多忙な経営者のための、生の英語「TED」を使った、英語筋トレ。

『1日15分、トップのための聞く話す英語力』は
生の英語「TED」を使い、
多忙な経営者の英語のリスニング力とスピーキング力を伸ばすサポートをします。


(早く英語力を身につけたいビジネスプロフェッショナルのあなたへ、

そのポイントをこの概要欄の下に書きました。)


経営者のあなたの可能性を最大化する英語コーチ、misa です。

英語は、人生を豊かにしてくれる一つのツールです。

あなたが夢中で大切にしていることを

英語で次のステージへと拡げるサポートをします。


英語のリスニングもスピーキングも、

筋トレのようなものです。


英語は1日15分からでも

毎日続ければ

日本にいながら、

英語のコミュニケーションに自信つけることが可能です。


英語に自信をつけて活躍の場を広げ、

大切な人たちともっと豊かさを味わう

あなたのお手伝いをさせてください。

---

🔽こんな方に

- 中級~上級者の英語学習者

- ビジネスで海外進出したい方

- 経営者・経営幹部・管理職で英語が必要な方

- 英語のプレゼンやインタビューなどを聞きとれるようになりたい方


🔽対応アプリ

- Spotify(スポティファイ)

- Anchor(アンカー)

- Google ポッドキャスト

- Apple ポッドキャスト


🔽プロフィール:

  • 立命館大学経営学部 卒業
  • トゥールーズビジネススクール ウェブマーケティング修士 修了(フランス)
  • 東証一部上場企業 社長秘書、
    米国食肉輸出連合会 消費者向けマーケティングアシスタント、
    任天堂フランス社長(現 欧州任天堂社長)トリリンガルアシスタント 兼 マーケティングアシスタントを経て、2019年起業。
  • 英語 TOEIC960点
  • フランス語 ビジネスレベル(2007年~フランス在住)
  • 経営者の可能性を最大化する英語コーチ(サービス準備中)

▸ウェブサイト: https://eureka-infinity.com/

▸ツイッター: https://twitter.com/misaeureka

ポッドキャストを聞いて、

お役に立ちましたら、

SNSなどでフォローや、シェア、

ご感想をお聞かせいただけると嬉しいです。


--- 🔽英語力アップのポイント:

①英語を聞くだけでなく、繰り返し発音しましょう。

②自分の英語の発音を、録音・録画して、客観的に確認してみましょう。

---

~あわせて読みたい~

▶英語リスニングアップのコツ:

 https://eureka-infinity.com/english-listening-skill


▶英語スピーキングアップのコツ:

 

▶英語の目標設定のコツ:

 https://eureka-infinity.com/toeic-target-score

---

  • 💡応援はこちら

楽しんでいただけると嬉しいです☺

🥂 - https://www.paypal.com/donate/misae-iga-montenot

---

素材元:

TEDのウェブサイトでスクリプト(英語の文字起こし)を確認できます。

実際に英文を読んで聞いて練習しましょう。

TED is the owner of the TED Talk.


--- Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/eureka-english/message
00:06
こんにちは、経営者の可能性を最大限にする英語コーチ、eurekaのMisaeです。
このポッドキャストでは、TEDを使って、英語でビジネスをしたいあなたの夢をサポートします。
忙しい経営者のあなたでも、15分の隙間時間で取り組める内容にしていますので、ぜひ活用してみてください。
今日のポッドキャストで使うTEDの講演のタイトルは、
3 ways to lower the barriers to higher education TED Montereyで行われたアンドリアン・K・ハーガブルク氏の
高等教育の壁を下げる3つの方法についての講演です。
ハーガブルクさんの講演を聞く前に、英語の確認といくつか質問も受けましたので、その点に注意して聞いてみてください。
Teaching 教えること
Learning 学ぶこと
Spark 火花
Mess 存在に扱う台無しにする
Scale 削減する 縮小する
Expand 拡大する
Reach 届く 到達する
Upward of 何々より多い 何々を超える
Aspire 目指す 絶望する
Human Relations and Administration 人材関係と人材経営
単語の確認ができたところで、次の質問について講演を聞いてみてください。
まず一つ目の質問です。
What is the teaching for Mr. Haugabrook?
ハーガブルク氏にとって、教えることとはどのような意味を持っているでしょうか?
二つ目です。
How many students does the course Human Relations and Administration have?
ハーガブルク氏が提供している人材関係、人材経営のコースには何人の生徒さんがいらっしゃるでしょうか?
それでは聞いてみましょう。
ハーガブルク氏が提供している人材関係、人材経営のコースには何人の生徒さんがいらっしゃるでしょうか?
03:07
So what do we do?
We should take the most inspirational and engaging teachers and all that teaching charm that comes with it
and make bigger classrooms for them, scaling and expanding their reach.
So most classes are 20 to 30 students or in some cases a couple of hundred.
And online, you can reach thousands all around the world.
We currently have a course called Human Relations and Administration.
It's a foundational course for all undergraduate business majors.
This course has upwards of 3,000 students from all over the world.
The US, Canada, Germany, India and the list just goes on and on.
We also have classes that are upwards of 5,000
and we aspire to scale even more.
We want it so that wherever you have an internet connection, you can put a virtual butt in a seat.
さて、いかがでしたでしょうか?
プレゼンテーションということもあって、割とクリアにスピッチしてくださっているのではないかと思います。
大まかに意味を見ていきましょう。
Teaching, what about teaching?
教えることについてはどうでしょうか?
Well, teaching is at the heart of learning.
学ぶの中において、教えるということは最も大切なことだと言っています。
Heart of learning.
Teaching is the inspiration and the connection.
教えることはインスピレーションであり、つなげることです。
It is the spark that connects the learners to the information.
それは火花である。
学習者を情報に結びつける火花であると言っています。
So there is nothing that we want to do to mess with that magic.
そのマジック
マジックを無駄にするようなことはしたかありません。
But we do know that teaching is one of the higher costs of education.
ですが、我々は教えることが教育において最も高いコストであることの一つだと知っています。
But we do know.
Do knowということで、知っていることをdoで強調しています。
So what do we do?
06:01
それでは私たちは何をしましょうか?
一文が長いので少し分けて説明していきます。
We should take the most inspirational and engaging teachers.
我々は最もインスピレーションがあって情熱のある先生たちを採用すべきです。
And all that teaching charm that comes with it and make bigger classroom for them, scaling and expanding their reach.
その先生方を生徒を大きなクラスに集めた生徒たちに準備して
教師の教えを最大限に最大数の人たちに届くようにします。
先ほど単語説明の中でスケーリングを縮小すると申し上げたんですけれども
ここではスケーリング and expanding their reach ということで最大化するという意味ですね。
日本語でもスケールメリットという言い方がありますけれどもそのスケールです。
So most classes are 20 to 30 students or in some cases a couple hundred.
ほとんどのクラスの多くが20人から30人の生徒のところが多いです。
場合によっては100人以上の生徒がいるクラスもあります。
ですがオンラインでは何千人もの世界中の人たちに届けることができます。
私たちは今人材関係、人材経営に関するコースを提供しています。
これは基礎的なクラスです。
経営を学んでいる学生のすべてにとってこれは基礎的なコースになります。
このクラスには3000人を超える生徒が世界各国から参加しています。
アメリカ、カナダ、ドイツ、インド、リストはまだまだ続きます。
我々のクラスには5000人を超えるクラスもありますし
09:04
もっとたくさんの生徒が参加できるクラスを作りたいと思っています。
私たちはそれを作りたいと思っているのは
インターネットさえあれば
あなた生徒にインターネットで参加して参るからです。
スピーチを聞いていてお分かりになったかと思いますが
だいぶ変わってきましたね。
大事な言葉は強調して発音していることが分かります。
例えば
それでは先ほど問題に出しました。
質問についてあなただったらどのように答えるか考えてみましょう。
私はアメリカに住んでいます。
アメリカに住んでいます。
アメリカに住んでいます。
少し考える時間を設けますので
あなたでしたらどのように答えるか考えてみてください。
それでは回答の一例です。
ハウガブルクさんはスピーチの中で
と言っていました。
また
とも言っていました。
それでは2問目です。
いくつか数字がスピーチの中で出ていましたので
混乱された方がいらっしゃるかもしれませんが
分かりましたでしょうか。
スピーチの中では
と言っていました。
ですから答えは
どこの国から来ているかも聞き取れたでしょうか。
アメリカ、カナダ、ドイツ、インディア
リストはまだまだ続きます。
と言っていました。
それではここでもう一度スピーチを聞いてみましょう。
ぜひ聞こえた通りに発音を聞いてみてください。
教える。教えるのはどういうこと?
教えることが学びの中心だ。
教えることは
12:00
繋がりのインスピレーションだ。
繋がりのスパークだ。
教えることが
学ぶのを目指す。
教えることは
教えるのを目指す。
教えることが
教えることが
学ぶのを目指す。
教育は教育の高い価値の一つであることを 知っているのではないか
何をすべきかと言うと
最もインスピレーショナルで 活躍する教師を選ぶべきだ
そしてその教育の魅力が 教育に加わってくる
教育の魅力が教育に加わってくる
教育の魅力が教育に加わってくる
教育の魅力が教育に加わってくる
教育の魅力が教育に加わってくる
教育の魅力が教育に加わってくる
教育の魅力が教育に加わってくる
教育の魅力が教育に加わってくる
教育の魅力が教育に加わってくる
教育の魅力が教育に加わってくる
教育の魅力が教育に加わってくる
教育の魅力が教育に加わってくる
教育の魅力が教育に加わってくる
このコースには世界中の 4000 人が応募してきています
このコースには世界中の 3000 人が応募してきていました
このコースには世界中の 3000 人が応募してきています
5万人を超えた教育も持ってきています
そしてもっと大きく 支援していきたいです
インターネットの連携は
インターネットの連携は
インターネットの連携は
もしよければ感想などをお聞かせいただけると嬉しいです
概要欄の方にこのテッドの講演の内容ですとか私のSNSのアドレスも貼っておきますのでチェックしてみてください
このポートでキャッスルが良かったよという方はシェアしていただけると嬉しいです
それではSee you next time! Bye!
14:20

Comments

Scroll