1. シュウの放すラジオ
  2. 実の家族よりも安心感があるお..

収録時点では、新たなシュウ放インプッターさんはおりません!寂しい!笑

#202403シュウ旅 の、車の中で録った音源は3月23日に宗像からしょーまさん宅に向かう道中

主に前夜のむらさきさんとの楽しい一泊二日についてお話ししました!

むらさきさんホントにありがとうございました!


#34.あの日の悲しみさえ笑いに変えていける|愛があるのがあたりまえ:https://podcasters.spotify.com/pod/show/aiigaarunogaatarimae/episodes/34-e2gjh0l


収録日:4月17日


#シュウ放

#樋口塾


シュウ放公式サイト:https://sakashushu.wixsite.com/shuhou

シュウに何かしらインプットしてくれる方:https://bit.ly/346qgnr


ギチ青柳貴哉さんゲスト回!その1~前回の「乞うご期待!」の続きに巻き込んじゃったの巻:https://spoti.fi/3Ch7CWG

ケージくんゲスト回#1~主客転倒?!シュウ入門回~シュウ放5つのキーワード:https://podcasters.spotify.com/pod/show/sakashushu/episodes/15-e29spol


シュウ放インプッターさんご紹介:https://bit.ly/3sHPrGj


シュウの放すラジオDiscord:https://discord.gg/cbfbRgsmt9


Twitter:https://twitter.com/sakashushu


ご意見、ご感想、ご質問等、お気軽にどうぞ

メール:sakashushu@gmail.com

Googleフォーム(匿名可):https://forms.gle/S2cff9Vbhy4owRFr7

00:01
みんなの声を届けよう。樋口塾
シュウの放すラジオは、誰でもポッドキャストを始められたらいいという思いのもとに集まった樋口塾の一員として配信しています。
今後のことを考えている。
2020年12月31日、なんでポッドキャストの配信をするのか。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしているという状態の中にいて、
普通に対する恩返しのような形付けのことや、普通に起きていることを最高から自分ごととして捉えている。
そういった観点を持てば分かると思う。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
03:01
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
06:02
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
09:02
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
12:02
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
15:02
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
18:02
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
21:02
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
シュウの放すラジオは、お金を使わない生活をしている。
話すので、ば夏の華くね
24:03
作詞・作曲・編曲 中島大一
映画制作・編集 no more mzee
映画制作・編集 no more mzee
映画制作・編集 no more mzee
映画制作・編集 no more mzee
每年的蘇生
そうですね、僕、旅に出てからはまだシャワーを浴びてなかったんで
実際、普段からシャワー浴びるのは
まだすごく暑くなる時期の前は
しごんち、3、4日かしごんちに一回浴びるみたいな感じなので
旅に出てから浴びれてなかったから
夜中だけど朝早起きして浴びるのよりは
寝る前にシャワー浴びちゃって寝た方がいいなと思って
そっからシャワーを浴びて
ベッドに入ったのが夜中の2時ぐらいだった気がしますね
で、そっからホテルの朝食が
朝6時半から食べられるけど
ホテルの1階で食べ放題が食べれるみたいな
そんな朝食の形式だったんですけど
朝6時半から9時までってなってたのかな
で、9時までに朝食を終えて
10時までにチェックアウトみたいな
そんな感じだったかな
で、村崎さんが朝どうしますっていう感じで
僕、食べれるんだったら食べておきたいみたいな感じで
村崎さん、無理しなくてもみたいに
全然食べなくてギリギリまで寝ててそっから出てもいいですよって
おっしゃってくれたんですけど
いやー、そういう時はせっかくだからそこのバイキングだし
それも料金に含まれてるしみたいな貧乏根性というか
そういうのが僕はあるので
味わっておきたいですねっていう話をして
朝8時に1階の食べるところに
大体そのぐらいに行きますねみたいな話をして
だから朝7時ぐらいに目覚ましをかけて
寝たっていう感じでしたね
で、えらいもんで
8時のアラームが鳴る5分前ぐらいに偶然目が覚めて
時間見たらもうちょっとしたらアラーム鳴るっていうタイミングだったんで
そのまま僕は起きて
朝のツイートとか村崎さんと一緒に写真撮ったものとか
前日に熊本でルイスさんとか鴨さんと一緒に撮った写真とかを
アップしながら過ごして
ちょうど8時に着くぐらいな感じで下に降りました
下に着いたら僕の方が先に来てて
先にちょっと食べ始めててもいいかなと思って
もう8時過ぎてたんで
最悪村崎さん寝てて来れませんでしたみたいな可能性もあるかなと思って
食べ放題のところで色々撮って
席に着いて食べようかなーってしてたタイミングで
村崎さんも現れて
27:00
手振ってここで座ってますよみたいな感じで
お知らせするみたいな
村崎さんもその後に食べ物を取って
僕のテーブルの方に来て
2人ともお話しお喋りしながら
昨日の夜は覚えてませんのでみたいなのはそこで話したんですけどね
で食べ物どんなのがあったかの話せっかくだからしとこうかな
普通にキャベツの千切り的なものとかレタスの入ったサラダ
僕がそんなにね
昨日も昼も夜も
トラック食べて夜中までしかも飲んでてさせてもらってたんで
そんなにめちゃくちゃ腹減ってたわけじゃないので
ある程度っていう感じで食べてたんですけど
サラダを取って食べて
あとは肉団子とか
あとは何かの
あれは何肉だったんだかな
とんかつだったのかな
何かのフライ系を2つ食べましたね
あとは唐揚げっぽいけど
唐揚げというかささみフライみたいなやつだったのかな
この辺のちゃんとした証言ができないんですよね僕ね
みたいなそんな肉系も取って
あとは他にもいろいろあったんですけど
春雨の素のものみたいなのもあったのかな
そういうのも取って
全部全種類みたいなの普段だったらやるんだけど
まあいいかなと思って
あとはカレーがあったのでカレーをよそって
カレーの上に
あれだな
ソーセージ
茹でたソーセージがあったから
それも2本くらい取って上に乗せてみたいにしましたね
あとは卵だ
卵がなんていうんだっけな
ミホーランだったと思うんですけど
えーっとね
あらー違うかな
いまだにっていう感じのミ
に宝かな宝物の宝
でミホーランっていう風に紫さんおっしゃってた気がするんですけど
それが
本当にミホーランだったのか
しかもそのミホーランはなんでミホーランっていうのか
わかんないみたいに紫さんおっしゃってて
でその後調べようかな
あとで調べようとかはその時は思ってたんですけど
いまだに調べてないっていうそんな手いたらくですね
いやまあそういうなんか珍しいっぽい卵があるんだなっていう風に
前の晩から意識してたので
そのカレーの上に卵生卵をもう一つ取って
それを割って乗せてみたいな感じで食べましたね
いやーまあ美味しかったです
まあでも普通の卵とどう違うとか全然わからなかったですけど
30:01
まあ普通に美味しい卵でしたね
それはカレーを代わりしたり結果的にしてましたね
でまあそんなもんかな
味噌汁も飲んでコーヒーいっぱい飲んで
コーヒーじゃなくてカフェラテかなんかにしたような気がするな
そんなんで小1時間
まあ小1時間までいかなかった30分ちょっとだったのかな
じゃあまあもうチェックアウトしちゃいましょうかみたいな話になって
で2人とも部屋に戻って荷物を取ってチェックアウトをして
でそっからはじゃあ今日はどうしますみたいな話になって
前日から村崎さんにはお伝えしてたけど
僕はあんまり予定はっきり決めずに
村崎さんとのんびり午前中ぐらい過ごせたらいいのかなぐらいに思ってたんで
全然何をするみたいな
僕はその観光地とかに全然興味がないんですよね
何を見たいとかないし実際雨も降ってたし
で何をどういう感じ
で僕がやりたいこととしてはというか
今日が23かな
23で24が同日になるんですよね
で月曜日に週の話すラジオを配信しないといけないから
同日のどこかでネットがつながってパソコンの電源も取れる場所で
週の話すラジオの収録と編集をしたいんだっていう話をしてたんですよね
でMacとかそういうとこ見つけてみたいな感じで言ってたんですけど
そしたら村崎さんがじゃあそれうちでやりますっていうふうに
おっしゃってくださって
あっそうだ
なんでそう村崎さん家に向かう流れになったかっていうと
僕がですね村崎さんからお借りしている
うしおととらの単行本全巻セットワイド版
この話過去にしたとは思うんですけど
インプッターの紹介で村崎さんの紹介でね
させていただいたと思うんですけど
当時の15分の収録をしているときにうしおととらの話題になって
それは全巻セットを無理やり貸し付けますんでみたいな話を
村崎さんがしてくれていて
実際送られてきて着払いで送り返してくれればいいですよ
っていうふうに村崎さんおっしゃってたんですけど
僕がちょっとさっきも言ったような貧乏症というか
せっかく今回村崎さんに会う機会があるんだったら
送料着払いでいいって村崎さんはおっしゃってくださいましたけど
それは村崎さんの送料がかかってしまうので
それを僕が村崎さんに会うときに
うしおととらをお返しすれば
もうそれはその分がなくなってしまう
なくなる?
その分を発生させないで済むことができる
っていうふうにそんな感じで僕考えるタイプなんですよね
33:03
なのでなるべく事前に読み終えておきたいな
っていうふうに思ったんですけど
それは読み終えることはできなかったんですけど
ただですねそのうしおととらを読む方法っていうのが
サンデーウェブリっていうアプリをインストールすれば
1日1話だったら無料で読めるっていうのがあるんですよね
なんで読み終えなかった分に関しては
それで読み進めていけばいいかなみたいな感じで
思ったんですよね
あとは実際僕普段から時間の融通は聞かせやすいけど
意外とねうしおととらにがっつり時間を当てられる
っていう感じでもないなみたいな感じで
紫さんからお借りしてたからある程度は頑張って
読み進めてたけど
1日1話ぐらいでもまあまあ十分だなみたいな
ゆっくりそうやって進んでいくのでもいいかな
みたいに思って
今回もう読み終えてないけど
せっかく会うんで紫さんにお返ししてしまったら
どうかなっていう風に思ってますっていう風に
お伝えしたんですね
ただ紫さんと一緒に泊まってたホテルから
紫さんはいろいろ
なんかいろんな想定されてたんでしょうね
僕となんかあちこち行ったりとか
そこで別れてそっからは電車で帰るとか
そんな風に思われてたんだと思うんですけど
うしおととらの全館セットが
僕の車に包んであるものを渡されても
その重いものを電車とかで持って帰るっていうのは
大変だなっていう風になるから
それだったら僕ん家に車で寄っていただく
みたいな感じになっちゃうんですけどって
紫さんがおっしゃって
全然いいです紫さん家に
ぜひ逆に行きましょうっていう風に
僕が言ったので
じゃあそうしますかっていうんで
それだったら僕の家にWi-Fiもあるんで
パソコンつないで
そこで収録と
収報の収録と編集されたらどうですかっていう風に
紫さんがおっしゃってくださったので
それに甘えるっていう形にさせていただきました
はい
紫さん家にお邪魔して
ちょうどそのタイミングでは
お父さんお母さんは不在で
弟さんだけいるみたいなタイミングだったみたいなんですけど
ほとんど僕と入れ替わりで出かけるみたいだっていうんで
ちょっとお顔は合わせずに
ご挨拶できずにっていう感じで
僕は入れ違っちゃったんですけど
そんな感じで
だから何も気にせずに
収録してもらって大丈夫ですよって
紫さんがおっしゃってくださったんで
そのメインのコンテンツは
そこで全部
僕が一人喋り撮るってわけじゃなかったんですけどね
メインのコンテンツがそもそもあったんで
っていうのが
僕が21日に出発した直後に
今と同じような感じで
運転しながら撮った音源
それを冒頭につけて
36:00
それに続けて
先日トロリさんっていう
栃木県の農家の方をゲストにお呼びして
シューフォーインプッターでも
ご紹介しましたね
そのトロリさんにお声掛けしてて
先日収録していたものがあったので
それを前後編に分けて
配信しようっていう風に
僕予定してたので
その前半部分
それをくっつけてっていうのを
メインのコンテンツにして
それを挟み込む形での
オープニングとエンディングというか
最後に読み上げる部分
エンドロールと延続レジット
それをくっつけるため
っていうその収録と
それを実際にくっつける編集っていうのを
やりたかったので
それを紫さんの部屋でやらせていただきました
せっかく紫さんいて
一緒に喋るみたいなのもありかな
とかは思ったりもしたんですけど
紫さんとはね
前日に運転しながら
紫さんに運転してもらって
僕が助手席に座っている状態で
紫さんが面白い感じの
ちっちゃいピンマイクを持ってらして
Bluetoothなのかな
それを僕も紫さんもつけて
その状態でスマホで録音して
みたいなことをやってたりしたんで
それを配信するみたいなのもあるし
収報で無理して
紫さんに一緒に出演してもらうのも
エンドロールのとことかね
それはもう
紫さんにも読み上げてもらうみたいなのは
ちょっと違うなみたいに思ったんで
紫さんはお部屋の中に息を殺してというか
僕の邪魔にならないように
静かにしてくださっている中で
なぜか僕が
一人語りの収報を収録するっていう
こんなことやったことないという
初めてのシチュエーションのことをやりましたね
ちょっと恥ずかしいような気が
しないでもなかったですけど
もう前日にもう
さらけ出したような感じ
紫さんもね僕の中ではね
紫さんとの話の中でも何回か出てきたけど
もーちゃんみたいに
もーちゃんとか他の人もそうだな
のりこさんの話とかも出たかな
もう家族に近づいちゃってるよな
みたいに感じる方が増えてるな
って思ってましたけど
今もね改めて思いましたね
収報のあの収録を
後ろに紫さんがいるのに
なんかそんなに恥ずかしがらずに
できたっていうのを
これはよく考えたらすごいことだよな
って思いましたね
今喋りながらどんどん思ってますね
っていうのは
僕収報始めた直後
なんていうのは
本当の実の家族
別居する前の神さんと子供たちがいたら
恥ずかしくてできなかったんですよ
それはね収報を
神さんと子供たちは全然聞いてくれなかった
っていうのもでかいですけど
にしても実の家族にはできない
39:02
そんな恥ずかしい
それを乗り越えられない
っていうのが紫さん相手にはできた
これってすごいことですよね
めちゃくちゃ改めて思いましたね
僕の勝手な思いですけど
実の家族よりも
ある意味家族に近い
そんな面がある
そんな貴重な存在になってますね
紫さんよろしくお願いします
今後とも
収録してしまって
ここまでしてしまったら
あとはどこで編集してもいいから
せっかく紫さんと一緒に過ごしてるから
みたいに僕言ったんですけど
せっかくだから
編集もやってしまっちゃっていいですよ
どうぞみたいに
おっしゃってくれたんで
お言葉に甘えて
そこからどんぐらいだろう
1時間ぐらいずっと
紫さんのデスクを借りて
編集作業をさせていただいて
もう今の時点で
25日の朝の配信予約
っていうのも
完璧に終わらせた状態になってます
紫さんに本当にありがとうございます
全部終えちゃいました
完璧に終わりましたみたいに言って
パソコンは片付けて
っていうタイミングで
ちょうどお昼ぐらいかな
お昼にもうすぐなろうみたいな
感じのタイミングだったんで
紫さんお昼食べます?
っていう風にまたおっしゃってくださって
じゃあまあまあ
意外とね
意外と食べれるな
食べれるなみたいな感じの
腹の状態になってたんで
朝もね食べ放題で食べてたのに
意外とそんな状態になってるな
みたいに思ったんで
まあいいんであれば
ぜひみたいに言って
紫さんも減ってるんであれば
って言ったら紫さんも
今ちょうど食べていい感じですね
っていう感じだったんで
またその近くのおすすめのお店
っていうんで
ちゃんぽんが食べれるお店でしたね
なんていう名前だったっけな
ああそうか思い出しましたけど
これはちょっと
地名を出さない方がいい気がするんで
地名が関わるちゃんぽん屋さんでしたね
ちゃんぽん屋さん
そこもまた美味しかったんですよね
ちゃんぽん
僕ね
ラーメンとちゃんぽんみたいな感じで
比較してた時期があって
ちゃんぽん食べるんだったら
ラーメン頼んじゃうよなみたいな
なんか林ライス頼むんだったら
カレー頼むよなみたいなの
近い感覚で
そう考えてた時期あったんですけど
今は別物だなみたいに
思うんですよねって
村崎さんもおっしゃってて
僕も確かにそうですね
みたいに思って
久々にちゃんぽんも食べたいな
みたいに思ってたりしたので
42:01
めちゃくちゃ久しぶりで
どのくらいぶりだったかな
ちゃんぽん食べさせていただきましたね
それもなんか
お店の名前の入った
一番人気みたいな感じのちゃんぽん
ちゃんぽんの上にね
チキンカツかな
それが乗ってるっていう
そんな感じの珍しいちゃんぽんでした
僕のまた表現では
うまく表現できないんですけど
コクがあるっていうのかな
村崎さんとも帰りにも
そんな話をしながら帰ったんですけど
コクがあってちょうどいい
ちょうどいい味がね
満足感が高いちゃんぽんだったんですよね
だからさっきのラーメンとちゃんぽんの比較みたいな
それには意味がないっていう感じがしてたけど
僕の中でちゃんぽんって
なんとなくなんですけど
ちょっとだけ味が薄いみたいな
そんなイメージがあるんですよね
それはもう全般ですね
どこで食べてっていうんじゃなくて
ちゃんぽんっていう料理全般に対して
若干味が薄い
これは本当は表現として正しくないんですけど
味の濃い薄いじゃないんだよな
だからそれがコクっていう表現で
それしか今のところ表現できないんですけど僕は
だからそれが何かね
その足りない部分
薄さっていう表現ではあってないかもしれないけど
ちゃんぽんに対して
本当にちょっとだけ何かが足りないな
みたいに思ってる部分を
補ってる感じのするちゃんぽんでした
そこをちゃんともっとうまく表現できないと
できないとってことはないな
できたらいいなっていう風に思うんですけど
それも美味しかったですね
でそれを食べ終わって
また紫さんの家に戻って
紫さんがですね
これはちゃんぽん食べに出る前から
帰ってきたらこれやりましょうって
言ってたような気がしますけど
パンデミックっていうボードゲームがあるんですね
紫さんは今古典コミュニティに抜けられてますけど
在籍されていた時期に
誰かから教えていただいたんだっていう風に
言ってました
それコロナ前からあったボードゲームらしいんですけど
コロナがあってぴったりみたいな感じの
そういう触れ込みだったっていう話だったかな
違うかもしれないけど
2人から4人で遊べるゲームだったんですけど
これね1時間ぐらいかけてやったかな
対戦型じゃなくて協力型なんですよね
プレイヤーが全員協力して
パンデミックを抑えるというか
そういう感じのゲームなんですよね
僕対戦型とかあんまり得意じゃないんで
争いが得意じゃないから
争い競争が得意じゃないから苦手なんですけど
協力型だったらなおさらいいなと思って
紫さんと2人で協力してっていう風に
45:02
やろうとしましたけど
結果的にクリアはできず残念っていう感じだったんですけど
あれ面白かったなパンデミック
だからこれまたやりたいっすねみたいに
言ってたんですけど
紫さんがまた26日に
イカネパレットで再開することになってるんで
そこにじゃあ僕持っていきますねって
おっしゃってたんで
実際そこでいろんな人集まるし
いろんなやりたいことがあるから
本当にそれをやる時間があるかどうかわかんないけど
一応紫さんがパンデミックのボードゲーム
持ってこられるっていうことだったんで
もしいろんな人がそれぞれにやることを分かれる
みたいな感じになるタイミングがあったら
またぜひパンデミックやりたいなっていう風に
今のところ思ってますね
それが終わったぐらいのタイミングで
そろそろ出発しますねっていう感じで
僕ね予定としては全然余裕はあるんですけど
今から見ると明日ですね
24日は
糸島でこれ過去にね
2年前ぐらいかな
2年半前ぐらいかな
1回週報でお話ししてるんですけど
ナオミンっていう昔からの友達がいて
女友達なんですけど
結婚もして
糸島で結婚もしてる
女の子の方が僕が前々から友達だったんですけど
結婚前から友達だったんですけど
その子は糸島にいるから
福岡来る時はいつでも声かけてねみたいな
ちょうど1年前の時には
確かナオミンが千葉に寄生する時期に被っちゃって
それで会えなかったみたいな
そんな感じだったんだと思うんですよね
だからそれどのぐらいぶりになるのか
2年以上ぶりになるような気がするんですけど
2回ぐらいね
福岡に来た時に
2回はナオミン家に宿泊させていただいてたんですよね
今回もそんな感じでお願いできたらな
みたいな感じで連絡はしてたんですけど
今はナオミン一家が
引っ越しを控えてて
それによってはタイミングによっては
ちょっとバタバタで会えないかもみたいな感じで
言ってたんですけど
だから家もゴタゴタしてるから
宿泊させてあげることは難しいっていうのは
そもそも決まっていて
でも僕は一瞬だけでも会えたら
嬉しいって考えるタイプなんで
そういうんでも全然いいんだけどみたいに言ったら
24日のお昼にどっかでご飯食べよって
言ってくれてたので
それに間に合えばいいっていう感じなんですよね
だから北九州市から
糸島市の間のどこかで車中泊できれば
それでいいっていう感じだったんで
ルート的に調べてたけど
なるべく糸島に近づいてた方が
嬉しいなって思ってたけど
48:00
あんまり道の駅とかがないんですよね
こりゃどうしたもんかなって思って
道の駅室方っていうところが
だいぶ手前なんですけど
そこだったら一応ルートに近い感じだな
さっき冒頭で今日話し始めた冒頭で
道の駅室方を出て
松間さん宅に向かってますっていう
そういう流れになるんですね
道の駅室方に着いたのが
夕方4時ぐらいだったかな
3時台か4時台か
4時台だった気がするな
そこでしばらくのんびりして
5時半ぐらいかな
一旦ちょっと眠いから
横になってみちゃおうかな
なんて気分になってですね
前日紫さんと夜中まで飲んでたりしたから
ちょっと眠ってみようかなって
一旦寝て小1時間かな
小1時間眠った気がします
おしっこしたくて目が覚めて
おしっこしてっていう感じで過ごしてて
何時ぐらいかな
今回ね3月26日のオフ会向けの
ディスコードがあるんで
そこでねどんな流れでだっけな
うーん
あれ?どこにだっけな
どこで書いたか
ほんとこれ覚えてないな
うーん
あれ?
ディスコードに書いた
ゾウさんが聞いてくれたのかな
あーそっかゾウさん
クソラジオのゾウさん
ゲストに出てくれたこともある
クソラジオのゾウさんが
僕のツイッターを見てか
ディスコードを見てか忘れましたけど
22日に名古屋にいたので
朱さんと紫さんは
昨日名古屋にいたんだ
私も名古屋にいましたみたいなことを言ってて
マレブルさんは
私は明日名古屋にいますみたいなことを言ってて
あーなんかすごいニヤミスみたいに
僕がリアクション返したみたいな
そんなのがあって
で今は道の駅村方に泊めて
車中泊しようと思ってますみたいなのを
そのディスコードに書いたのかな
ちょっと画面見てないからはっきりしてないけど
なんとなくそんな流れですね
でそれをそんな風に書いていって
そしたら
それを見てだと思うんですけど
しょうまさんの奥様のセラビさんから
DM
ディスコードのDMが来まして
福岡市内にいらっしゃるときは
次以降はいつでも
うちに宿泊してくださいねって
おっしゃってくださったんですよね
でそうかと思って
僕全然ね
ちょっとその辺がね
位置関係の把握が弱いというか
というか全く意識してなかったんですよね
しょうまさんセラビさんのお宅には
51:01
27日に宿泊させていただく予定になってたんで
その手前でどうこうというのは
全く考えてなかったんですけど
確かに道の駅もなかったよりも
糸島に近い地の方に
しょうまさんセラビさんのお宅があるので
そこに宿泊させていただけるんであれば
そっちの方が都合がいいし
車中泊よりは
寝心地のいいところで寝かせていただける
みたいなのがあるんで
わーその手があったかと思って
そのDMに僕がお返事で
今から行ってもよければ行きます
っていう風に図々しいんですけど
書いちゃったんですよね
そしたら
うちは構いませんよってお返事があったので
それで今
急遽向かってるっていう感じなんですよ
はい
そんな感じでね面白いことが起こるなー
っていう感じで
今からしょうまさんセラビさんのお宅に
宿泊させていただく予定です
ただ面白いのがですね
出発してしまった後に
なんとかDMが来てるなっていうのが
スマホの方で
分かったんですけど
セラビさんからも来てたし
ゾウさんとイザさんからも
なんか
ディスコードの通知が来てたんですよね
でなんだと思って
途中で止めてそれを見てみたら
セラビさんはただ
お気を付けてみたいな感じだったんですけど
ゾウさんは今から
そちらに遊びに行っていいですか
みたいな感じで
そこでなんかおしゃべりできるような場所ありますか
みたいな道の駅胸肩に来てくださって
そこでおしゃべりしようっていう風に
考えてくださったみたいだったんですよね
でゾウさんに
あーごめんなさいそれは
さっきDMって言ったかな
DMでお返事で
あーごめんなさいちょっと急遽セラビさんから
お誘いいただいちゃって
しょうまさんの宅に向かってるんですよ
本当ごめんなさいっていうお返事をしました
でイザさんは
それじゃなくてそのDiscord
3月26日のオフ会向けの
Discordの中で僕への
リプライで
今いますよって書いてました
要するにイザさんも
車で福岡方面に来て
っていう風にして
その3月26日には
いいかねパレットに来る
っていう感じだったんですけど
ちょうど今日道の駅胸肩に
いますっていう
多分そういう意味だと思うんですよね
いやちょっと到着早すぎるかな
これはちょっと
間違ってたらごめんなさい
今んとこイザさんも車で
こっちに向かわれてたので
もうすでに今日着いてしまわれて
で道の駅胸肩で今日車中泊するために
そこにいた
っていうことを書かれてた
ように今んとこ
僕は把握させて
もらってます
だからねすごい面白いこと
間違ってる可能性あるけど
いや面白いこと来るなー
と思ってタッチの差で
テラビさんから
お誘いいただいてなかったら
僕は多分まだ道の駅胸肩にいて
54:00
ゾウさんにも
あー来てくれるんですね
ぜひぜひみたいになってただろうし
イザさんがいますよって言ったら
えーどこにいるんですかって
イザさんとも合流してた気がするんですけど
もういかんせん僕こうやって
庄間さん家に向かっちゃってるんで
さっきの
本当にいるのか審議のほども
まだ分かんない後で分かるかなって
思ってるんですけど
ちょっとそんな流れがね
残念な気がしないでもないですけど
ただまあどっちにしろ
26日にゾウさんも
イザさんも会えるはずなので
まあそこでね
いやーあの時はニアミスしましたね
本当にとことんニアミスでしたねみたいな話をね
しようかなーなんて
今のところ思っています
はい
えっと車の中での収録にしてはめちゃくちゃ長く
なっちゃいましたけど
これがいつ流れのことになるのか
なんか今回は車の中で
ある程度大体のことを
喋れてる気がするんでちょっと性格じゃない
表現にはなってますけど
後で補足するかどうかは別として
帰ってからゆっくり
話す内容をすでに
記憶がなくならないうちに
車の中で話せているような
気がするのでまあこういう形も
まあ結構ありかなっていう風に
今のところ思ってます
っていうんでね
あと15分ぐらいで
しょうまさんのお宅に
着くんじゃないかなーみたいな感じで
思っています
はいそれ以降のことに関しては
また後日
しょうまさん家で何かしら
収録するかもしれないし
でもそれは道のりのリアル収録を
しましょうという道のりは
しょうまさんと一緒にやってる別番組の
シューとショーの道のりへの道のり
ですけど
それのリアル収録しましょうみたいな
話もしてるんで
それになるかもしれないので
周報の続きとしては
またしょうまさん家から
いとしまに向かう道中になるのか
それがちょっと時間短くて
いとしまで
ナオミンと会った後になるのかちょっと
わかんないですけどとりあえず
今日のところはそんな感じの
面白い流れがありました
っていうお話で終えたい
と思います
今ねガソリンの
メーター見たらね結構減ってるな
と思ってどっかで
入れたほうがいいなとか思ってるけど
あと15分だからいいかな
入れてから
しょうまさん家に向かうか
明日朝ナオミン家に向かう前に
入れるか
これはどうでもいい話だったんですけど
とりあえずそんな感じで
今日は終わっておきたいと思います
お聞きいただいて
ありがとうございました
はい
ということで3月23日
車の中で撮った音源を
57:01
聞きいただきました
かなり長めでしたね
でもそれだけのたくさんの
出来事があったなっていう風に
思います
一生懸命細かく僕
喋ろうとしてますね
車の中だから正確に喋れない
っていうところをすごく気にしてるけど
僕が聞いてもそんなに
気にすることでもないかなみたいに
思ったりしますね
この辺のバランス感覚が
僕弱いなと思ってるんで
こうやってポッドキャストを
続けていく中で
そのバランス感覚が身についていったらいいな
なんて思ったりしてます
でも今回はとにかく
村崎さんにめちゃくちゃ感謝でしたね
いやー
本当に
なんて言いますか
村崎さん自身は全然
なんていうかね
ひろろさんから愛の人みたいに言われてて
僕もその通りだって思ってるんですけど
ご本人は
全然ピンとこないみたいなんですよね
なんか全部自分のためにやってることだ
みたいにおっしゃるんですけど
まあでも
それはそうだと思うんですよ
僕も全部自分のために生きていて
そのためにでも
世の中全体でのバランス取ろうとしてる
みたいなところがあるから
村崎さんは
その自覚が僕より弱いだけで
いやー
同じように突き抜けて
自分のことに一生懸命になっているがゆえに
それにまつわる周りの人
少なくとも
村崎さんが触れる周りの人ごと
全部幸せにしてやるぜ
的な
そんな人っていう風に
複雑な表現かもしれないですけど
そんな風に思いますね
そんでその後の
道の駅村方からの流れがまた面白くて
まだその
さっき流した音源の中では
分かっていないような流れが
今後も起こっていきますし
そういうのはもう
各種SNSでは投稿して流れ把握していらっしゃる方も
いらっしゃるかもしれないですけど
また次回の配信で
その後の流れを車の中で
流させていただく予定で
おりますので
知ってらっしゃる方もそうでない方も
次回を楽しみにしていただけたらな
という風に思っております
はいなんかしゃべってるときは
細かい足りてない部分は
細くしていこうかなっていう風に
思ってましたけど
もうあんまりそんなに大事じゃないような気がしてきたので
もうあんまり細かい部分は
細くしません
なんとなく
雰囲気を感じていただくことが
大事な感じがしてます
っていうので僕自身が
振り返りながら一番楽しませてもらってる
っていう感じですけど
少しでもそれの裾分けができていたら
嬉しいなって思います
はい
毎回のお願いみたいな感じになりますけど
いろんな窓口
開けてます
今後の旅のための窓口みたいなのも
まだ開いてますし
高谷さんに僕の暮らしを撮影していただくための
窓口も
1:00:01
開いてます
週報公式サイトの
週にインプットするのページを探していただければ
いろんなインプットの方法が
ありますので
そちらをお気にしていただけると嬉しいです
ただですね
そんな週が生き延びていくために
今僕の
このぶっ飛んだ生き方
全然この資本主義社会の中では
成り立たないんですよね
成り立たないことが分かっている
分かっているけどでもこの生き方しかできない
アウトプットが先の流れに
少しでも
切り替わるためのきっかけの一つとして
僕はただひたすら生きて
っていう風にしたい
僕の人生はそうしたいっていうだけで
動いてますんで
僕が生きてる間に実現できないことは
分かってるんですけど
そんな僕が生き延びていくっていう期間を
なるべく長くするためには
ほぼ唯一の
解決策
みたいなやつに
近いのが
サブスクのインプッターっていう形に
なるんですね
初歩インプッターっていうのを始めた当初から
最初からメインの
インプットっていうのは実はサブスクの
インプットなので
もちろんどんな形のインプットでも
僕は大喜びするんですけど
一番嬉しいのはサブスクのインプットになりますので
今すでにしてくださっている方は
聞き流していただいて構わないんですけど
そうでない方今すぐでなくても
構わないですし
心の片隅に止めていただけると
嬉しいなっていう風に
本当に思います
ぜひよろしくお願いします
はいそんな感じで
今日も最後の読み上げの方に入っていきたいと思いますけど
初歩インプッターさんの方は
いらっしゃらなかったですけど
旅の話をしている間は
最後のエンドクレジット
でも
インプッターさんの方の名前を読み上げていきたいと思います
大きな声で読み上げさせていただくのは
いつもは
3種類の方を大きな声で
読み上げさせていただいているんですけど
今日は初歩インプッターさんの
ご紹介がなかったので
2種類の方々っていう感じになりますね
それは
この旅の間にお会いした
全ての方々と
その旅のための窓口
旬がリアルオフ会に参加するための
インプット窓口に入れてくださった
全ての方々を
大きな声で読み上げさせていただきますので
その旨
ご了承ください
よろしくお願いします
ということで
シュウの話す
ラジオ略して
シュウ法は
HSPっていう
先天的なビビリとして生まれた僕
シュウが
ビビリだからこそ
問題の根本原因に意識が
向いて
最終的には個人単位じゃなく
世の中全体の問題点に
ビビリが反応しちゃうこと
それを発信することに
僕の生きる役割が
あるんじゃないかって思って
そんな僕の意識を日々
1:03:01
発信する番組です
僕からは
今の世の中が
焚き壺に向かう船みたいな
環境問題をはじめとした
社会課題が
加速度的に大きくなってる
っていう風に
考えてるんですね
だから
僕がビビリすぎるせいでできた
メタ認知っていうか
そこから来る意識と
問いを投げる
みたいな感じが
このポッドキャストの
位置だと思ってます
僕はそんな焚き壺に向かう船
みたいな状況は
間違いなく人間が作り出している
ことだと思ってて
人口自体
増えることもあるし
人間の欲望も
大きくなりすぎてるっていう風に
感じてます
で、その原因として
人間の欲望を増幅させて
しまうような特徴を
だんだん強めてきてしまっている
お金っていうものが
一つあると思っていて
そんなお金みたいな
何かが入ってこないと
インプットされないと
自分からもアウトプットを
出さないよ
みたいな交換条件的な
インプットが先
な構図も感じてます
だとしたら
アウトプットが先
な構図に逆転させることで
焚き壺に向かうスピードが
緩和されるんじゃないかな
って思ってます
で、そんな
アウトプットが先
っていうイメージなんですけど
生きていくために
最低限のことで満足する
みたいなのも大事だと思っていて
だから
僕はこの手放すを
テーマにしてるんですけど
僕は幸せっていうものは
相対的なものでしかない