俺は自分の手で始末する/仇討ちから死刑制度に移行した約束/死刑反対3つの理由(国家とて命は奪えない・誤判・更生の機会)に反論/無視される被害者の尊厳/加害者に権利はない/命には命での償い/命に対しては未成年も例外なし/

#政治 #哲学 #思想 #死刑制度 **********

●電子書籍●

Podcastで配信されたトークを番組では削除した部分も含め、完全テキスト化しました。※Unlimitedなら0円で読めます。

「革命1 」⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://amzn.to/3MC4PxJ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

【革命2】⁠⁠⁠⁠https://amzn.to/46mahvD⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ ────────────────────────────── 【Web Site】⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://ameblo.jp/b-pimo⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ 【Twitter】 ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://twitter.com/canon_yuhki⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ 【お仕事のご依頼/メッセージ】 ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://b12.moo.jp/contact/⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ ────────────────────────────── ▼プロフィール▼ 有城 佳音 (作家) 2000年 13年の閉塞ののち、処女作品集「雨のように、きこえる」にて作家デビュー 2003年「射精と中国、シンプルなセックスと穴掘り」※「中国」というワードが問題となり、某文学賞内定取り消し 2009-2013年 so-net blog 本部門で4年間1位を獲得  2010年 閉塞する社会から逃れるため妻で画家/音楽家の有城見萌により「B-factory12」設立。海外出版エージェントと契約(ブルーレット・テロ」中国語圏翻訳) 2014年 敗北。大手商社勤務から日雇いまで、あらゆる労働体系で働く。 2020年 YouTubeにて「マイノリティ文学アンダーグラウンド」朗読ch開設 2021年 毎日新聞×文芸社短編受賞  2021年12月神戸新聞文芸優秀賞受賞  有城見萌(音楽家/画家) 集英社「You」にて倉持知子さんとのコラボで一年間連載など。 有城佳音の作品を形にするため、有城佳音 全著作の絵、YouTube朗読チャンネル「⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠マイノリティ文学アンダーグラウンド⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠」すべての作品の朗読・音楽制作・演奏・ペーパーアート・絵で表現。 B-factory12 2010年、文学の世界の閉塞感から逃れ妻で音楽家・画家の有城見萌により、B-factory12(ビーファクトリー)を開始。中国出版エージェントと契約など、独自の独創的な活動を展開。 5年間の活動休止後の2019年、9月よりYouTube/PodCastチャンネル開設。性と死と哲学をモチーフとした有城佳音の小説と、有城見萌の音楽の融合したオーディオブックを配信。「Synchronicity」シリーズ配信。

Summary

死刑制度についての議論を通じて、被害者の尊厳と加害者の権利について考えます。

Table of Contents

死刑制度の存続の是非
こんばんは、ゆうきかのんです。
こんばんは、ゆうきみもです。
革命を起こすってなったらね、いろんなことを考えなきゃいけないんだよ。
死刑制度ね。革命が起ころうと、今が存続しようと。
俺は死刑制度っていうのは、存続していいと思ってるんだよね。
ある意味、死刑制度は反対かもしれない。
自分の手でやりたいのね。
だって、刑務所に行かれたら手出せないから。
じゃあ、それだったら無罪で出てきてください。
俺が自分の手でやるからって。
でも、その気持ちっていうのはすごいわかる。
そりゃそうでしょ。被害者はみんなそうだと思うんだよ。
そういう気持ち抱えてると思うわ。
俺の大切なものを奪った奴がいるんだとしたら、
そいつが出てくるまで、どんな形でも長生きして、
自分の手で始末するよって思うんだよね。
被害にあったらみんなそうだって。
それはそう思う。
江戸時代、仇討ちっていうのが許された。
肉親が被害者だよね。
それが加害者を処分していい。
それが明治になって、禁止になったんだよね。
その代わり、国家が変わって処罰します。
ってなったわけ。
じゃあ、それが国家も処罰しませんってなったら、
その約束はどうなるんだろうねって思うんだよね。
社会がどうだとか、そういうのはあまり関係ないって思うんだよ。
死刑廃止への議論と反対理由
例えば国の法律で、16歳からバイクの免許取っていいわけじゃない。
でも高校は禁止だよね。
そうだね。
自分が属してる社会の問題でしょって思うんだよ。
だから、欧米ではとかって言う人いる?
関係ないよって。
俺たちがどう考えるかだと思うのね。
死刑廃止国っていうのは、全世界の7割。
ほとんどってことだね。
そう。108カ国が廃止。
事実上、10年以上にわたって死刑が執行されてない国を含めると、
144カ国あるんだよ。
だから何ですかって思うんだよ。
少ないの。死刑をそのまま存続している国。
死刑存知国って言うんだけど、それは少ない。
だから先進国の中で言えば、日本とアメリカと韓国かな。
そうなの?
だから多数決で決めるものでもないでしょうと思うんだよね。
死刑に反対している理由っていうのは3つあって、
1つは、生命の価値は絶対であって、国家も個人の命を奪えない。
2つ目が、誤判だよね。間違えた判決で。
それは怖いと思う。
死刑を執行してしまったら取り返しがつかないってことだよ。
3つ目は、人は変わり得るってことなんだよ。
犯罪者でも公正できるじゃないか。
寛容と共生の社会を作っていくってことなんだよね。
ふざけるなって思うんだよ。
それは変わるかもしれないけども、
でも被害者はもう殺されてしまってるんだよね。
そうだよね。被害者は変わり得ないんだよね。
なんで殺した人が変わり得るチャンスを、
俺たちは与えなきゃいけないのかなって。
それはいつも被害者の人権よりも、
加害者の人権の方が尊重されるでしょ。
それおろかしいって思うんだよ。
そりゃ生きてる者の方が大事っていう考え方はあるかもしれないけども、
でもそれは普通に生きてる人の場合であって、
だって自分は手を出して殺しておいて、
その後幸せに生きていけますっていうのは何か違うと思う。
変わりましたっていうのは違うと思う。
そんなのはないと思うな。
生命の価値は絶対だり、国家も個人の命を奪えないってことなのね。
これ戦争ダメじゃんって思うんだよ。
そりゃそうだ。
だって戦争に行く人は犯罪者じゃないんだよ。
でも刑務所で死刑の判決を受けた人たちっていうのは犯罪者だよね。
なんで犯罪者の命を奪っちゃいけなくて、
国家が戦争で命を奪っていいのかってことだよ。
他国だったら奪っていいのかってことなわけじゃん。
別に戦争を否定はしてないけど、これ矛盾があると思う。
そして2つ目のお前がそれは怖いって言った5判ね。
これは怖いと思う。
いや俺は違うと思う。
死刑にしてしまえば取り返しがつかない。
いやいや違う違う。5判自体が取り返しがつかないことなんだよ。
例えば無実の罪で20年刑務所に入っているのも、それはあってはならないことなんだよ。
死刑とかの問題ではなくて、これはあってはならないんだよ。
小さい話かもしれないけども、痴漢だってあってはならないんだよ。
それで社会的な信用をなくしてしまうわけだから、5判は絶対にあってはならないんだよ。
これ死刑の反対の理由にはならないって俺は思うんだよ。
命だけじゃないから大切なのは。
逆に言うと命が奪われる方が、その後全て社会的信用を失って生きていくことの方がずっと苦しいことになるかもしれないから。
だからこの3つともって納得できないんだよ俺。
俺は命を奪ったものは命で償うしかないと思ってるんだよ。
それは未成年も関係ないと思ってるの。
私もそれはそう思う。
人の命を奪うという行為は、例えば5歳の子がやってたとしてもそれは罪だよと思う。
許されない罪だ。被害者がいる限り。
例えば自分に子供がいました。22歳の犯人に殺されました。
でも15歳の子供に殺されましたってなったら同じなんだよ。
こちらが受けているダメージは同じなのに年齢によって違いが出てくるっていうのは俺はおかしいと思う。
確かに法律っていうのは公正を目的としているものだから。
でも違うものは違うと思うし、世界がどう言おうと世間がどう言おうと俺はその立場になったらみんなそう思う。
なんであいつが生きてるんだ。自分の子供はあるいは自分の大切な人はもういないのになんであいつは生きてるんだって思う気持ちは当然だと思うんだよね。
それに対して倫理を解くのはおかしいと思うんだよ。倫理を解かれるのは犯罪者の側だから。
全部話が狂ってる気がするんだよ。物分かりが良さそうな方に倫理を問うんだよね。
それは犯罪だけじゃなくてあらゆることが。それって理不尽なことだと思うんだよ。
だから俺は自分が革命を起こしてもう一つ船を作ったとしても犯した罪は等価のもので償ってもらうのが正当なんじゃないかなって思うしそれが公平だと思うんだよね。
金持ちだから年齢が若いから反省の余地があるから変わるかもしれないからってそれはもう変わらないんです。その一点でもう変わらないものができてしまった以上それは責任を取らなきゃいけないっていうのが倫理の基本なんじゃないかなって思います。
電子書籍の方でも曖昧なところをきちんと明確にしてあまり危機を煽りたくないこういうポートキャストではだから電子書籍の方ではきちんと深く考えて文章として組み上げていますのでそちらの方も概要欄のリンクよりよろしくお願いします。
それではまた。
09:32

Comments

Scroll