1. ホタテ
  2. talkのみ
2023-08-13 18:33

talkのみ

gm

Summary

サントリー美術館では新ジャパニーズペインティングに関するレポートが行われ、NHK BSプレミアムで放送されたクライマーズハイのドキュメンタリー映画について話されています。また、熊本の人気スポットである一郎久保門やGPT-4の進歩に注目し、そのマーケティングへの影響についても考察されています。さらに、南満州鉄道の客車がベトナムハロン線に残っていることや地域おこし協力隊などのニュースと音楽のコンテンツが届けられています。

サントリー美術館からクライマーズハイのドキュメンタリー映画
ではここで一曲お聴きください。
Deep In The Nightというアーティストですね。
では続き展覧会のニュースいきます。
無視滅る日本の人々 サントリー美術館で9月18日まで
新ジャパニーズペインティング レポート
クライマーズハイ NHK BSプレミアムで本日放送
スタローンのドキュメンタリー映画 トロント映画祭クロージング作品に選ばれたそうです。
熊本の人気スポット一郎久保門 加藤清正もいる庭木でアート作るおじいちゃん
一切アートで稼ぐ力を兄弟が謎の言葉に込めた思い
ディズニープラススターウォーズ ワットイフ風作品が検討中
水木有沙15歳で出演 24時間テレビの秘蔵映像を公開
建築光と重力の魔術師ピーターズン島 スイスインフォ
ピーターズン島ね最高ですよね。皆さんご存知ですか?スイス人の建築家なんですけど
この地域に即したバナキュラーと言われているものなんですけど
彼が生み出した言葉というかその建築スタイルなんですけど
スイスインフォのニュースピックアップされてるんでちょっと深掘り後でしようかなと思ってます。
テクチャーマガジン夏こそ行きたくなる自然豊かなホテルレストランカフェ
最近本当このテクチャーさんのいいですよね。
ニューヨーク外国川瀬市場145円ワンタッチ
カリフォルニアアップルの街カリフォルニア州クパチーノ
静岡新聞にやってきました。取材に行ったんですかね。楽しみ。
遠く東北マイホームへの夢手が届くのは全体の16%カリフォルニア州
シンガポール大統領選9月1日東海票へ
カナダ日本人から粋な贈り物に感動。カナダ人記者が受け取った企画外の優しさとは
来日した外国人が見た日本の美徳素晴らしさとは何か
ちょっとピックアップしておきますね。一曲いきましょうか。
熊本の一郎久保門とGPT-4の進歩
そしてはピックアップした5つくらいのニュース深掘りしていこうと思います。
絶対行くべきパリが勧めるおすすめショップ7000アンティーク
という記事ですね。リーという雑誌の記事ですけど
アントワネットポワソン
18世紀の手法で印刷する紙紙や壁紙や箱ファブリックなどは可愛いからばかり
アントワネットポワソン
ドゥ・ポングー
アンティーク家具から雑貨まで揃うブロカントショップ
家具のほかレトロ可愛い雑貨も扱う人気ECサイトもあるそうです。
ドゥ・ポングー
これ覚えられるかな。ドゥ・ポングーなんて覚えられないですよね。
シムラーヌ
インドの伝統的なファブリックを洗練されたパリ風にアレンジしているそうですね。
アイユー
ちょっとこれねウェブサイトリーさんですね。これチェックしてほしいなと思います。
パリでおすすめね。
マレ地区にあるアラブ、ユダヤの人たちが食べるピタパンみたいのがある店があるんですけど
それこそおすすめですね。
スイスインフォ
ピーターズン島のニュースですけどこれちょっと建築好きの僕としては掘り下げていこうかなと思います。
作品40点が自身の設計した施設で展示されているのが今オーストリアのブレーゲンツバルトで展覧会が開かれているそうですね。
ルーク・コルビジェを超える建築家なんじゃないかと言っているわけですけれども
輝ける石というのがテーマになっていますけど
2009年にプリッツカー賞というのを受賞したわけですけれども
これがピーターズン島に世界が注目するきっかけになったんですけどね。
今ロサンゼルスに美術館を建設中だそうですね。
一番有名なのは採掘企業が岩をね、スイスの岩を掘ったところのテルメバルスというのが
ナオシカの最後の言葉みたいな感じになってますけどあれはバルスなのかヴァルスなのかどっちのかわかりませんけれども
ここにあるホテルが有名ですね。あとはその礼拝堂みたいなのもそうですけれどもね
ピーターズン島と調べていただくといかにその建築家がおしゃれでかっこいいかって見ていただけるんじゃないかなと思いますけれども
ピーターソン島の建築家とロックインジャパンフェスティバル
では次テクチャーマガジンの夏こそ行きたくなる建築。昨日もスリランカの建築のことを話させていただきましたけれど
偶然スリランカの人と話す機会があって聞いたんですけどはいなかなかあの存じ知らなかったみたいですねやっぱ
ではピックアップしたニュースいくつか読んでいく中で
ウォーグジャパンの記事にジアイドル業界華やかな芸能界の裏側を描いた配信ドラマというのに5つ選ばれていて
ジアイドルユーネクストで見放題で配信中。次おしのこ。おしのこ面白いアニメですよね
それからエージェントなお仕事韓国セレブが実名出演しているフランスの大ヒット作をリメイクした芸能マネージャーたちのお仕事ドラマというのがエージェントなお仕事という
次流れ星ユーネクストで配信中の芸能界のリアルな現場とスターの禁断の恋ですね
最後にセレブリティ。眩いものだけが勝ち残るインフルエンサーということですね
ミミュから学ぶトレンドの徹底解析という風に書いてありますが秋冬ファッションニュースでは本命のカラーは淡いグレーだそうですよ
ソフトレザーがアウターの主役になっていくそうです
レイヤードなら大きめのフードがよく流行っていくそうです
あとはシースルーを仕込むのがポイントという風に書いてあります
だいたい今日こんな感じでニュースを読ませていただきました
今ちょっとスピーチの準備が19日のスピーチがあるのでその準備をやって朝起きたらずっと考えてましたけど
しっかりやっていきたいなと思ってます
皆さん良い一日をお過ごしください
ボンジョルネアビアント
虫めずる人々サントリー美術館で9月18日まで日本美術の多彩な虫の表現
桜田ファミリア2023ガウディ100円の謎に迫る19日夜放送NHKスペシャル
カラフルな一点もの彩る橋上美術館でデイリー東北
質感いける100点石巻特別展東福寺東京国立博物館のマイルキン販売が8月21日からスタート
音楽いきましょうどうぞ
4曲聴いていただきました続きます
鈴木敏夫とジブリ展また会えたね福岡市博物館で展覧会
これは絵画っぽさが残る
ベトナムの列車で撮った写真が味わい深い群発的ルネッサンスネトラボ
ベトナムで旅行中に撮った写真がミリエの感が絵画っぽいというな
全然言えてないですけど
まるで蜃気楼スマホが壊れて北海道の絶景が名作絵画風に変化おたくま経済新聞
クライマーズハイ vs プレミアムスタローンのドキュメンタリー映画トロント映画祭クローズ作品に
自立した女性のための映画そんなこと書いてありましたなんかうまく読めないですね
昨日IKEAに行ってきたんですけどたまにはいいですね
ちょっとスウェーデンに負けちゃいましたけど
あとえっと中東との問題もありますけれど
IKEAのね家具使いやすいところデザイン家具ってありますから
あれは叶えませんねH&Mとかザラとか
島村島村じゃない島村と島中と
頑張ってほしいなと思う頑張ってほしいじゃないな
えっとなんだっけ
はいじゃあ曲行きましょうすいませんいい加減で
次のニュース行きます建築地域おこし協力隊として活動する建築家
空き家を生かす街角オフィスを中心とした街づくりというのがチェックをしておこうと思います
光と重力の魔術師ピーターズンと今日の朝紹介したやつですね
現代美術ポートレイト写真とか参院中央新聞には鳥取県立初代美術館長予定者尾崎新一郎さんに聞く
初代館長予定者
次現代アート何塾かの注目アーティストを紹介ファッションスナップ
それから音楽はライブ中ロックインジャパンフェスティバルというのでですね
ウル全国ツアーファイナル公演のオンエア決定
スポティファイって音楽を検索すると同時にアーティストのライブも結構見れるんですよね
いつやるかっていうのもそれがいいなと思って
ライブコンサート僕あんまり行ったことないんですけど
いいですかぜひ行きたいなと思います
シャッターアートの制作に取り組むというのが下野新聞社というニュースもあります
2023年ファッションチェックというディーゼル限定コレクションも
WWDのニュースもあります
今日はそんな感じでニュースと音楽を届けさせていただきました
皆さん良い一日をお過ごしください
いくつか音楽サインを書きさせていただきます
と終わりかけたところでですね
ヌジャベスの曲をいくつか聞いてみたんですけど本当にかっこいいですよね
ピックアップのニュースもう少し深読みしていこうかなと思います
やっぱ音楽とトークのバランスがやっぱ大事みたいですね
もうちょっと読んでみようかなと思います
南満州鉄道の客車の残存
ベトナムの列車で撮った偶発的レッサンスというのが
未例の絵画というかこれもフェルメールですね
行商列車のおばちゃんたちの写真というのが出てますけど
これネトラボさんのニュースなんですけど
本当フェルメールの絵画みたいですね
ベトナムハロン線に残る南満州鉄道の客車に乗るという記事を書きました
という記事がありますけど
え?南満州鉄道の客車残ってるんですか?
これは知りませんでした
世界遺産のハロン港
港っていうのは湾というか港ですね
ハロンという場所がそうみたいですね
いやーこれは行ってみたいですねベトナム
でここは旧満州鉄道の列車が収容されているという風なニュースが出てますね
ちょっと次のページも見てみようかなと思います
そこに出ているのはいくつかツイッターが貼り付けられているんですけど
ツイッターの絵が出てすぐXに変わりますけどね
窓による最光
最光って光をとるですね
日常の所作を取り取った人物中心の構図という風に書いてあって
なんか小麦粉のわらのビニール袋に入ったのをみんなで眺めてるみたいな写真なんですけど
本当素敵ですね
地域おこし協力隊の活動
地域起こし協力隊として活躍する建築家の話がヒントポットというニュースがありますけど
長野県立立品町に引っ越して2年
元新聞記者の方が地域起こし協力隊としての活動と書いてありますね
建築家の永田健一郎さんというのがピックアップされていますけど
空き家の利用やリノベーションを進めるための企業など
街の活性化を目指しているというわけです
横浜との2拠点生活で気づいたこと
街歩きに大きな価値
東京で生まれて今も横浜との2拠点生活を送る中で
永田さんは街歩きに大きな価値があると気づいたそうです
立品町には鉄道はありませんが目的以外のものに目が行くこともあるし
新たな発見もあるというわけですね
ウィークデーは立品週末は横浜2拠点生活
羨ましいね
もう少し時間が取れるようになったら
そんなの理想的ですよね
そうしたら海外から友達も呼べるし
どうやって実現したんですかね
街角オフィス
さらに具現化すべく立ち上げたのが合同会社TARP
というふうなのを立ち上げているみたいなんですけど
実際は総務省の事業で
隊員1人当たり年間上限480万円の活動に対する経費が
国から支給されています
ちょっと待って
地域おこし協力隊
480万円まで総務省の事業でもらえるんですか
単純にちょっと調べてみてください
地域おこし協力隊ですね
ちょっとこれ本当に時間があれば
それをぜひねやってみたいなと思いますね
過疎や高齢化の振興が著しい地域において
地域外の人材を積極的に受け入れ
地域活動を行ってもらうというふうに
全部スポンサーがあって
総務省の記事ありますね
ちょっと開いてみますと
予算のことはちょっと書いてないかな
ホームページが総務省の中にありますので
これを見ればだいたいわかるかなと思いますけど
お試し地域おこし協力隊
主に203日
1団体あたり100万円上限で実施経費と
活動経費等は1人あたり480万円が
地域おこし協力隊
おおむね1年から3年
原則として都市地域から条件不利地域への移住が必要です
活動内は地場産品の開発
販売等地域おこし支援
農林水産業への従事
住民の生活支援等だそうです
1団体あたり200万円
活動経費等は1人あたり480万円だそうです
ぜひお時間に余裕がある人は地域おこし協力隊
試してみてはいかがでしょうか
じゃあちょっとニュージャベスの音楽の続き
これくらいでいいですよね
こんな感じにしましょう
こんにちは
18:33

Comments

Scroll