音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand》②|四象限de V02|
音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand》②|四象限de V02| - LISTEN to me!
① 音声配信の4象限(ミニマム編集とマキシマム編集/ライブとオンデマンド)「ヒトは4象限で考える」シリーズの第1弾では、音声配信を4つの象限に分けることが紹介されています。このシリーズでは、ライブとオンデマンド、ミニマム編集とマキシマム編集という軸で音声配信が分類され、その中でもミニマム編集オンデマンド領域が新たな可能性を秘めていることが示されています。② 文字と音声/ライブとオンデマンドの4象限第2回の音声配信を4象限で考えるシリーズでは、無編集ライブ型の音声配信について話されています。この回では、文字のライブや声日記、そして音声ライブのアーカイブなど、4象限の領域が取り上げられ、新しい音声配信の形態について詳しく解説されています。文字と音声/ライブとオンデマンドの4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME③ 速報性と既報性/ライブとオンデマンドの4象限「音声配信を4象限で考える」のその③では、LIVEとOnDemandを主軸に分類しており、ミニマム編集とマキシマム編集、音声と文字の関係、速報性と既報性の関連について説明しています。四象限de 04-V|音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。このエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。
This is a paid episode ¥50

To listen to this episode, please purchase it.