の下手なこととか、できないこととか、弱いことっていうのを想像してみてください。
それに価値があるというふうに見れますでしょうか。
私は今までそういうことできなかったので、本当にそういうことがですね、価値があるというふうに聞いたことに対してすごくね、ちょっとね、ガーンとね、頭を打たれた気がします。
Xからの投稿なんですけれども、一見もどかしい欠点やマイナスこそが、実は喜びなんだと気づいてから、生きることがずいぶん楽になった気がするという投稿をされていました。
喜びという単語が出てきましたね。これも驚きですね。欠点とかマイナス、これが喜びだということですね。
これは私ちょっとまだ追いついてないので、どういう感覚かというのはちょっとわかりませんけれども、これをちょっと頭に入れておいて、どういう価値があるのかというのをちょっとね、私も一人で考えてみてですね、自分の感覚をですね、ちょっと見てみたいなというふうに思っています。
はい、そして次なんですけれども、これがね、本当にすごいなと思ったんですけれども、題してですね、自己肯定感を上げる日記の付け方というタイトルでお話しするんですけれども、このですね、木本理恵さんはですね、しんどい時期があって、しんどい自分をどう乗り越えるかで始めたのがこの日記だそうです。
で、どういう日記かと言いますとですね、毎日1日にタイトルを付けるんだそうですね。毎日に流れていっちゃうので、タイトルを付けて見ることによってその日を振り返ることができるということなんですよ。なので、この日1日はどういう日だったかっていうタイトルをね、付けるんだそうです。それっていいなというふうに思いました。
06:01
そしてですね、その次に本文を書いて、その次にですね、その日見た美しいものを書く欄を作るそうです。美しいものといってもですね、取るに足らないことの美しさを感じるためにそういうことを書くんだそうですけれども、本当にね、ちっちゃいことに対して美しいというふうに感じてそれを書くんだそうですね。
そしてその次の欄に、その日新しく知ったことを書く欄があるそうです。そしてその次に、その日の自分をめっちゃ褒める欄っていうのを作るそうですね。そしてその次に、その日はですね、星5段階で何点だったかというのを付けるそうなんですね。
で、こういうふうな日記をずっと続けて1年ちょっとやったらですね、無敵モードになったっていうんですよ。これすごいですよね。辛い時期はですね、自己肯定感が低くて落ち込んでいたりしたんですけれども、一人でね、しんどくて涙が出るくらいだったんですってね。ですが、これをやってね、自己肯定感が上がって復活したということなんですよ。
で、これすごいいいなと思ってね、ちょっとシェアしたなと思ったんですけども、日記を書くにしても、ただね、ただ単に今日起こったことを書くだけじゃなくて、美しいものを書く欄、新しく知ったことを書く欄、自分をめっちゃ褒める欄、そして星5段階で何点だったかっていうその日1日をね、タイトル付けるというね、そういうことをするそうです。これっていいなと思うんですね。
これはいいことに目を向けているので、どんどんどんどんね、自己肯定感も上がると思うんですよ。なので、本当にこういった日記をね、書いてみたらすごくいいんじゃないかなというふうに思いました。
さて、その次なんですけれども、めっちゃね、落ち込んでいた時にですね、京都のお寺に行って座禅をしたそうなんですね。そしてそこの僧侶さんに相談したそうです。
そしたらですね、寝る前に美しいものを3つ数えてから寝なさいと言われたそうなんですね。で、これをやったそうなんですけども、それをですね、友達に話したらですね、びっくりしてですね、この方法はアメリカの鬱の治療と同じやり方だそうなんですね。
で、鬱を治す上で美しいものを数えるというのはすごくいい方法なんだそうです。で、アメリカの最新医学と昔からの禅の教えが同じということを知って、これはね、確定だということで、これをですね、毎日続けたそうです。
でですね、脳みその構造では、昔はですね、人間はサバンナのようなところで動物に殺される危険性があったんですね。で、生存本能としてネガティブバイアスがベースとして働いているんだそうです。ですので何かあった時にですね、ネガティブな方にフォーカスすることが遺伝子的に組み込まれた正しい反応なんだそうですね。
なので、何かあったらすぐにネガティブな方に考えるのは普通なんだそうです。ですが、現代ですね、今もライオンもいないし、何か危険が襲ってくるわけでもないのに、まだネガティブバイアスを使っているのかということで、じゃあネガティブバイアスが鍛えられているから、ポジティブなバイアスを鍛えればいいんじゃないかということを思ったんですね。
09:01
そして普段ネガティブなバイアスばっかり使っているから、そっちの方が大きくなってるんですけども、美しいものを考えると脳みその回路がつながってポジティブ菌が鍛えられてですね、結果美しいものに対してより反応できる回路が脳に出来上がるそうなんです。
だから美しいものを数えて自分を褒めていくことを毎日すれば、それは自己肯定感につながるということなんですね。それを1年続けたらめっちゃ生きやすくなったというふうに言ってました。これもね、やっぱりすごいなと思いました。ハッとしましたね。
これ昔私も聞いたことがあるんです。やっぱり良いことを考えると良いことを考える回路がつながって、そして自己肯定感も上がっていくということを聞いたことがあるんですが、これを聞いてそういうこともあったんだというふうに思い出しました。
これ良いなというふうに思いました。ですので寝る前に美しいものを3つ数えてから寝るという方法、これはですね、京都の禅のお寺の人の言ったこととアメリカの鬱の治療の方法と同じだそうですね。ですのでこれは本当に良い方法じゃないかなというふうに思います。
でですね、褒める対象は何でも良いそうです。ペットボトルの水を飲んだとかですね、シートベルトをしたとかね、タクシーの運転手さんと話したとかですね、ちょっとだけですけども良いことっていうのは結構やってるんですね。ですのでなんか賞をもらったとか、そういった大きなことじゃなくて、ちょっとしたことをね褒めるということをすれば本当にね、取るに足らないことをたくさん褒められるので、いくらでも出てくると言うんですね。
で、これはですね、本当にすごくいいなと思ったんですが、えっとですね、前回の配信を聞いた方はわかると思いますけれども、私、あゆこさんという方にセッションを受けまして、寝る前にですね、毎日感謝したことを5から10個書くことをしろというふうに言われたんですよ。で、それを毎日やってるんですけども、このことと同じだなというふうに思ったんですね。
つまりですね、この寝る前にですね、ポジティブなことですね、感謝したことを5個とか10個ぐらい書くことによって脳のですね、そういったポジティブな回路がつながっていくんだと思うんですよね。それで考え方もね、どんどんポジティブになっていいことが起こるということだと思うんですよ。
なのでこれはね、本当にあのいろんなことがね、点と点がつながって線になったなという感じがして、すごく驚いたことです。ぜひ皆さんもですね、ポジティブな回路をたくさん脳に作ってですね、自己肯定感を上げていきやすくなっていったらいいなというふうに思ったので、この内容をシェアしました。
はい、ということで今回はですね、自己肯定感を上げる3つの方法という感じでね、3つのことをお話ししました。1つはですね、下手なこと、できないこと、弱いことにこそ価値があるという見方をする。そうするとですね、生きることが楽になるというお話ですね。
そして2つ目が、自己肯定感を上げる日記のつけ方ですね。まずですね、1日にタイトルをつけ、そして本文を書いて、その日見た美しいものを書く欄を作って、その日新しく知ったことを書く欄を作って、その日自分をめっちゃ褒める欄を作って、そしてその日はですね、星5段階で何点だったかというのをつけるという方法ですね。これがですね、結構自己肯定感が上がるという日記のつけ方ですね。
12:24
それから、京都のお寺の僧侶さんが言ったことと、現代のアメリカの鬱の治療方法と同じだったということなんですけども、それがですね、寝る前にですね、美しいものを3つ数えてから寝るという方法をとるというのがいいということですね。こうすると脳のですね、ポジティブな回路がつながって、考え方がどんどんポジティブになって、そして自己肯定感も上がるということですね。
こういったことがですね、本当にあの昔から何回か聞いたことが今回ですね、一つのせいになったということで、すごくね、ためになったなということで皆さんにシェアしましたが、いかがでしたでしょうか。
まあね、毎日生活していれば、生きていればね、嫌なこと、ネガティブなこと、たくさんありますよね。そんなことを受けていると、どんどんどんどん気持ちが落ち込んだりしますけれども、自分でね、こうやってポジティブな状況を作って、自己肯定感を上げていくという方法がね、すごく斬新だなというふうに思いました。
ですので、ぜひ皆さんもこういったことをですね、ちょっとやってみたらいかがでしょうか。特にですね、今私もやってますけれども、寝る前にですね、その日の感謝することを5個あげたりですね、美しいものを3つあげるとかね、そういった方法をとると、本当にね、寝てる間に多分そういったポジティブな回路がつながっていくと思うので、寝る前にね、やるというのはいいかなという感じがします。
ぜひ皆さんもですね、この生きづらい毎日をですね、生きやすくするためにですね、少しでも役に立ったらいいなというふうに思います。
はい、ということで今回はこの辺で終わりにしたいと思います。今日も聞いていただきありがとうございます。このポッドキャストではフォローそしてお便りをお持ちしています。
概要欄のメールフォーム、そしてSNSのDMやSpotifyのコメント欄でもお便りコメントをお待ちしています。またこのポッドキャストはYouTube版も配信しています。YouTube版では音声配信を画像を使ってわかりやすく見れるようになっていますので、よろしかったらご覧ください。
ではまた次回お会いしましょう。お相手はMarsでした。Have a good weekend!
これからね、チャイナタウンでいろんなイベントがありますので、私もちょっと行ってみようかなというふうに思います。可能であったらですね、レポートとかしてみたいと思いますので楽しみにしていてください。ではまた!
14:29

Comments

Scroll