1. 【朗読&トーク】マイノリティUG&トーク Channel B.
  2. 【政治/選挙】ゼロから「2名」..

政治団体届け提出時の心境/書類を確認されているときの気分/総理を目指す人の心境/厳めしい選挙管理委員会/ゼロから更地で「2名」から政治家スタート/わかりやすい人間関係も政治もないけれど/

#革命 #政治 #哲学 #思想 #保守 #選挙

──────────────────────────────

※Webでは画像・動画入りの日記など毎日更新しております

【web】 ⁠⁠⁠⁠https://b12.moo.jp/⁠⁠⁠⁠

【Blog】⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://ameblo.jp/b-pimo⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ 【Twitter】 ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://twitter.com/canon_yuhki⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

【AmazonKindle】 ⁠⁠⁠⁠https://amzn.to/40VLPA1⁠⁠⁠⁠ 【お仕事のご依頼/メッセージ】 ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://b12.moo.jp/contact/⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

────────────────────────────── ▼プロフィール▼ 有城 佳音 (作家) 2000年 13年の閉塞ののち、処女作品集「雨のように、きこえる」にて作家デビュー 2003年「射精と中国、シンプルなセックスと穴掘り」※「中国」というワードが問題となり、某文学賞内定取り消し 2009-2013年 so-net blog 本部門で4年間1位を獲得  2010年 閉塞する社会から逃れるため妻で画家/音楽家の有城見萌により「B-factory12」設立。海外出版エージェントと契約(ブルーレット・テロ」中国語圏翻訳) 2014年 敗北。大手商社勤務から日雇いまで、あらゆる労働体系で働く。 2020年 YouTubeにて「マイノリティ文学アンダーグラウンド」朗読ch開設 2021年 毎日新聞×文芸社短編受賞  2021年12月神戸新聞文芸優秀賞受賞  有城見萌(音楽家/画家) 集英社「You」にて倉持知子さんとのコラボで一年間連載など。 有城佳音の作品を形にするため、有城佳音 全著作の絵、YouTube朗読チャンネル「⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠マイノリティ文学アンダーグラウンド⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠」すべての作品の朗読・音楽制作・演奏・ペーパーアート・絵で表現。 B-factory12 2010年、文学の世界の閉塞感から逃れ妻で音楽家・画家の有城見萌により、B-factory12(ビーファクトリー)を開始。中国出版エージェントと契約など、独自の独創的な活動を展開。 5年間の活動休止後の2019年、9月よりYouTube/PodCastチャンネル開設。性と死と哲学をモチーフとした有城佳音の小説と、有城見萌の音楽の融合したオーディオブックを配信。「Synchronicity」シリーズ配信。

Summary

結城香音さんと結城美萌さんは政治団体設立届を提出しました。選挙管理委員会は提出された届書を受理してくれました。彼らはホームページを作り、政治団体の情報を発信しています。また、選挙管理委員会からの指示に従い、区役所には看板を掲示しました。彼らは緊張感を持ちながら、政治に関する写真や動画をホームページに掲載しています。政治資金規正法に従い、政治団体の運営は厳しく管理されています。

Table of Contents

政治団体設立届の提出
こんばんは、結城香音です。
こんばんは、結城美萌です。
昨日、政治団体設立届を提出してきました。
無事に受理されました。
そんなに行くときは、そこまでの緊張感はなかったんだけど、選挙管理委員会っていう部屋があって、その部屋の前に大きな看板が…
ホームページにね、写真と動画を出してますので。
はい、そちらをご覧いただいてたら。
あのね、凶悪犯罪が起こったときにさ、対策本部って字の上手い人が書くじゃん。ああいう看板がかかってるんだよね。
俺、全然違うイメージ持ってる。
私も。
俺、何も知らなかったから、選挙管理委員会に行くとは思ってなかった。
そこも分かってなかった。
何も分かってなかった。お前が全部やったからね、って言って。
でかいんだね。
そう。
緊張した。
緊張が。
一号館とか、西館とか、二号館、三号館とかあって、一つがすごいでかいんだよね。
そうそうそう。
それで、入り口がないんだよね。俺たち山川から入ったから、入り口がないんだよね。
地下駐車場があって、そこのおじさんに聞いたら、あの付け与えのドアから上がっていいよ、つって。
そっから上がって、何も知らないまま降りたんだね。じゃあ、すごいさっきのイカ飯、看板が出てて、マジ?って思った。
なんか、包帯砲の対策ホームみたいになってて、なんかね。
その看板を見た途端に、ものすごい緊張してきて。で、ドアを開けたら、結構広かったでしょ、中が。
広かった。うん。
あんな感じになってるとも思ってなかったから。
いや、その中の人も、あんまりさ、人来ないじゃん。だからみんなさ、何しに来たんだろうっていう上でみんな見てさ、何ですか?みたいな。
うんうんうん。
あの、生徒の届けで行きました。ああ、そうですか。ちょっと、こちらでお待ちくださいって言われて。
うんうん。
で、俺、区役所とかのカウンターみたいなとこだと思ったんだよ。
私も。
でも、普通の部屋なんだよね。
うんうん。
で、そこに椅子が置いてあって、テーブルがあって、そこ座って。
うん。でね、その、そこでも、あの、結構時間かかってね。
まあ、不備が多いから。
そう、なんか、間違ってるところが多くて。
うん。
で、こう、二重線引いて、印鑑をしたりとかして。
うん。
訂正して。
うん。
で、それが終わった後に、一箇所ちょっと。
分からない。
分からないところがあって、調べてきますって言って。
うん。
20分ぐらい待ったんだよね。
うん。
その間さ、もう、いいです。
ははは。
私も、もういいですって言って帰ろうかなと思うぐらい。
もう、いいですって言って。
うん。
帰りたい気持ち、山々だったんだけど、その人がいなくなったから、帰りますっていう人もいないわけじゃない。
うん。
受験で合否が出るのを待ってるような気分になってって。
うん。
なんか見るもんないかなと思ったらさ、なんか清掃のおばさんみたいなのがいてさ。
それをずっと20分見てさ。
で、お前がさ、怒ってない?
ははは。
怒ってない?っていうか、いや、なんで、なんで俺が怒るんだろうと。
ははは。
怒ってないよ。
いや、かのんさん、あんまり待たせると、タップしていく気がして。
あの、緊張感っていうのは、なかったんだよ。
うん。
総理を目指す人がさ、そんなとこで。
まあ、まあ、そうね。
緊張してもしょうがないわけじゃん。これから。だって、そこに座ってりゃいいだけの話だから。
ははは。
これからやんなきゃいけないことって、いっぱいあるわけじゃん。
そうね。
それを考えたらさ、こんなとこで緊張してもおかしいなと思うから、緊張は全然しなかったんだけど。
うん。
それ、今、タバコの本数減らしてるのね。外でほとんど俺、吸わないじゃん、タバコ。
吸わないね。
タバコが吸いたくて、吸いたくて。だから、どっかでやっぱり緊張をして。
イライラしてるの?
うん。イライラ、イライラっていうか、緊張してるんだよね。
緊張が。
タバコ吸いたいな、タバコ吸いたいなって、ずっと思ってただけかな。で、まあ、受理されて。
受理されるときに、選挙管理委員会の人のハンコをね、押してくれるのね。
これをね、ウェブに出してますので。
見てください。でね、そのハンコを押されたときにね、やっぱりね、ちょっと。
まず、ホッとした。
うん。
ああ、よかったって思ったんだけど、いやいや、これで、これで終わりじゃないから、こっから始まるんだからって思って。
選挙に当選して、みんなバンザイって言うじゃん。そこゴールじゃないから、そっから始まりだからっていうのと同じように。
役所ってね、役所いって、そうだね、ずっと思い出してることがあって。
うちの親父もね、こう、自分で会社知ったりとか。
うん。
政治家の秘書とか知ったから、あちこち役所行くわけ。
うん。
選挙管理委員会との緊張
あんな感じなのよ。
ああ、そっか。
うん。まあ、顕著者、古いし。
うん。
なんか、感じとしてね、なんか、あ、子供の頃よく待ったなって。
ああ、そういうの思い出してたね。
うん、そう。あ、その親父もういないんだなあ。
ああ、そうか。
うん。
必要なときいないんじゃないか、ね。
はっはっ。いや、でもね。
うん。
みんな、今いたらいいなって思う人は、みんないない。
いないね。うん。
だって親父の本職なわけじゃん
言ってみれば
それでいないんだな
いろんなこと聞けたのにね
まあねゼロから歩き始めて
さらちを二人で歩き始めるんだけど
これからねいろんな人と出会っていくだろうし
いろんなことをまた学んでいくと思うのね
思ってることと実際は全然違ったりするから
人ずつぶつかっていくだろうし
生きてる心地がしないっていうのは確かだね
政治っていうのはね
そんなに難しいものじゃなくて
もうすでに人生の中で生きながらにして
みんなやってるのね
今勤めに出てる人も
自然にその政治っていうのをやってるんだよ
でもその政治っていう言葉にするとね
そういちいちこれは政治だとか
と思ってるわけじゃないから
だからなんか難しい感じがしてしまうんだけど
政治をやってるよね
みんな自分がどの立場を取ったらいいかって考えてるし
どうしたら便利になるだろうか
その人間関係でもね
便利って変なんだけど
スムーズにいくかってことを考えてやってるから
自然に政治やってるんだけど
さっきも言ったように
言葉にするとね
ウェブの写真を見てもらうと
分かるんだけど
兵庫県選挙管理委員会っていう看板がね
ボーンと出てるわけよ
人を寄せ付けないんだよね
なんだろう
そこにこうなんだろう
よく最近区役所とかあってさ
イラスト入ったりとかさ
なんもないんだよね
来んなっていう
来る時は覚悟しなさいよっていうような看板がかかってて
政治団体の役割と挑戦
写真見てもらったら分かるんだけど
奥の方にガードマンが
そう
あの廊下のね一番ね
真奥にね
立ってて見張ってるのね
だからそっちの方がね
政治って難しくしてるなって
政治資金規正法とか難しいって思うじゃん
でも分かりやすい政治っていうのはないんだけども
ないんだよ
分かりやすい人間関係がないように
分かりやすい政治っていうのもないんだけども
やらなきゃいけないことっていうのはやらなきゃいけない
政治団体の
届け出をして
自分を決めるとね
楽だっていうのはあるね
そうだね
廃業作家では
言えないラインがあったりとか
言わない方がいいかなっていう
ラインがあったりとか
でもそれ自分自身が政治家
になるっていうのは
言葉にしやすい部分も
出てくるんだよね
政治家っていう人が
言ってたり
書いてることを
聞きに来るのと
作家だった人が
書いてることを
聞きに来るのは
向こうも違うと思うんだよね
違うねそれは
だってお坊さんに会う時は
こっちもお坊さんに会うんだと思うわけじゃん
でも坊さん廃業っていう人と会う時には
いまいちよく分かんないところがあるわけじゃん
坊さん廃業ってことは
基本的にまだ坊さんって言ってるわけだから
坊さんなんだなって思うわけじゃん
だから自分が使える言葉もどんどん
変わって来てると思うし
この聞いてくださってる方もね
これから頑張っていきますので
ご支援、ご協力
よろしくお願いします
猫の手を借りたい
いろいろね
ブログとか
いろんなのも見てて
この人
正しいこと言ってるなっていう人
何人か見つけてるのね
そういう人ともね
協力していけたらいいなと思ってるし
そちら側からね
うんうんうんうん、そうだなあ
措置をしてくださっても
みんなで作っていく国だと思っているし
この党もそうでありたいなって思っています
新生こと政治団体届を提出しました
これから頑張っていきますので
どうかよろしくお願いします
ホームページの方には写真付きで
動画もね
今日は大した動画じゃない
歩いて行っている動画を出しているので
この人たちがプラゲートどんな感じかなって
気になっている方はね
ぜひアクセスしてください
よろしくお願いします
ということでまた明日
09:57

Comments

Scroll