1. 週末のポッドキャスター 〜オトダガ3〜
  2. 第31回【噺】フォローしている..
2024-01-06 28:09

第31回【噺】フォローしているM+T番組とヨソキニ23.01-12

zabo制作プレイリスト<ヨソキニ>・・・ヨソの【Music+Talk】番組で聞いて気に入った楽曲を勝手にプレイリスト化しております。23.01-12はコチラ▶︎▶︎ https://open.spotify.com/playlist/6KagVkVBPGL72xJwkhAG7p?si=9NkZ8pCsT3KMwmCLQ8lUEw&pi=a-krY3An8jRm-V #オトダガ/#まつぽ をつけて、Xに投稿して、ボクと絡んでくださいませ♪

Summary

M+T番組と「よそ気に」は、ミュージカルのトーク番組をフォローしています。この番組では、23.01-12に放送された音田ガスリーの番組「よそ気に」で紹介された「ニューリリースフレンドシップ」という番組が取り上げられます。M+T番組は、人気のミュージカルトーク番組で、深掘りされた特集会が特に注目されています。男性3人によるおしゃべりで、ブログやSNS、音楽プロデューサー、シティポップなどの話題も取り上げられ、楽しませてくれます。

00:00
オトダガ3
いつも持っているのが、宮司さんが、「すみません、今まで黙ってたんですけどー。」ってタイトルコールするんですけど、「すみません、今まで黙ってたんですけどー。」って止めるとどうだろう?
こっちの方が可愛くないかなーっていう風に思ってるんですよね。
僕の癖でしょうかね。性癖でしょうかね。
という風に感じております。
はい、ということで、珍しくですね、お便りなんぞ頂戴しまして。
お便りというか、Xのタイムラインでね、ご当所頂戴いたしましてね、こちらをご紹介しましょう。
radio39の管理人さんからね、頂戴してます。
zaboさん、お聴きいただきありがとうございますと。
オトダガⅢ第28回も聴かせていただきました。
冬が始まる夜のカバー。
みずみずしい感じが良いですねーって言ってくださってます。
radio39の管理人さん、どうもありがとうございます。
えーと、第28回。
だから、去年の12月の中旬ぐらいに収録したと思うんですけども。
えー、冬が始まるようね。
巻き替えのりゆきさんの名曲ではございますが。
歌手、このカバーソングを歌った歌手が、山根マリナさんという女性の歌手で、島根県松江市出身。
山根県松江市出身。
山根県松江市出身。
山根県松江市出身。
の、シンガーソングライターさんなんですよね。
うん。
僕がよく言って、た、だな。
過去形になっちゃうな。
最近、続いてないからね。
えーと、夜名越しにございます。
某、レンタルビデオショップに、えー、コンサートステージがありましてね。
ここでもライブとかされたり、てたりとかした時期もありましたね。
うん。
はい。
とても、あのー、すがすがしい。
歌い方をされる歌詞だ、と感じてます。
ぜひ、チェックいただけたらという風に思いまーす。
はい。
ということで、今回の週末のポッドキャスター、音駄が3はですね。
ミュージカルのトーク番組のプレイリストを作成
私、あのー、2022年から、
よその、ミュージックのトーク番組で、
聴いた楽曲で、気に入ったものを、月間サイズで、プレイリストにしてるんですよ。
よそ日記っていうタイトルで。
うん。
ほぼ、ほぼ公開してないんですけどね。
よそ日記の23の1月号とか、2月号とか、いう文句。
えー、だから、文字面にすると、カタカナというよそ日記。
で、半角スペースがあって、数字の23。
えー、ドットがあって、0、1、みたいな、そんなプレイリストの作り方してるんですけども。
基本的には、非公開にしてなかったのかなぁ。
最近それを忘れちゃって、そのルールを忘れちゃって。
最近のものは、公開してる。
かもしれませんが。
まあ、とりあえず、22年からそうやってて、うん。
今回は、2023。
ね、ちょうど開けたとこですのでね。
えー、それで、えー、1月号はこれが好きだった。
2月号はこれが一番好きだった。
みたいな感じで、全部で12曲。
3曲ずつサイズで、ミュージカルのトークとして、アップしようと思います。
だから、これからかけるのは3曲続けるんですけども。
1月、2月、3月に好き。
だったもの。
で、次のトークパートでは、があって、で、4月、5月、6月に好きだったもの。
みたいな感じで、公開していきたいかなという風に思っておりまーす。
では、3曲続けて聴いてください。
おとだら。
おーい、3曲続けて聴いていただきました。
YUKIさんで、ワイドライフ。
それから、はるの。
ちあきさとうで、ビーナスフライトラップ。
けい。
すがわらさんで、ライムライトという3曲でございました。
以前も言いましたけど、すがわらけいさんね。
すがわらけいさんも、スポティファイ限定で、ミュージック画のトークのチャンネルがあったんですけどね。
これが現在、現在というか、去年で終了したのかな。
はい、いうことですわ。
はい、いうことでね。
土曜日です。
長男、次男ともに、あともう数日で、冬休みが終わると。
ということもあって、あるいは妻も、今、今日はお休みで、家事でバタバタとしておりますと。
いうことで、現在、アパートの駐車場で収録しております。
今年の冬、山陰はさして、寒くもなくですね。
今日も、小春日和のような、そのような天気でもありますのでね。
車のエンジンかけて、暖房かけて、おしゃべりしてると、すごい風が入るでしょ。
あれは、聞きにくいですよね。
あれは、聞きにくいですよね。
あれは、聞きにくいですよね。
だもんで、それをしなくてもいい、ような天候ですからね。
今日はこうやって、車中で何本か、ポッドキャスト収録しようかな、という風に思っているところなんですね。
はい、ということで、よそ日記というプレイリストを作ってるという話をしました。
私、ミュージカルのトークの番組、結構フォローしてるんですね。
で、さっき指折り数えたら、現在は21位フォローしてるそうです。
はい。
M+T番組の紹介
ということで、次のパートでは、僕がフォローしているミュージカルのトークの番組をご紹介していこうかな、という風に思っております。
もし、ご興味があれば、ぜひ、聴いてやってください。
ということで、次は4月、5月、6月のプレイリストから、こちらを持ってきてます。
大人が。
はい。
よそ木の23の4、5、6月から、1曲ずつ持ってきております。
はい。よそ木の23の4、5、6月から、1曲ずつ持ってきております。
はい。よそ木の23の4、5、6月から、1曲ずつ持ってきております。
はい。よそ木の23の4、5、6月から、1曲ずつ持ってきております。
3曲続けて聴いていただきました。
4月は、ERROR A1、佐伯さんの楽曲で、語るなのかな、語なのかな。
国語の語という漢字、一文字の楽曲です。
5月号は、THE BRAND NEW HEAVIES、YOU ARE THE UNIVERSE。
そして、6月号からは、黒いホーンという3曲でございました。
ね。これ。
おいで。
お前、ジョジョジョ、チンギ、アイユニカルさんです。
イラストは、こいつ。
ダブルです。
なぜ?
お前、てか、切るなよ。
3つが出てきたんじゃ。
-。
わあ。
いいですよ。
お前、言ってることはだめだよ。
- いいですよ。
- お前、感情で言ったら?
- ということで、いだいだ、ベイクが出ました。
- いいですよ。
- ベイクが出ました?
- ベイクが出ました。
- いや、ぜひ。
- はい。
- はい。
- ベイクもできますか?
- ええ。
順番的にはこれは、そうだなぁ、どんな順番なんだろうなぁ。
うーん、スポティファイの順番で書き出したものになってますのでね。
歴が長いか浅いか、それはあんま関係ないと思っておりますのでね。
ご紹介です。1個1個ご紹介していきましょう。
野球のポッドキャスト番組の紹介
まず1つ目、言葉にできない夜の話。
これ、つい最近から聞くようになったミュージカルのトークの番組でございます。
女性2人でおしゃべりしながら、お気に入りの楽曲をかけていく、そんなようなミュージカルのトークになってますね。
②さようなら今日でございます。さよきょうさんですね。
はい、さよきょうさんでございます。
えっと、
ポッドキャストウィークエンド、
今日にも行かれた話の回とかも聞いた記憶がありますね。
3番目、日常音楽、日音さんですね。
しょうこさんというね、パーソナリティの方がやってらっしゃるミュージカルのトークの番組となっております。
このしょうこさん、私が企画した野球のポッドキャスト企画、
ベースボールラバーズキャンプ2024、
BLC24にもご出展くださってございます。
しょうこさん、ありがとうございます。
BLC24の公開予定日は1月31日の0時00分からでございます。
全部で11時間ございます。
はい、32番組、11時間、防衛ですね。
で、これから僕の番組の、もうこれ加えるから、40超えると思うんですよね。
ありがたい話でございまして、ぜひお楽しみなさっていただけたらというふうに思います。
④いきましょうか。
4番目、野球伝説。
野球劇場、野球グモビーツというミュージカルのトークの番組であり、
野球の番組でございます。
はい。
僕がやってることをまるっと全部お一人でやられるんですね、この方ね。
すごい。
野球専門誌の野球ビーツというマガジンがあるのかな。
その編集長の方と、それからそれにまつわる語り部の方と、
3人いないし、2人いないし、とかでリモートで収録されながらですね、
1人トークパートのときに曲もかけられるという形になってますね。
年末からはお忙しいみたいで、なかなか更新も少ないんですけれども、
なんせ歴が長いんで。
2020年ぐらいからやってるんじゃないかな。
だから、やめることはないでしょ。
去年の11月ぐらいに初めて見つけて聞き出しましたもんですからね。
これからも聴いていきたいかなというふうに思っております。
新タイトルのリリース、非常に楽しみにしております。
5番目は、The Soundtrack My Cup of Tea。
ポトフさんの番組です。The Soundtrack My Cup of Teaですね。
これのニューミュージックフライデーのコーナーが気に入っててよく聴きますね。
あとはポトフさんがチョイスのジャズの特集とかもされることもあって、
このあたりもよく聴いております。
あと日本ポッドキャスト協会の定期ミーティングなどでもよくおしゃべりさせてもらっております。
ポトフさん、いつもお世話になっております。
6番目、ニューリリース、フレンドシップ。
これがすごいですよ。
ほとんど聴いたことがないような楽曲がパンパン流れるんですよね。
音田ガスリーとよそ気に
しかも僕は結構好きな、エモい感じな、散るい感じな、そんな楽曲が多いように感じます。
でも別に全然知らない、アンダーグラウンドなミュージシャンばかりが出てるわけではなくて、
ちゃんとビッグタイトルの歌手の楽曲もかけられます。
僕はあんま知らないだけなのかもしれないですね。
僕は音楽は好きなんだけど、本当にエンジョイ勢で、
ほへーって聴いてるだけなんで、基礎知識がないよ、全くないんです。
はい。
ということで楽しんで聴いております。
ということで次は、7・8・9いきますか。
よそきにの7・8・9月。
3曲続けて聴いてください。
はい、3曲続けて聴いていただきました。
ランナーズハイ、ダーダン。
これが7月のよそきにのお気に入りの第1位でしたね。
で、8月がトーキング。
タイキングだ。
タイキング。
サニーウェブス。
で、8月号が、
山。
竜也喜多にの、
憧れのままに、という楽曲でございました。
はい。
本日の音田ガスリー、週末のポッドキャスター、音田ガスリーは、
私がリスナーとして聴いております、ミュージックのトークでかけられた、
1曲の楽曲を月間ごとにまとめたプレイリスト、よそきにを、
1月から12月まで1曲ずつ代表曲を決めて、垂れ流しにしているというような内容になっております。
そしてトークパートは、私がフォローしております、
ミュージック科のトーク番組のご紹介などしておりまして、
ミュージック科のトーク番組紹介
今度は7番目になりますですね。
はい。
7番目、ここは今からラジオです。
ですね。
はい。
えっと、猫屋敷さんと、
名前が出てこない。
男性お二人でされてらっしゃる、
ミュージック科のトークの番組でございます。
なんだっけな、こないだ聴いてすごく印象に残ったのが、
大変イヤホンのマニアでらっしゃるそうで、
いろんなイヤホンのご紹介されてらっしゃいましたね。
大したもんだと思いました。
はい。
9番目、シンクーパブリック。
この番組、えっと、そうね、
ポトフさんがゲスト出演されたのをきっかけに、
聞くようになりました。
うん。
朗読会とかなんとか、いろいろ、
精力的に活動されてらっしゃる、
シンクーパブリックさんでらっしゃいます。
このシンクーパブリックのトークパートで使ってあるBGMが、
僕がよく聴いてた、
昔のトーキングラジオだったかな。
それとも、
クラブルーターズだったかな。
エンディングのBGMと同じなんですけども、
はあ、同じBGMでオープニングに使う人もいれば、
エンディングに使う人もいれば、
えー、
中心のトークパートのBGM使う方、
いろんな方がいるんだな、という風に感じたものでございました。
はい。
10番目、こんな話がしたかった。
これは、芸能人さんの番組でございまーす。
芸能人さんというか、プロ制作ですね。
はい。
TOKI ASAKOさん、
メイリー・ムーさん、
ダイアナ・エクストラ・ザ・バンガタさんの、
お三人の番組でございまーす。
週に1回、月曜日の更新だったかな。
うん。
で、えーと、
ミュージックのトークパートでは、
最後に1曲、楽曲をかけられるというような、
たてつけの番組になっておりまーす。
続きまして、
ニューミュージックウェンズデイ。
NMWミュージックのトークというハッシュタグを使いまーす。
竹内竹哉さんというね、
この番組で、
まあ、そもそもプロの、
ラジオDJの方であり、
制作もスポーティファイ、全面協力ということもありで、
完成度の非常に高い、
情報も、
ガッツンガッツン入ってくる、そんな、
ミュージックのトーク番組でございますね。
うん。
はい、続きまして、12番目。
親友のミュージックのトーク
親友のミュージックのトーク。
こちらがですね、短期間で終わりましたけども、
2023年の8月9日までね、
何本やったんだろう、10本やってないと思うんですよね。
8か9かぐらい。
えー、トークが上がっておりますよ。
この時期親友さんが、
という歌手なんですけどね、親友さんね。
えっとー、
アルバムだったかEPだったかを、リリースする、
まで、えー、やるというような番組だったと、
記憶してて。
無事リリースできたから、
しばらく更新がないそうですけども、
僕は、スポーティファイの2023まとめで、
親友さんの楽曲を聴いたのが、1位になってるんです。
僕の、あのー、キャリアの中でね。
親友さんからのボイスメッセージも届いておりまして、
2024年は、EPかアルバムか出す予定があります、
と言ってらっしゃったので、もしかしたら、
この親友のミュージックのトークもまた復活する可能性があるのかな、
と思って、フォローは外しておりませんよと、
いただくことでございますね。
はい、そんなところでございまして、
12までご紹介してございます。
ではまた3曲聴いていただきましょう。
はい、ということで、
10月、11月、12月のお気に入りの楽曲を、
聴いていただきました。
10月が、アリアンス・デ・チャット・ノアの、
アンチャット・ノア。
読み方合ってます?これ。
間違ってるかもしれない。
11月、夜遊び、ビリビリ。
12月、ザ・エネジーの、エナジーかな、
ザ・エネジー、エナジー、
かの、クライングダンサーでございました。
はい、ということで、
よそ気にの23年の1月から12月まで、
それぞれ、月間サイズで作っておりますプレイリストで、
気に入ったものを、
1曲ずつご紹介したといった形になっております。
でですね、私今、
汚い字でザザザと書き出した、
メモ紙を読みながら、
喋ってるんですけども、
8を飛ばしてるかもしれません。
8を飛ばしてたらごめんなさい。
なのでちょっと、
ノー編集でお届けしております。
⑧を、もう1回はして、
もし被ってたらごめんなさいね。
飛ばしてたら、もうごめんなさいね。
⑧。
音楽番組、ラディオ・レディオ・スリーナイン。
音楽番組、レディオ・スリーナインさんです。
番組冒頭にも、おしゃべりさせていただきました。
Xのタイムラインで、ちょっとやりとりもさせてもらって、
非常に嬉しかったです。
管理人さん、ありがとうございます。
こちらはですね、管理人さんがメインとしまして、
いろんなゲストの方が多く出られていらっしゃいますよね。
4、5人ぐらい、レギュラーゲストみたいなことがいらっしゃるのかな。
レディオ・スリーナインさんも最近聞くようになった、
ミュージカルトークのポッドキャスト番組になってますね。
非常に、ボリュームたっぷりで音楽が聞ける、
そんなミュージカルトークになっております。
戻りまして、13番目。
コーヒーラジオでございます。
下野真乃さんの番組ですね。
こちらは、同一歌詞2曲を使われることの多い、
ミュージカルトークの番組でして、
そもそもラジオ、FMかHawkだったかな。
地上波でやってらっしゃってる番組を、
ポッドキャスト化した番組でございますね。
下野真乃さん。
Xなどでちょいちょいやりとりさせてもらっております。
14番目でございます。
僕が最強ミュージカルトークプログラムだと思っております番組でございます。
ディグトリオです。ディグトリオでございます。
ポッドキャストウィークエンドにも出展されたディグトリオさんですね。
ミュージカルトーク番組の人気
こちらも男性3人でおしゃべりされていらっしゃいますけども、
ポップで、キュートで、非常にハマるミュージカルトーク番組でございます。
お気に入り特集会もございまして、
ジャズでしょ、シティポップでしょ、
YMO、サチモース、長谷川博士などなど、
非常に僕好みのタイトルを深掘りしてくださって、
ディグってボムする番組ですよ。
聞いていただけたらという風に思います。
15番目、スタッツジャズジャーニーでございます。
これいつかポトフさんともやり取りさせてもらったんですけども、
ポトフさんもこれお気に入りの番組だって言ってらっしゃいましたね。
スタッツさん、ビートメーカーであり、音楽プロデューサーでもあるスタッツさんが、
ジャズを学んでいくという番組でございまして、
これは2023年7月16日で更新が止まっておりますが、
また再開してくれたら嬉しいかなという風に思っております。
16番目、
ジャパニーズシティポップ100、ナイトテンポさんの番組でございます。
こちらもビートメーカーであり、DJであり、
シティポップブームの火付け役と言われておりますナイトテンポさん。
韓国の方だったかな?
日本語流暢にしゃべられる日本語の番組でございますよ。
2022年の9月26日で現在は更新が止まっておりますが、
その前のシーズンも結構空いてからまた再開されたから、
2024年また再開の可能性もあるかなという風に思っております。
17番目、小泉京子とYOUのK-POPパーティーという、
これはK-POPを中心としたベテラン芸能人のお二人が語る番組となっておりますね。
2023年の年末に前編後編でちょっと復活したんですよね。
その時にはミュージカルのトーク番組はなかったんですけれども、
やっぱり軽快ですよね。
安定感違いますもんね。小泉京子さんとYOUさんのK-POPの番組です。
またいつかこのような機会を設けていただけると非常に助かりますと、
オファーお待ちしておりますと、ご両人言っていらっしゃいましたよ。
企業の方々、ぜひオファーされてはいかがでしょうか。
他の人気番組紹介
18番目でございます。
ソウルリズムトークという番組がございまして、
これは非常に渋い、エモい、ソウルミュージック、ジャズミュージック、リズムミュージック、ブルースなどが聴ける、
レコードの音源のようなものが聴ける、そんな番組になっておりますね。
2022年7月6日で更新が止まっておりますが、
珍しく僕はポッドキャスト番組をお気に入りとして置いておる数少ない番組の一つでございますね。
19番目、平均的サラリーマン図鑑。
これはFM東京、東京FMで現在も放送されております。
アベレージ、ビヨンド・ザ・アベレージの、何でしょうね。
別番組というか、告知番組というか、そのようなものになってますね。
こちらでも1曲、楽曲がかかります。
出演者はアベレージに出てくる声優さんがそのまま出てらっしゃいます。
はい、非常に楽しい番組ですね。
20番目、この曲のここがたまらんラジオさんでございます。
こちらの番組は日本ポッドキャスト協会の配信事例にもご参加されたことのある番組ですよね。
まだ更新頻度は非常にスパンが長い。
タイトルも10までいってないんじゃないかな。
いうような番組でございますね。
港町レディオというポッドキャスト番組をやられてるお一人の方がされてらっしゃる番組だったと記憶してるんですが、
間違ってたらごめんなさいね。
2023年1月31日で更新が止まっております。
最後に21番目、タカノブックラジオガイドさんでございます。
こちらも2022年4月の1日から更新しております。
更新が止まっております。
いろいろ生活環境が変わられたそうで、タカノブックさんがね。
配信も難しくなってきたそうでございます。
まあ、実世界とネットの世界とではギャップがありますもんですからね。
そのようなことにもなりますわね。
いうことですわ。
で、このタカノブックさんは僕が、
私として仰ぐ、まのちゃんからご紹介していただいた、
彼女の番組でございます。
今でも日本全国のラジオ番組を聞き合わさってですね、
音楽を楽しんでらっしゃる方でございます。
現在僕がフォローしておりますミュージカルのトーク番組全部で21件以上ですね。
はい。
長々とお付き合いくださいましてありがとうございました。
これを減らしたんですよ。
かつてフォローしてたやつでいうと、
音楽のお漬物だったっけ、お惣菜だったっけ、
という番組はフォローしたことはあるし、
これこちらもお引越しおきに配信が止まってしまって、
最近なんだろうな、フォロー外しちゃったんですよね。
また探せば新しいタイトルのものが出てるかもしれないな。
またちょっと確認してみようかな。
あとはラジオDTMさんもありますよね。
第1回のポッドキャストウィークエンドの出展番組さんでもございます。
このラジオDTMのアシスターとされてらっしゃるチューマン幸子さんのミュージカルのトーク番組もございますよね。
ここは確認してるんですけども。
プロ制作みたいな感じはフォロー外すかなっていう思ってた時期が、
そんな突っ張ってた嫌なタイプの時期が、おととしぐらいかな。
あったもんですから、ちょっと突っ張ってしまいました。
2024年にも入ったし、もう一回検索してフォローしてみても面白いかもしれないな、なんていう風に思っております。
ということで、週末のポッドキャスター音高3にとりましては、今回は珍しく長尺のものになってしまいました。
ということでございまして、音楽も12曲かけたからね。
音も長くないと配信できないからね。
まあ、今日はこのところにしておきたいかなという風に思っております。
いやー、日が出ましてね。今現在、注力環境が駐車場、車の中なんですけど、日が出てきましてね。
今、うっすら汗かいてます。
この調子で何本かポッドキャストを収録してみたいかなという風に思っております。
ノー編集でお届けいたしました、週末のポッドキャスターザボでした。
あざした。
28:09

Comments

Scroll