岸田ウォッチング ①|2021.10月 岸田総裁誕生
岸田ウォッチング ①|2021.10月 岸田総裁誕生 - 元政治学者の どこ吹く風
【Voice: Free, Transcript: Fee】すべての音声を無料プレビューで聴くことができます。LISTENで購入すると文字起こしの閲覧とコメントができます。2024年9月。再び、自民党総裁選で動きが出そうです。そこで、3年前を知っておくことには少なからず意味があるように思います。岸田総理の3年間を、過去の音源で振り返るシリーズです。シリーズ開始!岸田ウォッチング ①2021.10月 岸田総裁誕生2021年10月22日オンエアの音源です。2021年 10月菅義偉総理辞任から岸田総裁総理誕生へ。派閥力学だけで決まった総裁選挙。そして、総選挙へと突入。総選挙の真っ只中、岸田政権の行方について語りました。episode41|2021.10.22 OnAir|60's memories AREA37岸田総理の誕生からの3年間を振り返るシリーズが始まっています。再選の可能性が高いとされていた岸田総理ですが、最近の政治状況では再選が難しいかもしれません。そのような中、過去の音源を通じて岸田総理の3年間を振り返るシリーズがスタートしました。目次岸田総裁の誕生と総選挙 00:00総裁選挙と今後の動向 06:33元音源からの文字起こし(抜粋)をnote記事にまとめました。岸田ウォッチング ①|2021.10月 岸田総裁誕生|note記事主には3つですね、政治の話ね。1つは菅さん、菅総理大臣はなぜ辞任したのかっていうね。この話をちょっと振り返るっていうことと、人気がなくなって支持率落ちちゃったからっていうのは1つあって、しかも衆議院選挙も目前ですので、やっぱり選挙に負けちゃうということがあったんですが、でも辞めない手もあったはずなんですよね。菅さん自身は、実はその、役員人事とかね、内閣の方をいじったりとかしながら、乗り切ろうとしたんですが、これがうまくいかずに。ここではむしろ自民党内の、いわゆる結構ドロドロしたね、争いが今回あったわけですが。2つ目が、自民党総裁選ですね。これ河野太郎さん頑張ったんですけれども、岸田文雄さん。岸田さん予想した人どれだけいたかわかりませんが、岸田文雄さんという方がなったんですが、この人一体どういう人なんだろうっていうことから始まって、お話をしなきゃいけないかなと思いますし、自民党総裁選が、なぜああいう結果になったのかという話が2つ目ですね。3つ目が、やっぱり総選挙ですね。もう告示されましたね。これでもう22日だから、3日ぐらい経ったんですかね、選挙戦入ってからね。10月31日が総選挙の投票なんですが、これは結局、衆議院議員の任期がもう4年間って決まってまして、その4年任期、もういっぱいいっぱいなんですね。これ以上、遅らせられないという最後のタイミングという、これ本当に歴史的にも、ここまで任期満了で選挙するってのは初めてじゃないかなと思うんですけれども、私がこの放送で何度か言ってましたけど、菅総理大臣は解散のタイミングを失ったという話で、結局最後まで、最後の最後まで、要は任期満了まで解散できないという話をしたんですが。そこでまさか菅さんが辞めて、岸田さんになって総選挙になるというところまでは言ってはいなかったんですが、ただ自民党総裁選自体は動きがあるかもしれないっていうね、そんな話はしてたんですけれども、そのあたりの話を前半は少しお話ししていこうかなと思います。なるべくわかりやすくですね、いきたいなと思います。続編はこちら岸田ウォッチング ②|2021.11月 負けなかった総選挙
This is a paid episode ¥100

To listen to this episode, please purchase it.

Free Preview