1. LISTEN NEWS
  2. 2/1 エピソードが有料販売でき..
2024-02-01 24:00

2/1 エピソードが有料販売できるようになりました!・RSSの文字起こしテキストの提供を再開しました・新スタッフの登場です!

エピソードが有料販売できるようになりました!

LISTENに、より価値のあるコンテンツを増やしていくため、エピソードの有料販売が可能になりました(※現在はプレミアムユーザー限定機能です。)

有料のエピソードを再生しようとすると、カード番号入力画面が表示されます。
情報を入力して「エピソードを購入」していただくと、エピソードが聴ける仕組みになっています。

設定方法

  1. ダッシュボードの「収益受け取りを有効にする」ボタンから、収益受け取り設定を行います(設定はStripe上の画面で行われます)。
    お名前や電話番号、銀行口座などを入力していただくと、収益の受け取りが可能になります。

  2. エピソードの編集画面にある「エピソードの公開範囲・有料設定」欄から、「有料」を選択すると、価格(50〜999,999円)や受け取りユーザーを設定できます。

有料エピソードの作成可能数は、現在、プレミアムプランの限定公開エピソード作成可能数に準じます。必要に応じて、プランの変更をご検討ください。

また、エピソードの売り上げからLISTENの手数料20%を引いた額が収益となり、指定した銀行口座などに入ります。入金状況などは、ダッシュボードからご確認いただけます。

RSSフィードの文字起こしテキストの提供を再開しました!

Apple Podcastが書き起こしに対応する」という発表を受け、一時的に停止していた、RSSへの文字起こしテキストタグの提供を再開しました。

LISTENからApple Podcastへポッドキャストを配信されている方は、Apple Podcast Connectの管理画面の「文字起こし」欄から設定すると、LISTENから配信したテキストが表示されるようになります。(※現在はApple Poscastの文字起こしに日本語が対応していないため、表示されません。)

LISTEN新スタッフ、鳥原さんの登場です!🕊️

LISTENチームに、鳥原翼さんという、新たな仲間が加わります。

新しいLISTENチームも、どうぞよろしくお願いいたします!

Summary

LISTENのポッドキャストは、エピソードの有料販売が可能になりました。また、RSSの文字起こしテキストの提供も再開され、新たなスタッフとして鳥原くんが加入しました。

エピソード有料販売機能追加
近藤淳也
LISTEN NEWS
山本 結衣
こんにちは、山本です。今回のLISTEN NEWSでお届けする新機能お知らせは3つです。
まずは1つ目、エピソードが有料販売できるようになりました。
プレミアムプランをご利用の方は、ダッシュボードで収益受取設定を行っていただくと、エピソードの編集画面から価格を設定し、有料で販売することができます。
また、有料エピソードを再生しようとすると、カード番号を入力する画面が表示され、購入するとエピソードを聞くことができるようになります。
この有料エピソードの作成可能数は、プレミアムプランの限定公開エピソード数の上限に準じます。
LISTENの手数料20%を引いた額が売上になり、入金状況などは、ダッシュボードからご確認いただけます。
次に2つ目、RSSフィードの文字起こしテキストの提供を再開しました。
Apple Podcastが書き起こしに対応するという発表を受け、文字起こしテキストタグの提供を再開しました。
LISTENからApple PodcastへPodcastを配信されている方は、Apple Podcast Connectで設定を行うと、LISTENから配信したテキストが表示されます。
最後に3つ目、LISTENに新スタッフ登場です。
LISTENチームに鳥原翼さんという新たな仲間が加わります。
新しいLISTENチームもよろしくお願いします。
では、ここからはこれらの新機能お知らせについて、近藤さんと鳥原さんと一緒にお話ししていきます。よろしくお願いします。
鳥原翼
よろしくお願いします。
近藤淳也
こんにちは。
山本 結衣
こんにちは。
近藤淳也
鳥原さん、登場です。
わーい。
ようこそ。
鳥原翼
ありがとうございます。
近藤淳也
新メンバーが加わりまして。
いきなりね。
どうしよう、ちょっと自己紹介しましょうか。
鳥原翼
自己紹介します。
初めまして、鳥原翼と言います。
年齢は19歳で専門学校に通っています。
趣味は本を読むのが好きで、LISTENの中でも青犬本棚という名前で活動しているので、よければよろしくお願いします。
わーい。
いらっしゃい。
近藤淳也
お願いします。
はい、ということで、どうですか、山本さん。
山本 結衣
はい。
近藤淳也
新メンバーですよ。
ね。
鳥原翼
先輩です。
山本 結衣
はい、先輩になっちゃった。
10代だっていう感じがありますね。
近藤淳也
そうなんですよね、山本さんがすごい若いって思ってたんですけど、まさかのね、結構先輩な感じになりましたね。
山本 結衣
そうですよね、なんかね。
近藤淳也
ちょっともう衝撃なんですけどね。
山本 結衣
まあ嬉しいですね、仲間が増えることは。
近藤淳也
そうですね、仲間が増えるのは嬉しい。
ぜひよろしくお願いします。
山本 結衣
頑張ります。
近藤淳也
よろしくお願いします。
じゃあ今日の新機能ですけども、まず有料販売がついに開始しましたよ。
山本 結衣
わーい。
近藤淳也
はい、前からプレミアムプランはあったので、ユーザーさんから払っていただくっていう方向の有料機能はありましたけど、今回いよいよポッドキャスターさんが自分のポッドキャストを販売できるという機能がつきまして、はい、できました。
山本 結衣
え、どんな感じですか?
近藤淳也
どんな感じか。
RSSフィードの文字起こしテキスト提供再開
山本 結衣
テストやってたじゃないですか、近藤さん。
はい。
近藤淳也
売れ行きはテストだからあれかな。
テスト用に自分の声日記に有料エピソードっていうのを作ってみたんですよ。
はい。
鳥原翼
50円で。
近藤淳也
6人売れました。
山本 結衣
おー。
すごい、300円。
そうなんですよ。
近藤淳也
いや、それが本当にテストっぽい数十秒の音声だったんで申し訳なくて、そんなに買われると思ってなくて、ちゃんと動いてるから試すために自分で買ったんですよ、1個で。
そうしたら残り5人も買っていただいて。
山本 結衣
はい。
鳥原翼
いやー、実は自分も買う構えました。
近藤淳也
本当ですか?
鳥原翼
50円やったら買ってみようかなって。
被験者になろうかなって。
山本 結衣
被験者。
近藤淳也
いやー、ちゃんと用意しときゃよかったと思って、中に。
山本 結衣
あー、中身をね。
はい。
近藤淳也
ちょっと反省してます。
山本 結衣
あ、でもなんか隠されてるとね、聞きたくなっちゃってね。
そうなんですよね。
近藤淳也
はい。
鳥原翼
なんか、もしって聞けるんかなと思ったら、有料ですみたいなの出てきて。
はい。
あー、買おうかな。
近藤淳也
おー、迷った。
山本 結衣
迷いました。
鳥原翼
あ、そうですか。
近藤淳也
いやー、申し訳なかった。
はい、あの、ということですけど、
はい。
まあ、動いておりました。
うんうん。
で、まあどういう一応仕組みになっているかと言いますと、
はい。
ダッシュボードにね、
うん。
プレミアムユーザー限定ですけれども、
はい。
収益受取を可能にするっていうボタンが出るようになってますので、
はい。
それを押していただくと、
うん。
自分の銀行コーダーとか、
山本 結衣
うんうん。
近藤淳也
連絡先、
はい。
住所とか、電話番号とかメールとか、
まあ一通りちょっと、あの、何ですかね、情報を入れていただく欄が出てきて、
うん。
まあこれはストライプっていう決済サービスを使っているので、
うん。
リッスン側では特にそれを収集してないんですけど、
ストライプ側の方で、まあ収益を受け取っていただくのに必要な情報っていうのを一通り入れていただくのが順番に出てきますので、
うん。
で、自分の、あの、証明書というか運転免許書とか、
山本 結衣
ああ。
近藤淳也
そういうのも多分アップロードが必要です。
はい。
なるほど。
新スタッフ鳥原翼の登場
近藤淳也
はい。で、そういうのを入れていただくと、登録が完了しまして、収益受取が可能な状態になります。
鳥原翼
なります。
近藤淳也
はい。
うん。
あと、そのエピソードの作成時に、公開範囲、有料の設定っていう欄がありますので、
うんうん。
そこから今までは公開とかフォロワー限定とかあったんですけど、
うん。
そこに有料販売っていうのが、
はい。
出てきます。
うんうん。
で、値段を入れられるんですけど、
はい。
値段は50円から100万円まで。
うーん。
山本 結衣
100万円。
鳥原翼
夢がありますね。
夢がありますね。
山本 結衣
自由に。
鳥原翼
夢があります。
近藤淳也
自由に設定できます。
はい。
山本 結衣
ちょっと設定しといてみるっていうのはありかもしれないですよね。
近藤淳也
いくらで?
100万円で。
鳥原翼
100万円で。
1人が買ってくれたらもうそれでいいみたいな。
近藤淳也
部屋持ちさんがやってみたらどうですか?
山本 結衣
いやいやいやいやいや。
誰が買うんですか?
近藤淳也
間違って買ってしまったらやばいですよ。
山本 結衣
やばいですよね。
近藤淳也
100万円、何が入ってるんやろうってなる。
山本 結衣
何入れたら100万円つけていいかわかんないですよね。
近藤淳也
ですよね。
うん。
そこはね、みなさんが決めることなんで。
私らとしてはまあ、50万円から100万円まで。
まあ、99万円。
鳥原翼
50万円?
近藤淳也
50円。
50円からです。
山本 結衣
50円から100万円。
近藤淳也
で、設定可能と。
はい。
で、リッスンの手数料が20%なんで、
山本 結衣
それの8掛けの額が自分の口座に入っていくっていう仕組みになってます。
どうなんでしょうね。
でも、エピソードごとだから今までは月額でサブスクとかって今後できるかもしれないけど、
よりはちょっと今回のやつだけ特別でやりやすいかもしれないですね。
近藤淳也
そうですね。
鳥原翼
口座だけ特別みたいな感じですね。
近藤淳也
ですね。
まだね、プレミアムユーザーさん限定なんで、正直その使える方少ないじゃないですか。
山本 結衣
まあ、そうですね。
近藤淳也
なのでまあ、ちょっと今はお試しというか、
そんな対象者多くないと思いますけど、
フィードバックいただきながら、
もしかしたらこれはその限定エピソードもフリーの方も一応できるんで、
その範囲に広げてもいいかなとは思ってますね。
山本 結衣
なるほど、なるほど。
じゃあちょっとご意見いただきながら改善しつつ、範囲も広げるかも。
近藤淳也
はい、そうですね。
あとちょっと最初のですね、その収益受け取りの設定のところで、
まだうまく完了できてないユーザーさんが7、8人ぐらいいらっしゃいまして、
ちょっとこちら今ストライプとやり取りをしてるんですけど、
一応一通り必要な情報を入れたのに、
有料の販売が可能な状態にならないっていう方が何人かいらっしゃいまして、
こちらで確認しているのは審査中って出てるんですよね。
ちょっと何の審査なのかがよく分かってなくて、ちょっとご迷惑おかけしてます。
ちょっと今ストライプからの回答待ちなんですけど、
やったつもりがうまくできてないよって方は、ちょっともう少し待っていただければと思います。
もう一回やり直していただくのがいいのか、ストライプが何かしてくれるのか、
ちょっとよく分かってないっていう感じで。
ちょっとその辺がまだあるので、まだ安定してなくって、
そこを解決して、またその後広げていくかどうか検討していきたいなと思ってます。
山本 結衣
というのが一つ目で、そして文字起こしテキストですね。
近藤淳也
一回止めたのに。
山本 結衣
前回ね、止めた瞬間に。
近藤淳也
止めます、一回負荷対策で止めますって言った次の日にアップルポッドキャストから発表があったと。
山本 結衣
タイミングって感じですね。
近藤淳也
このアップルの発表っていうのは、アップルポッドキャストのアプリ内で、
アップル側であらゆるポッドキャストがこれから文字起こしをされていき、
ポッドキャストのアプリの中で読みながら聞けるということにこれからなっていくっていう発表でした。
ただしですね、この対応する言語がまだ英語とか4つぐらいしかないので最初。
しばらく日本語は聞きませんということで、
そもそもしばらく先の話の上に日本語はそこには入っていないので、
本当に日本で使えるのがいつかはちょっとまだわからない状況ですね。
ポッドキャストエピソードの有料販売開始
近藤淳也
なんですけども、ポッドキャストに登録されているポッドキャスターさんには連絡が全員来ていて、
文字起こしの設定がこちらから可能ですっていう案内がアップルポッドキャストに登録していると今全員に配られていて、
そこからアップルポッドキャストコネクトの方に行くと文字起こしの設定が変更できるようになっていますと。
山本 結衣
ここに2種類ありまして、アップルの文字起こしを使うか自前のやつを使うかが選べます。
近藤淳也
その自前の方を選んだときは、RSSにポッドキャストの文字起こしはここですよという情報が入っていれば、
そちらが優先的に使われるっていう設定なんですが、
おそらくですが、当社調べでは今そのポッドキャストの文字起こしタグを配信できるプラットフォームっていうのは日本では他にないと思いますので、
実際この機能を自分で文字起こし用意すれば別ですけど、ある程度自動的に使えるのが今リスナーだけじゃないかなというふうに思いますね。
とはいえまだ見えないので、設定したところでいつ見えるかは謎なんですが、
一旦来るべき新しい時代に向けて設定しておいてもらうと、かなり早くに日本語版でも文字起こしが読める可能性があると。
これ蓋を開けてみたら、アップルの方がすごく精度が高くて、わざわざリスナーから配信する必要なんかないっていう可能性もなくはないんですけど、
ただ日本語ってやっぱ難しいのは漢字の文字起こしとかが固有名詞なんかはね、どれだけAIの精度を上げていっても結局のところわからないっていうところがあるので、
そういうのを対応するためにLISTENでは今自分だけの文字起こしの変換の文字起こしの辞書を作ったりとかっていう機能とか、
自分で編集できる機能なんかをつけて文字起こし自体をある程度人力でも直しながら読みやすくできるようなものっていうのをずっと作ってきてますので、
そういう意味では最後人手をかけなきゃいけないみたいな機能がつかない限りは、固有名詞とかなかなか難しいんじゃないかなって思ってまして、
そういう意味でLISTENのほうで細かくいろいろ直していったり、辞書を綺麗にしていってもらったりしておいて、どんどん文字起こし精度を上げていってもらうと、
結構日本でトップクラスの精度の文字起こしが初期から表示させられるって可能性がありますので、
ぜひLISTENの文字起こしを手入れしていってもらって、Apple Podcastでもきれいな日本語を読めるっていうのを準備していってもらうといいかもしれないですね。
山本 結衣
前回辞書ができたから、辞書に登録したらLISTEN上でエピソードごとじゃなくて、ポッドキャストごとに登録できるようになって、
編集する気になるみたいな話があったじゃないですか。
これAppleで使えるってなると、もっとじゃあ直しとくかってなるかなって気がしますね。
近藤淳也
ぜひ使ってください。
山本 結衣
でも現時点ではまだ表示されないよっていうことですよね。
近藤淳也
そうなんですよ。
新しいOSに乗るらしくて、その新しいOSも開発バージョンなんで、無理矢理入れたら入るんですけど、
それを入れた方が、ポトフさんかな、ちょっとやってみましたっていうことだったんですけど、
やっても見えなかったらしいです。
そうなんですね。
なのでまだ見える方法がないみたいですね。
鳥原翼
だいぶ先になるんですかね。
近藤淳也
かもです。
日本語対応がいつになるかはわからないですね。
山本 結衣
まだ準備段階ってことで。
なるほど。
RSSの文字起こしテキストの提供再開
近藤淳也
ちなみにですけど、文字起こしの辞書にね、使い方の細かい質問ディスコードでありまして、
たかみさんだったんですけど、sbcast.って付けたいらしいんですよ。
で、sbcastの.なしをsbcast.って遅刊したら、
sbcast.に最初から載っているやつが、sbcast.dotになるじゃないですか。
山本 結衣
なるほど。
近藤淳也
そういう時はどうしたらいいですかっていうご質問がありまして。
難しい。
で、そしたらですね、ポトフさんからなかなかいい知恵が出まして。
一旦sbcast.に変換した後で、その次にsbcast..をsbcast.に遅刊するのをしたらどうですかと。
二重でね。
なるほど。
っていう案があったんですけど、
山本 結衣
それ、順番がちゃんとその通りならいいけれども、本当にその順番になるんですかっていう質問がありまして。
近藤淳也
ちょっとそれでディスコードのやり取りがあったんですが、
今、辞書の編集画面で出ている順番の上から順番に実行されますんで。
山本 結衣
上から順番。
近藤淳也
はい。だからその上から順番に実行すれば、ちゃんと並んでいれば大丈夫です。
山本 結衣
なるほど。
近藤淳也
なので、ちょっと辞書だけだと難しいなみたいな場合も、うまくこう二段構成みたいな感じで、
まずこれをやって次にこれをやればみたいなものをうまく組んでもらうと、
割と結構もう少し幅広く対応できる場合もあると思います。
うん。
ちょっと小ネタです。
山本 結衣
はい。辞書の順番は登録が古い順に上から並びますか?
近藤淳也
えっとですね、見やすいように変換後のテキストでまず並び替えてるんですよ。
はい。
要するに変換後の、例えば山本さんが変換前のものが何種類かあるとしても、
山本さんに揃えるものは右側の文字で一旦揃えてまとめて表示してるんですけど、
その中は古い順だと思います。
山本 結衣
なるほどなるほど。
じゃあ変換される後のやつが一旦まとめられて、
その中がいくつかあるんだったら古い順に上から並ぶってことですね。
分かりました。
はい。
近藤淳也
あとですね、このLISTEN NEWS。
山本 結衣
はい。
近藤淳也
長いよって言われちゃいました。
山本 結衣
で、近藤さんがしょげちゃってたやつ。
近藤淳也
僕がしょげた?近藤さんがしょげた?
山本 結衣
いや、近藤さんが。
近藤淳也
僕がしょげたら、近藤さんがしょげちゃった。
山本 結衣
そうなんですよね。
近藤淳也
すいません。
山本 結衣
そんな友達じゃなかったです。
近藤淳也
気にさせてしまったということで、フォローいただきまして、
長くていいよとね。
なるほど。
言っていただきましたけど。
山本 結衣
長くたっていいんです。
近藤淳也
はい。そこまで気にしてませんので。
すいません。なんか気を使わせてしまってすいませんでした。
山本 結衣
でもね、自分たちでもね、30分ぐらいに収まってる方がコンパクトでいいなってなってきてますよね。
最近オフトークもなんかできちゃったから、雑談はそっちでしようかみたいな感じになって。
たまたま短くなったタイミングと、近藤さんからご指摘いただいたんですっていうのを言ったタイミングがかぶっちゃったから、
すごい気にしてる人みたいになってるけど、そうでもないよっていうことですね。
近藤淳也
そうですね。
山本 結衣
いろいろ気にさせてしまってすいませんでした。
リッスンニュース。
新スタッフ鳥原くんの加入
近藤淳也
そして3つ目ですけど、新スタッフ登場ということで、鳥原くんようこそです。
鳥原翼
はい、よろしくお願いします。
山本 結衣
ようこそ。
近藤淳也
まずね、早速葵の本棚。
そうです。
本紹介も始めてますけど。
鳥原翼
してます。
ぜひ聴いてみてください。宣伝してください。
近藤淳也
なんか急に、いつの間にか始めてましたよね。
鳥原翼
しれっと始めて。しれっとディスコードも入ってました。
山本 結衣
そう、気づいてなかったんです。
近藤淳也
ディスコードも入ってくださいって言ってね、入社の時にちょっと折り縁というか言ったら、去年ぐらいから?
鳥原翼
いや、そんな前じゃないです。もう2ヶ月ぐらい前かな。
近藤淳也
入ってましたって言って。
鳥原翼
入ってました。
山本 結衣
入ってますよって言われて、え?どれ?
鳥原翼
質問答えたりしてました。
近藤淳也
ね、発言もしてたっていう。
鳥原翼
発言しました。
近藤淳也
僕もやり取り実はしてたっていう。
山本 結衣
気づいてなかった。
近藤淳也
どうですか?迷わず使い始められました?リッスンは。
鳥原翼
そうですね。いや、最初は他の人に聞いて、どういう風に始めたらいいんだろうみたいな。
その始めた頃に使い方みたいなのが投稿されて、リッスンこんな風に始めたらいいよみたいな。ありましたよね。
山本 結衣
え、それはリッスン公式ですか?
あ、そうそうそうです。
え、どれだろう?
鳥原翼
なんか下の方にリッスンの始め方みたいな。
山本 結衣
あ、ガイドページができたぐらいのところかな。
あ、あれ元々あったんですけど、そうなんです。
たぶんそこで存在を知ってくださったんだと思う。
鳥原翼
あ、なるほど。そのガイドページを見て、あ、なるほど、こういう風にすればいいのかって。
山本 結衣
あ、え、わかりました?あのガイド。
結構わかりやすかったですよ。
鳥原翼
やったー!嬉しい。
近藤淳也
よかったね。
山本 結衣
そうですよね。
鳥原翼
こういうポッドキャスト、やったことなかったんで、ちょっと始め方がよくわからなかったんですけど、めっちゃ役立ちました。
あ、よかった。
近藤淳也
読めばだいたいスムーズにいきました?
鳥原翼
そうですね。読めばだいたいいけます。
近藤淳也
あ、じゃあよかったですね。
山本 結衣
なんと初めて役に立っているところ、ちょっとなんか嬉しい。
近藤淳也
実際は読まれてると思うんですけど、こうやって生の声を聞くとね、作ってよかったねってなりますね。
山本 結衣
うん、嬉しい。ありがとうございます。
近藤淳也
で、どうですか?配信してみて。
鳥原翼
配信してみて、いや、楽しいですね。
自分、もともとブログやってたんですけど、やっぱその文字で打つのと声で話すのとはちょっと違うなっていうのはあって、
声で話すと、ちょっと思ったこととかをパッて言えたりとかしたりして、本の魅力を実際にちゃんと思いも乗せて伝えれるなっていうのがあるので、やってて楽しいです。
近藤淳也
本の選び方はなんか意識してるんですか?
鳥原翼
いやー特に、ちらって本棚見てあれにしようみたいな。
山本 結衣
そうなんですか?
鳥原翼
そうです。さっき原稿書いてから喋るんですけど、あんまり守ってないです最近は。
なんか、原稿の合間合間にちょっと雑談入ったりとかして、それぐらいでちょうどいいのかなっていう。
原稿読んでたら固くなっちゃうんで、どうしても。
近藤淳也
じゃあ、元の原稿は一応あるけど、アドリブを優先していくみたいな。
エピソードの有料販売とRSSフィードの提供再開
鳥原翼
そうですね。そんな感じでやってます。
近藤淳也
へー。なんか反応とかあります?
鳥原翼
反応、いや結構なんか最初の1話目のやつ、ルローの月っていう本を紹介した時に結構いろんなコメントもらって、
あ、こんなコメントもらえるの嬉しいなっていうのはありました。
近藤淳也
そこはあれですよね。なんか、ただ普通のユーザーとして見つけてもらったってことですよね。
鳥原翼
あ、そうですね。
山本 結衣
そうですよね。
その時知らなかったもんね。
鳥原翼
知らなくて聞いたんですか?
山本 結衣
私は、私の声日記をフォローしてくださってるあおいさんは誰だろうって思ってたんですよ。
それ以外は正体がわかってたんですけど、
なるほど。
あおいさんだけわかんなくて、でもタイミング的に鳥原さんかなーってちょっとは思ってたんですよ。
鳥原翼
あー、なるほど。
山本 結衣
で、なんかたまたまパッて新着見た時に、
はい。
あおいさんだ!ってなって、再生して聞いたら鳥原さんの声だってなって、一致しました。
鳥原翼
正体不明のやつだったのね。
はい。
近藤淳也
なるほど。
鳥原翼
トンドさんは?
近藤淳也
僕もなんか途中で、なんか山本さんが始めてくれてありがとうってコメントしてるのを見て、
すでに聞いてたけど、え?って思って。
鳥原翼
あ、一回聞いてたんですか?
近藤淳也
うん、聞いてた。
山本 結衣
繋がってなかったんですね、じゃあ。声だけでは。
そうそう。
近藤淳也
なんか、森っしーさんが、
え、そんな何千冊も読んでるってどういうことすごいねみたいな、確か。
鳥原翼
あー、そうです。
近藤淳也
声日記で紹介してて、それから読んで、
で、聞いて、聞いてたんですよ。
でも繋がってなくて。
山本 結衣
そうやったんですね。
鳥原翼
なるほど。
近藤淳也
で、コメント欄見て、あー!ってなった。
山本 結衣
あー、私がね、ファーって喜んでるのを見てるの。
鳥原翼
あー、なるほど、なるほど。
なるほど。
近藤淳也
みんなのあーしれっと始めるから。
山本 結衣
そうそう、ぬるっとなんかね。
鳥原翼
はい、そんな感じです。
近藤淳也
そしてね、まさかのお母さん登場してるってことですけど。
そうなんです。
鳥原翼
こんなのあるでって言ったら、私もやる。
山本 結衣
かわいい、お母さんすごい素敵。
近藤淳也
なんと僕より年下のお母さんが。
鳥原翼
そうですね、はい。くじもぐらという名前でやってるんで、ぜひ聞いてみてください。
近藤淳也
えっと、ポッドキャストの名前が、
人生に心地よさをシンキングボールで聞くエッセイ&物語。
山本 結衣
そうです。
近藤淳也
名前がくじもぐらさん。
鳥原翼
そうです、くじもぐらっていうバンドをやってて、
お母さんとお父さんでやってるんですけど、
それの名前をポッドキャスト用に使おうかなっていう感じで、
そのアイコンもそのバンドのアイコンというか、
くじらともぐら。
あ、くじらともぐらでくじもぐらなんですか。
近藤淳也
どっちがどっちですか。
鳥原翼
どっちがどっちとかじゃなくて、
たぶん、なんか記憶曖昧なんですけど、
妹がいるんですけど、妹が国語の教科書のくじらぐもっていうのがあるんですけど、
それを読んだときに間違えてくじもぐらって言っちゃって、
山本 結衣
それ使おうかなっていう。
近藤淳也
かわいい。
間違えよね、むしろいいねってなるっていう。
なんていいお母さん。
鳥原翼
めちゃ素敵。
っていう感じでくじもぐらになったと思います。
近藤淳也
くじらの上にもぐらが乗って水中を泳ぐと、
もぐらが息ができなくて苦しい。
瞑想してますね。
鳥原翼
いやいや、だってこの状態でね、海の中入っていったら結構もぐらが厳しくないですか。
しんどいですね。
近藤淳也
厳しい感じじゃないですか。
かといって地上に出てたら今度はくじらが厳しい感じじゃないですか。
山本 結衣
ちょうど水面はいるのかもしれないですよ。
近藤淳也
なるほどね。
じゃあお父さんとお母さんがそれぞれくじさんともぐらさんってわけじゃないんですか。
鳥原翼
違います。全然違います。
近藤淳也
そちらも結構頻繁に更新されていて、もうすでに3つ上がっているし、
これ1日1個上がってるんですけど、このペースでいとくつもりですか。
鳥原翼
なんか自分が1週間に1回更新してるんですけど、
自分1週間に1回ぐらいって言ったら負けへんとか言いましたね。
山本 結衣
楽しい。
鳥原翼
すごいね。
負けず嫌いなんで、
めっちゃ楽しい。
そう、毎日更新するらしいです、今のところは。
で、その自分のポッドキャストが青井の本棚がなんかよく聞かれてるに入ってて、
で、それの1個後ろにそのくじもぐらが入ってたんですよ。
許されへんらしくて。
近藤淳也
息子の方がよく聞かれてるなんて。
鳥原翼
そうそう、それはダメっていうことで、なんか毎日更新して認知度を上げようって。
山本 結衣
すごい楽しい。
近藤淳也
すごいな。
鳥原翼
はい、らしいです。
近藤淳也
じゃあちょっとね、両方ね、皆さん聞いていただいたらね、
青井の本棚とくじもぐらさん、いいかと思うんですけど、
もしいっぱい本当に聞いてもらいたかったら、
SpotifyとかAppleポッドキャストとかにもね、
更新してもらうといいかもしれないですね。
鳥原翼
そうですね。
近藤淳也
ここで言っといてください。
言ってきます。
はい、ということで、親子でLISTENを大活用してもらっていながら、
これからLISTENのお仕事も手伝ってもらうということで、
ぜひよろしくお願いします。
山本 結衣
よろしくお願いします。
鳥原翼
お願いします。
近藤淳也
はい、ということで、こんな感じですけど、
あれですかね、鳥原くんにいろいろ深掘りで聞くのはオフトークの方ですかね。
鳥原翼
また別で、いろいろ聞かれましたんで。
近藤淳也
はい、じゃあ興味ある方はそちらも見てください。
鳥原翼
はい、ぜひ。
山本 結衣
はい、じゃあでは今回はエピソードの有料販売とRSSフィードに関するお知らせと、
新スタッフ鳥原さんのご紹介
山本 結衣
あとは新スタッフ鳥原さんのご紹介をしました。
詳しくはオフトークも聞いてみてくださいね。
では今日はこんな感じで大丈夫ですか。
鳥原翼
はい。
山本 結衣
はい、じゃあありがとうございました。
近藤淳也
ありがとうございました。
24:00

Episodes Mentioning This Episode

Comments

「くじもぐら」の由来聞けて嬉しい〜!! 鳥原さんいい声ですね!山本さんロスになる前に鳥原ボイスが登場してくれて安心です。 (山本さんが居なくなったら悲しいのは変わりませんが)

有料配信は無料プランの方は使えない、という認識であってますでしょうか。全員使えるといいなと思ったのでお聞きいたしました。

現在はプレミアムユーザーだけになっています。 おっしゃるとおり、よりたくさんの方が有料販売をできる方が、盛り上がる可能性はあると思いますので、限定公開エピソードの作成可能範囲で、フリーの方にも開放することを検討しています。

みみこ

ご意見いただきありがとうございます!!

みみこ
Scroll