1. Log1103 ログ.イチイチゼロサン
  2. #2138 生成AIに課金してみま..
2024-05-29 07:50

#2138 生成AIに課金してみました。

いろいろと生成AIが話題になっていますね。
僕もChatGPToへの課金をしてみましたよ。
WWDC2024では「Siri Pro」が出て来ると予測しますw
00:01
おはようございます。1103ヒトさんです。AIなんかいろんなものが出てきてますけれども、僕は微妙な絶妙なタイミングで課金をしてみました。
ということで今日も話させていただいております。1103と書きましてヒトさんと言います。よろしくお願いします。
いろんなね、AIが出てきてますよね。文字を入力して答えを得ることができるもの。
あとはアドビのようにね、文字を入力することによりいろんなイラスト的なものを書いてくれるようなもの。いろんなものがありますが、今まあまあニュースとなって出てきているのがオープンAIのチャットGPTOというやつがありますけれども、あれ、なんかこの間大幅アップデートされてチャットGPTOになったらしいんですけれども、
僕そのニュース知らずにね、そのニュースを知らずして、そのニュースがあった翌日、翌朝というんですかね、課金をして使ってました。
というのは、あのツイートをね、いろいろこう見てると、そのチャットGPTOをいろいろこうお試しで、音声でね、普通の人と会話をしているかのような方法でですね、いろんなデモンストレーション、一般の方がされている動画が流れてきてたので、こんななんか面白そうなものがあるのかというのがですね、いろいろ見てると無料でもできるけれどもどうのこうのとかね、いろいろ書いてあったんですよ。
で、いろんなことを試しながら、どうやったらこの会話のモードになるのかなと思いながら試しながらやってたんですけれども、どうやらその間に無料で使える制限が終わってしまっていたみたいで、この制限数というのは一般公開されてないらしいんですけれども、大体10回ぐらいなんかいろいろやり取りをすると終わるというふうに言われていると言っている人もいるみたいですね。
結局、今後ちょっとまた本当に使っていこうかもしれないからとりあえず1回課金をしてみようかなと、1ヶ月3000円というね、あまり安くないような、まあこれ使い方次第ではそんなもんただみたいなもんやでって思われるかもしれないんですけれども、まだこれからどうやって使うのかわからない時点では3000円まあまあ大きいなぁとね、思いながら1ヶ月単位でいけるらしいのでとりあえず課金をしてみました。
で、アプリを立ち上げてなんかいろんなことをするんですけれども、どこでその会話モードになるのかその後ですね、すぐにわからずにいろいろ見ているとマイクのマークではなくてヘッドホンのマークがあってアイコンがあってそれをタップしてやると音声モードに切り替わることができました。
03:02
無事ね、会話することができてよかったんですけれども、まあそのチャットGPTO、こちらがなんか本当に日本語でね、今こうやって話しているかのようにベターな喋り方をすると、それに応じて的確な答えがね、返ってくるというふうなことなんですけれども、なんかやっててね、面白いな、楽しいな、本当に賢い知事がここに入っているような感じだなというふうな印象を受けました。
アップルが来月の11日頃にWWDCの2024を開催する予定なんですけども、発表もしてますけれども、多分そこではアップルのそのAIのどの効能とかっていうのが出てくるんだろうなと、まあおそらくアップルのオリジナルの自前で開発したエンジンではなくて、このオープンAIとかね、まあどこなとそのGoogleなのかどこなのかわかんないですけれども、どっかと
ひっつきながらやるんだろうなというふうに思うんですけれども、多分、多分ですけれども、そんな感じでね、発表されるんではないかなと思っています。なんとなく僕今、思うにSiriという名前はそのまま使いながら、こないだもねApple Pencil Proとか出てきましたけれども、もしかしてSiri Proとか言うね、そんな名前の
AIになって出てくるんちゃうかなと勝手に予測をしてみます。で、まあまあ話に戻りますが、そのオープンAIさんのこのチャットGPTなんですけれども、なぜ僕がそこまで課金をしようかと思ったのかと言いますと、その会話モードっていうのはもちろんやりたかったんですけれども、あのツイートではね、ちょっとツイートしてたんですが、あのね、
ホームページを作っていく上に置いてですね、あるJavaScriptを組んでました。で、そのJavaScriptのソースをチャットGPTに投げ入れて、ここの動作がどうもうまくいかないんだけれども、修正版を作ってくれませんか的なことを書きましたらですね、ソースをザーッと書いてくれるんですよね。
それを僕の作っているホームページにコピペをして実行させてみると、あの
確かにね、ここの部分ダメやったっていうところは解消されたんですよ。されたんですけれども、また違うところの不具合がね、勝手にこうまた起こってしまっているっていうのがあって、
惜しいなぁなんて思いながら2度3度それをやってたんですが、結局ね、その言ったところは治るんですけれども、その後がちょっとやっぱおかしいみたいなプログラムになってたんですね。
やっぱりまぁあかんのかなぁなんて思ったんですけれども、その後に僕が作っているこの半分作っているソースが良くないのかもしれないなと思ってですね、そこに今までの流れ動作を
06:07
してくれるプログラム、1から新しく組んでくれませんかと丸投げをしてみましたら作ってくれました。かつ作ってくれたそのプログラム完璧に動いたんですよ。
なのでこれはちょっとすごいなというふうなことで、ちょっとね今後も使えるかもしれへんなぁということで、そういったこともあって課金をしましたけれども、
これ本当にね今後そういうプログラミングをしている世界であったりとか、あとは文章のね、いろんなことをする業種であったりとか、アドビにおいてはいろんなイラストを作ってくれるそういった業種であったりとか、
まあ僕がやっているこのね、仕事関係とかも本当に非常に便利にはなっていくんだろうけれども、ほんまによく言われることですけれども、職を丸々奪われていくんじゃないかなという風な恐怖にも駆られてしまいました。
まあね、今から少しずつそのAIというものに慣れ親しんでいくっていう部分でやっていけば、また他の道がね、見えてくるかもしれないので、とりあえず1ヶ月の申し込みをしましたけれども、引き続きもうちょっと使ってみようかなと思ったりしています。
AI、怖いような何か驚きもあったりいろんな気持ちでいっぱいになりますが、まあまあ仲良くね付き合っていこうかなと思っています。
07:50

Comments

Scroll