【Youtubeも見てね!】

短時間でサクッと学ぶ半導体 知らないよりは知っていた方がいい知識

https://youtu.be/bQWhsJ3rQkc


元証券マン・ファイナンシャルプランナーで投資アドバイザーのしんさんです。

短時間でサクッと学べる今日の経済ニュース。


おススメ再生速度1.5~2倍


投資・資産運用のために影響がありそうなニュースを選んでいます。


今日のトピック

・東証に初のアクティブETF上場!ところで、ETFって何?

・中国、アップルに対する規制を発動か?どうするアップル!?

・ビックリ!株式投資をすると月3.5万円リッチに!?何でそうなるのか?


AI自動生成によるタイムスタンプ

日経新聞アクティブETF初上場

アクティブETFの特徴

ETFと投資信託の違い

中国政府によるアップルへの影響

中国で組み立て

ファブレス企業

自社工場と外注


ストアカで初心者・入門者向けの株式投資・資産運用関連講座を中心にやっています。

https://www.street-academy.com/steachers/559284?

conversion_name=direct_message&tracking_code=866aa928e0c0807fcf7475dbdad09f4e


ストアカの初回クーポンです。

https://www.street-academy.com/friend_invites/ZWVlvieQ



リットリンク(インスタ、FB、noteなどはこちら)

https://lit.link/okabeshin



しんさん プロフィール

 

投資アドバイザー、元証券マン、元デイトレーダー、現役FP。


主な取得資格歴

 

・証券外務員1種

・協会認定FP

・2級FP技能士

・長期積立投資研究会 主宰


講師実績など


現在まで約6000人以上に投資相談を経験。

・上場葬儀会社タイアップセミナー エンディングノートの作り方

・東証一部上場通販会社 女性のためのマネーセミナー

など多数。


【経歴】


高校時代は応援団で団旗持ち。

大学は首都圏の2流大学で学校にも行かず、毎晩飲み歩く。


そんな堕落した生活が災いして就職活動ではバブル絶頂期にかかわらず志望の銀行に全部落ちて、やむなく同じ金融という理由で証券会社に就職。


証券会社に就職したとたん、あえなくバブルは崩壊。


大学時代の自由気ままな生活から一転、メチャクチャ体育会系の会社でしごかれる。

ある日は1日150軒の飛び込み訪問、またある日は1日400軒の受話器を手に縛り付けてテレアポ。


シゴキには何とか耐えられたものの、無知な顧客にノルマ達成のため「はめ込む」営業に嫌気が差して退社。

金融機関の都合で無知な顧客に金融商品を押し付けている実態に愕然とする。



しかし金融への思いは捨てきれず、後に保険代理店として独立。

「経営者」「税対策」で初年度から生保業界トップ水準であるMDRT基準に到達。


本来大好きな相場の道にも手を出す。

相場好きが行き過ぎて元外資系証券トレーダーに師事してプロのトレーダーを目指す。


投資信託、株式現物、信用取引、先物、オプション、FX、CFDほぼすべて経験済み。

システムトレードで詐欺まがいの被害にあったり、加えてリーマン・ショックで投資資金を「溶かす」。


子供の誕生時に、路頭に迷う寸前に…

経験を通じて儲けも損失も大きい一発狙いの短期トレードよりも長期的に利益を積み重ねていくことの重要さを痛感。


オフショア香港でヘッジファンドを立ち上げる寸前に挫折も味わう。

日々積立投資の研究と実践を続けている。

Summary

アクティブETFが東京証券取引所に初めて上場しており、投資家はアップルの値下がりに不安を抱いています。特に、アップルの影響は、中国やアメリカといった国々の経済白書や、日経新聞などの情報源から受け取ることができます。また、投資に関心がある人々は、日経平均やニューヨークなどの市場指数にも注意を払いながら、株を保有することを考えています。このような状況下で、50歳以上の世帯は月に3.5万円以上の消費増を実施する一方で、投資による貯蓄も検討しています。

日経新聞のニュース
しんさんと申します。元証券マンのファイナンシャルプランナーストリートアカデミーで講師もやってますよ。今日は9月8日金曜日。早速やっていきましょう。聞くだけちょっと気になる今日の経済ニュース。まず一つ目はこちら。日経新聞。アクティブETF初上場。投資をまず6名柄。しんにさん店。読みます。積極運用型と呼ばれる上場投資進捗。ETFが7日。
東京証券取引所に初めて上場した。野村アセットマネジメントなど3社の計6本が第1弾となる。値動きは日経平均株価などの失踪に連動する従来のパッシブ型のETFに対してアクティブETFは運用会社が独自に選んだ銘柄で構成するETFだ。
ということで野村アセット。三菱UFJ国際シンプレックスアセット。シンプレックスアセットあんま聞いたことないな。野村アセットはネクストファンズ日本成長。ネクストファンズっていうのは2つありますねこれ。日本成長株と後輩とマクシスですよ。三菱UFJはマクシス後輩と日本株アクティブっていうのと、あとシンプレックスアセットPBR1倍割れ
政策保有解消推進っていうようなまあまあまあそれこれぐらいにしときましょう まあ出てきましたけどまぁどうなるか気はしますけどね
よくここでも言ってますけど我々はETFって何ですかよく聞かれるんですけどETFと投資新宅の違いは何ですか 一番簡単な違いは上場しているかどうかというかまあそれに尽きるということですよね
ということは今普通に楽天証券SBI証券で買える投資新宅の多くは上場してません っていうことでETFは投資新宅の一種ですよ
一種で上場しているので差し値で買い大引けで買ったりとかそういう買い方はできますよ でも普通の投資新宅は上場してないので引けない一本みたいな感じですよね
そういう買い方になってきますからまあ実際にじゃあ 差し値ができないということなんで売ってみないといくらになるかわからない
最終的にはそういう感じになりますよこれがETFというのは上場投資新宅っていう意味な 投資新宅の大きな中の一部分ですよね
投資新宅という大きな括りがあってその中の一部がETFですよということですよ これ東京証券取引所は今まではパッシブ型って書いてますけどまぁ要はインデックス型です
よ日経平均に連動したりアメリカの指数ですよね 連動したりとかそういうものしかできなかったんですけどこれがいよいよファンドマネージャーの
裁量一つでこういうテーマを決めてそれで買えるものに投資できますよということです これがさっきも言いました野村汗
例えばROEの改善に期待ができるような株を集めてますよとかね 配当利回りが高そうなのを集めますよとかそういう買い方になってきますよ
そういうETFも出てきますよということですよね 世界には例えばニューヨークにはいっぱいこのアクティブ型ですよいわゆるアクティブ型テーマとかを決めて
動いているETFありますよもう有名なのは有名なのはと 広範囲党なんていうのは有名ですよね
VOOとかのティッカーシンボルで言うとね S&P500の中の広範囲党株に焦点を占めますよと あるいは同じく広範囲党ですけど
カバードコールって言うとちょっとオプションのりを絡めてるのかな なので配当に近いんですけど配当じゃないQILDとかそういうところも有名ですよね
ちょっと今何も資料見てないので素でしゃべってるので間違えてたらすいませんねという感じですけれども
いよいよ日本もじゃあ株も買うけどETFも欲しい インデックスは売ってるからテーマを決めて何か買ってみたいこれでもいいですよ国内
国内の当初で買うときのメリットは昼間に取引しているのと為替の影響を受けない まあ日本株なんでね影響というか業績には影響を受けてますけどまぁ直接の影響はない
ということでこれで買えますからもうもろね来年からの新入社を見込んでちょっとやってみましたよ ということはこれを売ったり買ったりできるで来年からの新入社も買ってで売ったらまた枠復活とか
っていうのがありますただし年 年内の枠はありますからねこれを注意してくださいねと思いながらまぁでもこれ
歓迎ですよねちょっとでも選択肢があったほうがいいぞ 思いながらも次のニュース行ってみましょう次のニュースはロイターカラー
アップル株の影響
割高なアップルの価値中国の移行次第で大幅修正も 読みます中国政府が職員にアップル
が apl の iphone 使用を禁じると報道されて以来 同社の投資家は不安に苛まれている過去2日で7%というアップル株の下落率は
禁止措置が現状の範囲に留まるのであれば行き過ぎに見える だが中国政府によるもっと厳しい締め付けの影が見え隠れすることが特にアップルの
バリエーション 企業価値評価割高化しているという点で問題の深刻さを物語っている
ということでアップルが要するに5日くらい前かな 中国の政府が中国政府が政府職員に向けて iphone 使ったらダメですよ
と言っているっていう噂の段階かなまだそういうお話が正式に発表されているわけ ではない書いてますから
もう一回言いますよ中国の政府職員に向けて まあ中国の国自体が共産党の方が一応政府より上にあるので
iphone 使ったらダメですよ理由はまあ スパイスパイというか情報を取られるからみたいなそういうお話でまぁそこまではっきり言って
ないのとまあさっきも言いました 正式に言ってるわけではないよねただしこれアップロってるが出るってアップのカーブですよ
あってる側からすると怖いなっていうことで7%も下落してるんですよ 今年の初めぐらいかなアップラ調子よくこうずーっと上がってきてる感じだったんですけど
ここに向けて冷水を浴びせられたっていうことです ただこれ政府職員だけ禁止されるのであれば
アップルの影響があるの時価総額の0.2%程度っていうことなんで まあ400兆円とかありますからね
まあ全然全然じゃないけど大きな金額ですけどこの全体から見たら影響小さい っていうふうには言えるんですけれども
ただし全売上この政府職員の枠を取っ払って中国国内の売上で換算すると何 19%もこの国内から売上がさそうですよ
iphone だけじゃないです iphone を起点にアプリとかね まあそん中で買い物したらアップルミュージックなんていうのもありますしまあいろんな
ものが買い物できますからねこれに影響が大きい まあ今ほとんど影響はないですよと言いながら本気で禁止されるとまあこれはアプリ
にとってはいたぜかなというふうに思ったりもします あともう一つは中国で組み立ててますからこれ結構
どうなんかなっていう気がしますよ 中国で組み立ててますけど一応台湾のメーカー
まあ本廃を筆頭に何社かがアップルを受けるって愛情アップルは当然 ファブレス企業なんでファブレスっていうのは工場を持たない企業です
工場を持たずによよそ自社以外のところに委託して組み立ててもらってますよ さっき言いました台湾の本廃なんていうのがその代表格ですよだいたい3社から5社
ぐらいはあるんじゃないかな 本廃というのはシャープを買収した回収ですよね
そこに頼んでやって日本の企業だけは自社工場にこだわっ そういうところ多いんですけど海外はもうよそ似たの日本はね
自社工場以外は何か外注とかってちょっと小馬鹿にしたようなそういう感じがあります からこれがいつまで経っても世界とこう差が開くばかり原因になっているかもしれない
アップルの問題とアメリカの投資
ですけどね まあでもアップルをね中国をやっぱり外して考えていった方がいいんじゃないかなという
ふうには思いますよねこのまた嫌がらせされますからこれ アメリカと揉めたらまだアップル売らないでおこうかなとアップル禁止しようかな
なったらこれいろんなまあめんどくさいっていうことなんであまり頼らずに行った方が いいぞ
思いながら次のニュース行ってみましょう 最後のニュースは日経新聞から経済白書で読む所得増えの道
株保有で月3.5万円消費増 50歳以上の世帯貯蓄から投資で好循環読みます
家計がちょっから投資へ動けば消費の底上げにもつながりそうだ 2023年度の経済財政白書は毎月の消費
株を持つ世帯の方が多いとの推計を示した 50歳以上で3.5万円ほど差がつくこれ毎月かな
インフレ下での成長には賃上げに加え適切に資産形成する層の拡大が重要になる ということで日経とまあ政府のまあこのなんてかどうしても投資ちょっと増やしませんか
っていうふうにまあそういうキャンペーン記事みたいな感じはしますけども でもまあこれは言われてもしょうがないぐらい日本預貯金の比率が高いわけですよ
それの比率が高くても50%超えてますから 他の国はそうまあアメリカとかイギリスね特にそうでもないですよということでアメリカの
場合は特にやっぱり株とかまあ有価証券の投資の比率が高いのでこれ今増えて ますよ
あとリタイアそうですよね30年間株とかで株とかの投資新宅 投資新宅になりますけど401系とかで積み立てしてたらまあ当然額によって違いますけれども
こうな増え方するわけですよねこれ30年間 s & p 500で毎月一定額を積み立てたらどれぐらいに なるか僕もよく計算しますけど
まあそういう計算してくれるようなサイトとかありますから30年間で積み立てると平均で 一倍になりますからということは毎月110,000円1万円を30年間で360万で一倍のあった
なったらこれだけで3000万ですよもうロゴに2千万円問題は毎月1万円を30年間 積み立てたら解決ですよみたいなそんなお話ですよ
これが2万円になったらどうですかもうそういうお話です30年35年2万円毎月積み立てて たらいきますよ
これは奥に近く奥というか100万ドルに近くになるかなというふうなぐらいに増えるので まあこれはねあの今調子がいいっていうのも当然ありますけれども
でも平均で見てもまあ凸凹ありながらも結構増えてますよ ことでねこれがアメリカの株次々にやっぱり出てくるので新しいメーカー目柄
この勢いまあそれは月3万円とか3万5千これ 日本の政府のお話は言ってますけれどもこれぐらい変わりますよ
当然ねまあちょっとドキドキしますよ それはそういう人多いけど月にドキドキする人はできるだけでもいいので
とりあえず試しにやってみたらいいですよと思ったりもしてますよ なぜなら経済のことがちょっとわかるとかまぁこれ聞いてもらってますからねこのポッキャスト
聞いてもってるんでわかるっていうのは分かりたいと思って聞いてる方が多いと思うんです けれども実際にやっぱり自分の保有名柄と保有商品ですねこれが動き出したら
結構面白いんじゃないなるかもしれないのそうすると日経平均今いくらです ニューヨークだはいまいかわせはいくらこれが結構気になってきたり気になるというか興味が
出てくるかもしれないですよね ちょっとでもまあお小遣い増えたら嬉しいなっていうぐらいな感じから始めていっていただいても
いいんじゃないかなと思いますよね とりあえずは2000兆円のうちの半分強のお金ですよ1000兆強ぐらいのお金がほとんど
利息がつかないところにおいてやまあこれ別に全部動かさなくていいのでせめて 1割2割なんかお金増えたりそういうところに持ってきてもいいんじゃないかなと思い
ながらもじゃあ今日も終わっていってみましょう 本日もご静聴どうもありがとうございました
12:28

Comments

Scroll