1. 水道,電気,ガス,乃木坂46
  2. 【井上和/小川彩/岡本姫奈/五..

それぞれの才能がバチバチにぶつかり合う最強チームMOON。


今日は乃木坂46セーラームーンミュージカルのTeamMOONについて語っていきます。


//////////今回の配信に関する各種リンク//////////


▼セーラームーンミュージカルの公式サイト▼

https://sailormoon-official.com/stage/nogizaka24/


▼セーラームーンの公式Twitter▼

http://keshigomu.info/


//////////「水道,電気,ガス,乃木坂46」に関する各種リンク//////////


▼Youtubeはこちら▼

https://www.youtube.com/@nogizakaiitoko

▼各種Podcastなど全てのリンクはこちら▼

https://linktr.ee/nogizakaiitoko

▼おたよりはこちら(匿名でもOKです!)▼

https://forms.gle/pH3pkMncRgkZ21sV7

▼Twitterはこちら▼

https://twitter.com/NogizakaIitoko

ハッシュタグは「水道電気ガス乃木坂46」でツイートお願いします!


//////////タグ//////////


#井上和

#小川彩

#岡本姫奈

#五百城茉央

#池田瑛紗

#セラミュー

#乃木坂46版セラミュー

#乃木坂

#乃木坂46

#まとめ

#Podcast

#ポッドキャスト

#乃木坂工事中

#乃木坂配信中

Summary

「乃木坂46」のエディションに出演する「セーラームーンミュージカルTeamMOON」には、井上、小川、岡本、池田、池田が出演しています。小川彩さんのポージングや振りが素晴らしく表現されています。岡本ひなさんの演技と歌も素晴らしいです。池田テレサさんの動きの美しさが見どころです。このエピソードでは「セーラームーンミュージカルTeamMOON〜五つの才能〜」で乃木坂46のメンバーが紹介されています。また、乃木坂46が主題歌を担当するアニメや、チームムーンとチームスターの配信情報も紹介されています。また、五つの才能のエピソードでは、山下瑞希と伊藤リリアの関係性について話されています。

Introduction and Background of Sailor Moon
Speaker 1
さあ、今回も始まりました。 乃木坂はハンマー、改め水道,電気,ガス,乃木坂46。
Speaker 2
この番組は、乃木坂を応援して12年の僕、ゆめさきが批判、悪口一切なしで、 乃木坂46について語っていく番組です。
Speaker 1
すいません、また番組名を変えました。 ということで、今日は乃木坂46版セーラームーンミュージカルのTeamMOONについて語っていきます。
Speaker 2
ネタバレはほとんどないんですけど、含むっちゃ含むので、 ネタバレ一切嫌だよっていう方は、ぜひ本編を見てからお聞きいただければなと思います。
Speaker 1
ぜひ最後までお聞きください。 はい、ということで始めていきたいんですけれども、今回の題材になっているセーラームーンっていうのはですね、
Speaker 2
皆さん名前知っていると思いますし、ストーリーもですね、ある程度知ってるんじゃないかなと思うんですけど、 一応おさらいしておくとですね、
セーラームーンというか月のうさぎって女の子がいて、 その子がですね、セーラー戦士を集めていって、
敵、本当は敵じゃないんですけど、敵を倒していってですね、 地球を守るみたいな、まぁそんな話ですね。
今回の作中の中では全部で5人出てくるっていう話になります。 原作ではね、この5人以外にももっと出てきたりして、
うつ展開なんかもあったりするんですけれども、 一旦この作品の話をしていきたいなと思います。
で、セーラームーンってすごくてですね、今年30周年らしいんですよ。 それでも今でもね、ファンクラブがあるぐらいすごい愛されている作品で、
その作品のですね、ミュージカルっていうのが今回の作品になります。 昔ですね、もう4,5年前だと思うんですけれども、
2年間乃木坂が担当したことがあって、このミュージカルを。 全部で3チームあってですね、上海公園なんかも行った記憶があるんですけど、
Inoue as Sailor Moon
Speaker 2
まあそういうすごい人気作品なんですけど、 まあそういう人気作品をですね、今回乃木坂46の5期生がやると形になっています。
Speaker 1
チームが2つあってですね、今回紹介するチームムーンは、 井上なぎちゃん、小川彩ちゃん、岡本ひなちゃん、
Speaker 2
いおきまおちゃん、池田てれさちゃんの5人になります。 順番にね、それぞれのメンバーのいいところを紹介していきたいと思うんですけど、
まずね、井上なぎちゃん主役のセーラームーン役をやるんですけど、 これが結構すごくて、まあよく主人公制っていう言葉があると思うんですけど、
まあ乃木坂で言えば、いこまりなちゃんなんかがずっと言われてたと思うんですけど、 井上なぎちゃんはまさにこの主人公だなっていうふうに思いましたね。
もうセーラームーンやるならこの人っていう感じだと思いました。 今回役を振るにあたって、セーラームーンに井上なぎちゃんを当てたわけなんですけど、
その理由としてはですね、5期生の中で井上なぎちゃんって中心的なメンバーだし、 乃木坂の中でも5期生の中で唯一センターをやってるじゃないですか。
Speaker 1
だからそういうところでセーラームーンに選ばれたんじゃないかなと。 まあ一応思うんですけど、でもそういうのなくして演出家の方がですね、
Speaker 2
5期生でオーディションをやって、じゃあこういうふうに台本読んでみてくださいとか、エチュードやってみてくださいっていうのでオーディションやったとしても、井上なぎちゃんはねセーラームーンに選ばれると思いますね。
まあそのセーラームーンやるのがムーンなのかスターなのかっていうのはわかんないんですけど、その2人のうちの1人にはね必ず選ばれるんじゃないかなと思います。
ということで、まあ適材適所っていう言葉があると思うんですけど、井上なぎちゃんの適所はムーンだし、ムーンの適材は井上なぎちゃんだと思いますね。
この井上なぎちゃんの主人公性っていうことで、このムーンのチームっていうね、本当にいい方向に行ったんじゃないかなと思います。
でも本当にね、全部良かったんですけど、まあ1つはやっぱり演技ですよね。当たり前なんですけど、演技めちゃくちゃ良くてですね、今回セーラームーンってアニメのキャラクターじゃないですか。
だからこう3次元の人間を舞台で演出するのとはちょっと違って、まあコミカルにですね、キャラクターっぽく演じる必要があると思うんですけど、
井上なぎちゃんはね、この声質、話し方、全部が全部セーラームーンでしたね。 で、僕みたいな乃木坂のファンがこういう作品を見に行くとですね、
Speaker 1
やっぱ井上なぎちゃん上手いなとか、メンバー誰々が上手いなぁみたいな感じで、ちょっとメタに見ちゃうと思うんですよね。
Speaker 2
その作品っていうよりもそのメンバーのことを見ちゃったりすると思うんですけど、 井上なぎちゃんがね演じてる時は
やっぱ井上なぎちゃんっていうよりね、そこにセーラームーンっていう人、存在がちゃんといるんですよね。
井上なぎちゃんってこれ僕の個人的な感覚ですけど、今の乃木坂の中で一番演技でバケるかも、まあとんでもないことになるかもっていうのが
たくさんいる中で井上なぎちゃんはその一人だと思うんですけど、 いや今回ね本当によくて、
Speaker 1
ミュージカルだったからね、井上なぎちゃんの得意の歌っていうのでも表現してたんですけど、個人的にはね、今後
演技一本の井上なぎちゃんっていうのも見てみたいなと思いますね。 個人的にはね、映画で井上なぎちゃんの演技って見てみたいですね。
Speaker 2
映画っていうのも、乃木坂のメンバーが主役やってて、ファンを呼び込む的なね、映画じゃなくて、もう本当に演技一本で勝負してる。
もうアイドルだから、うまくなくてもいいよねみたいな、そういう言い訳が通じない作品で、井上なぎちゃんの演技っていうのは見ていきたいですね。
井上なぎちゃんの才能があったら、全然そういう作品でもね、やってきるんじゃないかなと思うんですよね。
スター誕生での井上なぎちゃんの演技見てるとね、本当そう思います。今回の作品ももちろんそうなんですけど、
井上なぎちゃん演技が良かったよっていう話で終わるかと思うとですね、もちろん、もちろんですよ。それだけじゃなくて、
歌も本当に良かったですね。井上なぎちゃんって言うまでもなく、もう皆さんご存知の通り歌が上手いじゃないですか。
で、こう、キャスト全員で歌っている時も、すごいやっぱりセーラームーンとして存在感があるし、
ソロで歌っている時もね、本当に上手くて、観客の心を掴んでるっていう感じがしたし、
あとね、個人的にはこれが良かったなと思うんですけど、デュエットのところね、すごい良かったんですよね。
ここからはめちゃくちゃ個人的な意見で、音楽理論とか全くないんですけど、デュエットって一番実力が出る気がするんですよね。
Speaker 1
もちろんソロで歌うっていうのも力量って見えちゃうと思うんですけど、デュエットって自分の歌が目立つ上に歌ってる相手とどうしても比べられちゃうじゃないですか。
Speaker 2
レベルが違う人がデュエットしてると、なんかちょっと残念だなとか思うと思うんですけど、井上なぎちゃんは本当にデュエットかっこいいし、感動しましたね。
井上なぎちゃんがデュエットするシーン、何個かあるんですけど、本当にうるっとくる感じでした。
多分ね、泣いてる方もいらっしゃるんじゃないかなと思います。
で、それだけじゃなくてね、ダンスもまた上手いんですよね。
Speaker 1
僕個人的には足の運び方すごい綺麗だなと思って、この作品ってミュージカルなので、乃木坂のライブとかではあんまりないような、ちょっとスローテンポ気味のダンスとかもあったりするんですけど、そういう時のね、なんていうことのない場面でも足の運び方綺麗だなと思いましたね。
バレーの経験があるっていうのもあるのかもしれないですけど、でも動きがね、そんなバレーバレーしてないんですよ。
Speaker 2
日本語おかしいかもしれないですけど、すごい自然で良かったですね。
井上なぎちゃん本当に良くて、このセーラームーンミュージカルって、主人公セーラームーンがですね、かなり長く出てくるんですよ。
だからイメージですけど、他のセーラー選手の3倍とか4倍とか、そんぐらい出てくるんですよね。
仲間を増やしていくっていうのはストーリーの途中なので、最初は他のセーラー選手がいない中で、井上なぎちゃんと他のキャストで進めないといけないんですけど、
井上なぎちゃんに見入ってるうちにですね、あっという間に15分とか20分とか多分経ってて、次のメンバーが出てきたっていう感じですね。
いや井上なぎちゃんは主役として完璧だったと思いますね。
Ogawa as Sailor Mercury
Speaker 2
で、そんな井上なぎちゃんが演じてるとですね、最初の味方になるセーラー選手が、セーラーマーキュリーっていう子なんですよ。
それを演じてるのが小川彩ちゃんなんですけど、僕何回もこの番組で言ってるんですけど、小川彩ちゃんのパフォーマンスが好きで、なんなら好き通り越しても愛おしいぐらいなんですけど、
今回もね、それがまたすごいのでお話していこうと思います。
Speaker 2
小川彩ちゃんの場合は、いわゆる普通のセリフの場面から入ってくるんですよ。ミュージカルじゃなくて。
なので、まあ普通の舞台みたいなイメージをしてもらえればそれで合ってると思うんですけど、そこのねセリフの部分っていうのは、まあまあもちろん上手いんですけど、特別ビビるみたいな、そういう光ってるものはなかったんですよね。
まああえて言えばこの初作がすごい綺麗だなと思ったぐらいなんですけど、その後のね、歌のパートすごかったですね。
なんかその歌のパートに移ってから、もう完全に小川彩のターンみたいになるんですよね。会場中が。
Speaker 1
小川彩ちゃんの声って本当に綺麗で澄んでて、上手いんだ。僕はね、小川彩ちゃんの歌に釘付けになりましたね。
しかもこの時のね、小川彩ちゃんがめちゃくちゃ可愛いんですよ。 でその可愛いっていう言葉の意味は
赤ちゃんキャラとか妹キャラとかそういう意味じゃなくて、セーラーマーキュリーとしてマジ可愛いんですよ。
Speaker 2
セーラーマーキュリーって、もうすべての動きがザ・女の子っていう感じなんですけど、小川彩ちゃんはね、それをめちゃくちゃ綺麗に演じてて、
あのマーキュリーっぽさを演じられるのは、小川彩ちゃんにしかできないかなっていうふうに思いましたね。
小川彩ちゃんって普段のライブの時から振りがめちゃくちゃ綺麗で、多分ね、飛び抜けて綺麗だと僕は思ってるんですけど、
他のメンバーとね、とか他のキャストさんとかと同じ腕を上げるとか、横にちょっと移動するとか、そういう単純な動きですらめちゃくちゃ上手いんですよ。
で、なんていうんだろうな、こう関節という関節、例えば肩とか肘とか手首とか指とか、
Speaker 1
まああと足とかも同じだと思うんですけど、それぞれ全部違うタイミングで動くんですよね。
Speaker 2
そこがね、本当に綺麗なんですよ。よくこう振りとかポージングとかで、もう指の先まで意識しろみたいな言われることってあると思うんですけど、
小川彩ちゃんの動きはまさにそれだなっていう感じがしますね。
もう止まってる瞬間の姿勢さえ可愛いんですよ。マーキュリーマーキュリーしてるんですよ。
小川彩ちゃんのポージングと振り
Speaker 2
もう止まってる時に、まあ手はそこに置くのが正解だろうなとか、膝の角度はこれが正解だろうなとか、手首の角度はこれが正解だろうなみたいな、
Speaker 1
その一個一個がすごい精密で、なんとなくでこう手を置いてるみたいなのがないんですよね。
Speaker 2
特にすごいのが膝かなっていう気がしました。でこれ本当に僕の勝手なイメージなんですけど、この作品って膝がすごい大事で、
セーラー戦士っていうのは5人いるわけなんですけど、それぞれこう違いがあるんですよね。
まあわかりやすいところで言うと衣装が違って、赤色とか緑色とか金色とかそれぞれ違うんですけど、服以外にもね結構違いがあって、
まあ服の次に違うのは多分腕のポーズなんですけど、その次ぐらいに違いが出るのがね、膝なんですよね。
Speaker 1
膝の曲げ方、膝の高さ、それがねー小川彩ちゃんは綺麗だから、セリフがない場面でもめちゃくちゃマーキュリーなんですよ。
Speaker 2
ここの小川彩ちゃんの良さは、ライブでは見れないなと思ってて、普段乃木坂のライブってまあ大体の曲でハンドマイクを持ってるじゃないですか、だから片手埋まってるんですよね。
Speaker 1
でもミュージカルってなんて言うんですか、この頭の横にあるマイク、まあそのヘッドセット的なやつですね。本当はちゃんとした名前あると思うんですけど、そのヘッドセット的なやつでですね、
Speaker 2
全身フルで右手も左手も表現できるっていうところで、小川彩ちゃんのこのポージングとか振りの良さがすごいしっかり出てるんですよね。
だからこの小川彩ちゃんが見れて、まあストーリーとは関係ないっちゃ関係ないんですけど、そういうところが見れて本当に良かったなっていうのが今回の作品でした。
そんな小川彩ちゃんを仲間に入れてですね、次に仲間になるのが岡本ひなちゃん演じるマーズなんですよ。
全体を通して僕が一番サプライズだなと思ったのが岡本ひなちゃんですね。なんか岡本ひなちゃんってこんなに才能あるんだなっていうのが
今回の作品通して思いましたね。もう出てる間ずっとすごかったです。
で、岡本ひなちゃんって、まあそりゃバレーは上手いだろうなっていうのは思ってたんですよ。
まあ多分上手いとか上手くないとかそういうレベルじゃなくてすごいんですけど、それを分かってたんですけど。
Speaker 1
でもそれ以上にね、いろいろ感じたんですよね。
Speaker 2
まず圧倒的にセリフを読むところ上手いんですよ。びっくりしましたね。
あの最初出てきた時に誰かわかんなくて、誰かわかんなくてっていうか岡本ひなちゃんが出てくるはずなんだけど、すげー上手い人が出てきたから
誰なんだろうと思ってついついオペラグラスかけてね、確認しちゃいましたね。で確認すると当たり前なんですけど映るのが岡本ひなちゃんなんですよ。
いやすごい良い出だしというかですね、もう入りからびっくりしましたね。
Speaker 1
単にね、上手いっていうだけじゃなくて、この岡本ひなちゃんが演じるマーズっていうのはちょっとね低めの声なんですよね。
その低めの声がもうバッチリハマってて、このマーズの性格、なんか気の強いところとか凛としてるところとか、そういうのをね全部本当にうまく表現できてたなと思います。
Speaker 2
で、おーすげーと、岡本ひなちゃんの演技すごいじゃんと思ってたらですね、まっきり小川彩ちゃんと同じように歌の場面が始まるんですけど、それもまた上手くて
さっきのお芝居の部分が本当にキャラのままだなぁと思ってたんですけど、この曲の部分でもですね、もうマーズのイメージそのままの声と歌で続けてて、いやすごかったですね。これびっくりしました。
で、その曲の中でですね、ダンスがあるんですけど、まあダンスはうまいに決まってるじゃないですか。岡本ひなちゃんすごいんですけど、すごいなと思ったのが、このマーズっていうキャラクターはヒールを履くのが特徴なんですよ。
真っ赤なヒールを履くっていうのが特徴で、それがね、ただヒールを履いて踊ってるんじゃなくて、ヒールを使ってうまく表現してるんですよね。ヒールって岡本ひなちゃんの本職のバレーと逆じゃないですか。
バレーって、まあいわゆるトーシューズっていうやつで、もうベタっとした靴ですよね。で、マーズの靴は真っ赤なヒールなんで、高いじゃないですか。真逆のことなんですけど、すごい踊り慣れててというか、うまく表現できててね、すごいなと思いました。
Speaker 1
その後にですね、仲間になるのが、いおきまおちゃん演じるジュピターなんですけど、ジュピターはもうね、かっこいいの一言につきますね。いおきまおちゃんはね、本当に頑張ってたんだと思いますね。
っていうのも、ジュピターってちょっと難しいんですよ。5人の中の他の4人って、まあ女の子っぽい女の子っぽさなんですけど、ジュピターって背が高くて、で、ちょっと男まさりで男っぽい面もあるんだけど、でも内心は乙女みたいな、そういう何て言うんですかね、矛盾したというか、
2つの側面があるのを両方演じていかないといけない、結構難しい役で、もう入りの場面からそうなんですよね。セーラームーンをリフトっていうのを、この抱きかかえる場面から始まるんですけど、そのね、井上凪ちゃんをなんかね、チワワ抱きかかえるぐらい軽く持ち上げるんですよ。
Speaker 2
で、もうその場面でですね、男まさりでかっこいいジュピターっていうのが、バチッと始まったっていう感じですね。
さっき本当に大変だっただろうな、みたいなことをお話したと思うんですけど、何が難しいって、声のね、高さなんですよ。
ジュピターの声って本当に低いんですよね。その前に乃木坂がセーラームーンミュージカルやってた時は、伊藤潤奈ちゃんがやってたんですけど、まあその伊藤潤奈ちゃんのね、役本当に良かったんですけど、その伊藤潤奈ちゃんがやるくらいの高さ、あのくらいのイメージですね。
で、まあ井上真央ちゃんって、そのめちゃめちゃ低い声というよりは、まあどっちかっていうと高めの声で、柔らかいこう、まろやかな、角のない歌い方じゃないですか。
それがあのめちゃくちゃ低くて、で、しかもちゃんとしっかりしてるんですよね、ジュピターの声って。それを演じられたっていうのはね、本当にすごかったですし、あれを演じられるのはね、本当に苦労したと思いますね。
やっぱりジュピターって、背が高ければできるっていうものでもないんですよね。だから、井上真央ちゃんがあのしっかりした低い声を出したっていうことで、初めてこのチームムーンのセーラー戦士っていうのの表現力というか、完成度が上がったんじゃないかなと思います。
池田テレサちゃんの動きの美しさ
Speaker 2
で、4人揃ったところでですね、最後に仲間になるのが池田テレサちゃん演じるビーナスなんですけど、ちょっとねご紹介する前に、最初に言っておかないといけないことがあるんですけれども、池田テレサちゃんってゲネ中に大怪我をしてですね、今でも怪我をして出てるんですよ。
で、今怪我をしてから2週間くらいかな、経ってるんですけど、今でもね、タイツ履いてるんですよね。で、そのタイツ履いてるのは多分テーピングを隠すためなんじゃないかなと思うんですけど、でもタイツの上からでもね、はっきりとテーピングが見えるぐらいもうガッチュガチュに固めてあるんですよね。
で、ダンスとかも多分ここのシーンって本当はもっと足上げるっていうシーンなんだろうなーとかっていうところもね、普通にあって。だからまあこっから話すことは池田テレサちゃんの全力ではないというか、なんていうんですか、実力では全然ないっていうことをね、前提で聞いていただきたいんですけど。
でも池田テレサちゃんってそんなにね、ダンスだけじゃなくてもすごいオーラがあって、なんかね、池田テレサちゃんってなんかうまく説明できないんですけど、オーラがあるんですよね。花があるっていうのかな。役としてもすごい花があるんですよね。
セーラービーナスって一番出てくるのが遅くて、しかもですね、普通の場面もないんですよ。普通の場面って何かっていうと、他のセーラー選手はですね、最初に出会って普通の女の子として話して、その後に場面切り替わってセーラー選手として戦うみたいな、そういう派手で自分が注目されるみたいなシーンがあるんですけど。
Speaker 1
ビーナスはそういうのがなくてね、いきなり戦闘中にバーンって出てくるんですよね。しかも聖剣っていうのかな、こう伝説の剣みたいなのが出てくるんですけど、その伝説の剣みたいなのもみんなで持つんじゃなくて、ビーナスだけが持つっていう場面もあったりしてですね、後から出てくるんだけど、かっこよくいいとこ持ってくみたいな感じで。
Speaker 2
なんかすごい池田テレサちゃんの役にハマってるなと思いました。
池田テレサちゃんって、お顔が強くてね、オーラがあるって言っちゃえば、まあそれまでなんですけど、でも多分それだけじゃなくて、僕はいいなと思ったのが、そのね、初作の美しさみたいなのがあるんですよね。
さっき小川彩ちゃんの動きも綺麗っていう話をしたんですけど、池田テレサちゃんもね、そうなんですよ、すごいなんだろうな、アイドルっぽくてっていうとあれなんですけど、女の子の強さみたいなものを表現してて、それがその役を際立たせてるんじゃないかなと思いました。
Speaker 1
僕、池田テレサちゃんのこの動きの綺麗さって、今までライブではですね、気づかなかったんですけど、今回気づけてよかったなっていうふうに思いますし、あと僕以外にも多分今回のミュージカルを見て、池田テレサちゃんすごい綺麗だなって思った方もいらっしゃるんじゃないかなっていうふうに思いますね。
Speaker 2
本当はダンスとかも綺麗だったと思うんですけど、そういうダンスとかね、その動き的なものを差し置いても、いい演技だったなと思います。上半身だけでもすごい綺麗だったと思いますね。
ここまでですね、5人メンバーを紹介したんですけど、もう1人いてですね、それが奥田いろはちゃんなんですよ。
Speaker 1
奥田いろはちゃんは映像出演なんで、ここすごかったとか、ここよかったっていうのはちょっとわかんないんですけど、ただね、今回の役は難しかったなっていうのはわかりますね。
Speaker 2
他のメンバーって稽古中に今回の作品の雰囲気とかがわかるわけじゃないですか。でも奥田いろはちゃんって台本渡されて、こんな感じでこういうノリで読んでくださいみたいに言われて、はい321みたいな感じでやるわけじゃないですか。
だから映像出演の宿命だと思うんですけど、これ結構ね難しかったんじゃないかなと思います。ただ全体的にはね、あのわかんなかったんですけど、少なくともその奥田いろはちゃんの優しさみたいなところはすごい伝わってきましたね。
奥田いろはちゃんって昔生きてたセーラームーンのお母さん役なんですけど、すごいね優しく話しかけるんですよね。
Speaker 1
セーラー戦士、セーラームーン以外の4人にもですね、話しかけるときに、うわーめっちゃ優しく話しかけるなと思ってたんですけど、でもセーラームーンに話しかけるときはもう一段ね優しくなるんですよね。
乃木坂46のメンバー紹介
Speaker 2
だから本当にこの人は娘が一番可愛いんだなっていう愛情みたいなのが伝わってきて、もともと慈悲深いからすごい優しいんだけど、このすごい優しいっていう幅の中にも演じ分けがあるっていうのはこれはね、わかりましたね。
というわけでね、ここまででチームムーの5人プラス奥田いろはちゃんについて紹介してきました。
Speaker 1
いや本当に今回の作品面白くて、実は先週落ってまだなんですよね。この後来るのと、あと2週間だったと思うんですけど見逃し配信があるので、もし興味がある方はね、本当に運が良ければ当日のキャンセル待ちみたいのも見れると思いますし、
Speaker 2
あとは今回セーラームーンミュージカル史上初めてらしいんですけど、生配信もあるので興味がある方はね、ぜひ見ていただけたらなと思います。値段はですね、4620円確固税込みですね。
今回チームムーンとチームスターあるんですけど、それぞれ4620円になります。あとですね、ブルーレイの発売が決まっているらしいので、多分ブルーレイの発売はもう少し先なんじゃないかなと思うんですけど、もし興味がある方はね、予約していただけたらなと思います。
Speaker 1
ということで、今日は乃木坂46版セーラームーンミュージカルチームムーンについて語ってきました。チームスターに関しても次回語っていこうと思います。それはちょっと先週落終わってからになるかもしれないですね。
よかったらそっちも楽しみにしていてください。続いて、乃木坂ニュースのコーナーです。今回はニュース少なめです。
Speaker 2
1個目がですね、アトリの主題歌が決まりましたということで、これね、僕もちゃんとは分かってないんですけど、見た限りですね、アニプレックスさんという会社があって、アニプレックスさんというと最近乃木坂と組んでですね、いろいろやってますけど、
Speaker 1
ビルディバイドですね、トレーディングカードゲームをやってたりとか、あと乃木坂配信中でもその一環として展示会みたいなのに行くとかね、やってますけど、あのアニプレックスさんですね。
そのアニプレックスさんがですね、ノベルゲームのブランドを持ってるんですよ。アニプレックスエグゼっていうのがあって、そのブランドの1個目の作品がやがて君になるっていう作品なんですよね。
今回そのやがて君になるをアニメ化、映像化するにあたって、乃木坂がですね、その主題歌をやるということなんですよね。オープニングの曲をやるらしいんですけど。
Speaker 2
最近ビジュアルなんかも発表されたりとかですね、そのアニメのキャラクターがぐるぐるカーテンの衣装を着てるね、ビジュアルとかもあったんですよね。
たぶんやがて君になるのが1作目だから、乃木坂も1作目っていうところで、たぶんかけてるんじゃないかなと思うんですけど、そういうものが出ましたと。
で、その主題歌になるっていうことは、次のシングルで出すことになると思うんですよね。
乃木坂ニュースとリスナーメッセージ
Speaker 1
で、その次のシングルで表題曲として出すのか、カップリングとして出すのか、それかCDとは全然関係ないところで音源作るのかっていうのはわかんないんですけど、表題曲だとすると結構な賭けですね。
Speaker 2
昔、表題曲はたぶんね、1回だけやったことあるんですよね。今話したい誰かがいるっていうのは、なんていうんだっけな、あの映画。
僕も見に行ったんですけど、なんだっけ、ここ酒?ここ、心が酒びたがってるんだみたいな感じのタイトルの映画のですね、主題歌になったんですけど。
もし主題歌になるとしたらそれ以来ですね。そこはどうなるのかわかんないんですけど、僕個人的にはこういうアニメ作品の曲っていつかやってほしいなというふうに思ったんですよね。
最近の紅白とか三つでも、アニメの曲ってバカ売れたりとか、バカ有名になったりとかするじゃないですか。なんかああいう感じでね、乃木坂もアニメの表題曲になって、アニメの主題歌か、主題歌になって有名になっていったらなぁと思ってます。
次ですね、これもグループ関連なんですけど、オリコンのですね、週刊合算シングルランキングっていうのが13回連続で1位になったらしいです。
この週刊合算シングルランキングっていうのはどう数えてるのかよくわかんないんですけど、この13作ってどのぐらいすごいかっていうとですね、単独1位になったみたいなんです。今までは1位対だったんですけど、完全に1位で抜けたっていうことなんで、まあまあ多分すごいことなんじゃないかなと思います。
はい、あとは個人のニュースになりますね。もう前回話したことなんで、ニュースっていうわけではないんですけど、大事なんでもう1回話すとですね、山下瑞希ちゃんの写真集がですね、発売されました。ヒロインというやつですね。
なんか前の写真集とはだいぶ違うらしいので、もし興味ある方は買っていただけたらなと思います。あとはですね、卒校の一般ですね、今受付中ですので行きたいっていう方はですね、ぜひ申し込んでください。
今回一般なんですけど、先着じゃなくてですね、抽選なのでチケット取りたいんだけど、普段ちょっとやり方がわかんなくて取ってなかったんだよねみたいな方もピピピッと申し込めば、もう平等にチャンスは平等にあるので、ぜひチャレンジしてみてください。
最後にですね、よだゆきちゃんのニュースなんですけど、ウォンバットの大使に選ばれたということで、大阪府の池田市立にですね、これなんて読むんだろう。
さつき山動物園になってると思うんですけど、さつき山動物園のですね、ウォンバット大使に選ばれました。最近ね、よだゆきちゃんウォンバット推ししてましたけど、乃木坂配信中とかでね、あれきっかけでそういう話になったんじゃないかなと思います。
なんかね、どっかで見たんですけど、昔もそういう話あったみたいですよ。なんかウォンバットの大使かなんかやりませんかみたいな話あったんですけど、結局立ち消えになって、それがまた今回復活してですね、ウォンバット大使になったということなんですよね。
で、へーと思ってたんですけど、僕さっきね、ツイッターで見たら、そのオーストラリアの大使館的なところがですね、なんかそのニュースをリツイートしてて、そういう大使館的なところがリツイートしたってことは、この乃木坂46っていう奴らは多分リツイートしてもトラブル起こさないし、大丈夫なんじゃねっていうのでリツイートしたと思うんで。
個人的にはね、そこが他の人とずれてるかもしれないけど嬉しかったポイントですね。
以上、乃木坂ニュースのコーナーでした。続いてはリスナーさんからのメッセージコーナーです。
このコーナーではSpotify、YouTube、お便りフォームなどからのリスナーさんのメッセージをご紹介するコーナーです。
最近ポンポンポンとですね、3回配信したので、3回分ですね、ご紹介したいと思います。
まず最初にですね、Spotifyでコメントをいただいているので、読み上げたいと思います。
その回がですね、山崎玲奈ちゃんの誰かに話したかったことの回なんですけど、好きな乃木坂のラジオ番組やよく聞くラジオ番組を教えてくださいというので、一つコメントいただいてですね、乃木団と乃木野々とユナタイムという3つあげてもらってますね。
なんかどっちかっていうと平和系な番組ですかね。なんか共通してるなと思ったのは、メンバーだけでやってるっていうことですね。
Speaker 1
乃木坂って芸人さんとかとやる番組と、あと乃木坂だけでやる番組があると思うんですけど、僕はどっちかっていうと芸人さんが出てるような番組を聞くことが多いですけど、でもなんか乃木野々とか聞くとすげー平和な気分になりますね。
Speaker 2
ユナタイムもそうですけど、乃木団はほっこりというよりは楽しむ感じですよね。楽屋に入って話聞いてるみたいな感じ。あの距離感もやっぱり芸人さんとかメンバー以外の人とやると出ない空気感なんじゃないかなと思うので、僕結構好きですね。
それからアンケートですね。3回分紹介したいと思うんですけれども、まず1個目、乃木坂46と縁のある芸能人を何人知っていますかということなんですけど、7万ぐらいしかわかんないよっていう方が28.6%で、同じ人数で5人以上は知ってるっていうのが28.6%。
Speaker 1
なんですけど、僕ここからがすごいなと思ったのは、いくらでも上げられるっていう方が42.9%もいたんですよね。僕も乃木坂と縁とある芸人さんとかね、結構知ってる方だと思うんですけど、かといっていくらでも上げられるかって言われると、そこまではちょっと胸張って言えないですね。
Speaker 2
ということで、改めてですね、うちの番組を聞いていただいているリスナーの方は本当に乃木坂のあらゆる活動を見てるんだなと思います。そうじゃなかったらわざわざ僕の番組聞かないと思うんでね。いくらでも上げられるはすごいと思いました。
Speaker 1
そして、次2個目がですね、乃木坂のラジオは聞きますかっていう質問なんですけど、これさっき紹介すればよかったですね、一緒に。あんまり聞かない、全然聞かないがですね、ゼロ票。さすがですね、皆さん。
Speaker 2
タイミングが合えば聞くと、面白そうな時は聞くが、それぞれ7.1%。推し面が出ている番組は聞くっていうのが21.4%。よく聞いている番組があるが48.6%と、毎回聞いている番組があるが35.7%ということで、またすごいですね。
Speaker 1
毎回聞いている番組があるっていうのがトップでしたね。皆さんどういう番組を聞いてるんですかね。やっぱり推しが出ている番組聞いてるんですかね。それともさっきの話じゃないですけど、乃木野野とかそういう乃木坂全体の番組を聞いてる方が多いんですかね。
Speaker 2
ちょっとその辺気になりますね。またどっかでラジオのですね番組の紹介はすると思いますので、その時にアンケートで聞きたいと思いますので、その時はぜひ教えていただけたらなと思います。
そして最後のアンケートですね。伊藤リリアちゃんのイメージを教えてください。何個でも全部でもっていうことなんですけど、これねまたたくさんあげていただいて、常識人、乃木坂で数少ないちゃんとした人、人格者、後輩も同期も信頼がすごいっていうのがそれぞれ8%ずつですね。
あとですね、僕の衝動全通2022がすごかった。ライブ歌の軸になる歌唱方面。乃木坂工事中いつも明るい雰囲気になるが12%ということで横並びですね。
ちょっと意外だったのが僕の衝動伸びるかと思ったんですけど、あんまり伸びなかったですね。まあそれでも多いですけどね。でもなんかこうライブの軸になる歌唱面とか、乃木坂工事中のいつも明るい雰囲気になるとか、そういう方は本当によく伊藤リリアちゃん見てるんだなと思います。
Speaker 1
その次が唯一の沖縄出身、沖縄公演のたて役者20%ということで、これは間違いないですよね。沖縄出身のメンバーってほとんど、どんどんというか伊藤リリアちゃんだけだし、九州とかも含めてもめちゃくちゃ少ないですよね。
山下瑞希と伊藤リリアの関係
Speaker 1
だから去年は真夏の全国ツアーで沖縄回りましたけど、伊藤リリアちゃんいなかったら全然行くことはなかっただろうし、あと僕沖縄公演行った時にタクシー使ったんですけど、そのタクシーの運転手の方も伊藤リリアちゃんだけ知ってましたね。沖縄の宝的なメンバーなんだと思います。
最後が山下瑞希ちゃん。よく二人で出かけてるというのが一番多くて28%でしたね。この二人は本当に仲いいんだろうなっていうふうに思いますね。
Speaker 2
まあいろんなところで二人で何々しに行ったみたいに出てくるじゃないですか。野木坂配信中でも一回ありましたよね。二人でイチゴ狩りに行きましたみたいな。あれでもこの二人の距離感っていうのがすごい伝わってきたし、すごい仲いいなと思います。
なんでってこともないですけど、僕あんまり山下瑞希ちゃんと伊藤リリアちゃんが仲良くなるイメージってないんですよね。例えば乃木坂46っていうクラスがあったとするじゃないですか。
同じクラスに山下瑞希ちゃんと伊藤リリアちゃんがいたとして、その二人が仲良くなる絵ってあんまり思い浮かばないんですけど、なんかねタイプも違うしね。でもお互いの波長がすごい合ってるなっていう気はしますね。
もうちょっとで山下瑞希ちゃん卒業しちゃいますけど、あともう一回ぐらい山下瑞希ちゃんと伊藤リリアちゃんの動画とかそういうの見たいなとは思いましたね。
以上リスナーさんからのメッセージコーナーでした。
Speaker 1
本日も最後まで聞いていただきましてありがとうございました。
水道電気ガス乃木坂46この番組は乃木坂を応援して12年の僕夢咲が批判悪口一切なしで乃木坂46について語っていきます。
この回がいいと思っていただけましたでしょうか。
いいと思っていただいた方はお友達への紹介、番組登録、通知の音をぜひよろしくお願いします。
次回も楽しみください。
43:47

Comments

Scroll