覚悟とは何か?/正義正論はマスターベーション/ある主婦の非現実な正義/平和は憲法9条で守られていない/交渉術とは/自分を守る人は変えられない/叱れない時代/ITが委縮させる/人は痛さでぬくもりを知り社会を作る

#革命 #政治 #哲学 #思想 #保守 #日本 #交渉術⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ ──────────────────────────────

※Podcastで配信したトークの電子書籍をWebにて全文掲載しております。→ https://b12.moo.jp/

【Blog】⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://ameblo.jp/b-pimo⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ 【Twitter】 ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://twitter.com/canon_yuhki⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

【AmazonKindle】 https://amzn.to/40VLPA1 【お仕事のご依頼/メッセージ】 ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://b12.moo.jp/contact/⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

────────────────────────────── ▼プロフィール▼ 有城 佳音 (作家) 2000年 13年の閉塞ののち、処女作品集「雨のように、きこえる」にて作家デビュー 2003年「射精と中国、シンプルなセックスと穴掘り」※「中国」というワードが問題となり、某文学賞内定取り消し 2009-2013年 so-net blog 本部門で4年間1位を獲得  2010年 閉塞する社会から逃れるため妻で画家/音楽家の有城見萌により「B-factory12」設立。海外出版エージェントと契約(ブルーレット・テロ」中国語圏翻訳) 2014年 敗北。大手商社勤務から日雇いまで、あらゆる労働体系で働く。 2020年 YouTubeにて「マイノリティ文学アンダーグラウンド」朗読ch開設 2021年 毎日新聞×文芸社短編受賞  2021年12月神戸新聞文芸優秀賞受賞  有城見萌(音楽家/画家) 集英社「You」にて倉持知子さんとのコラボで一年間連載など。 有城佳音の作品を形にするため、有城佳音 全著作の絵、YouTube朗読チャンネル「⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠マイノリティ文学アンダーグラウンド⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠」すべての作品の朗読・音楽制作・演奏・ペーパーアート・絵で表現。 B-factory12 2010年、文学の世界の閉塞感から逃れ妻で音楽家・画家の有城見萌により、B-factory12(ビーファクトリー)を開始。中国出版エージェントと契約など、独自の独創的な活動を展開。 5年間の活動休止後の2019年、9月よりYouTube/PodCastチャンネル開設。性と死と哲学をモチーフとした有城佳音の小説と、有城見萌の音楽の融合したオーディオブックを配信。「Synchronicity」シリーズ配信。

Summary

正義と正論を唱えても何も変わらないと言われています。何かを変えるためには、自分自身が汚れる覚悟をしなければなりません。政治においても手を汚さなければ何も変わらないとされています。

Table of Contents

手を汚す覚悟
こんばんは、ユキカロンです。
こんばんは、ユキミモです。
何かをやるときに覚悟する。手を汚す覚悟をするのね。
正義とか正論をどんなに立派に唱えてても何も変わらないんだよね。
何かを変えるっていうのは、自分が汚れる覚悟をしなければ変わらない。
昔ね、ある普通の奥さんと話してて、恵まれた生活環境にあるんだろうね。
あなたの旦那さんが会社に行く。そこでは犯罪とは言わないまでも意に沿わない。
道徳的に反することをやらなきゃいけないこともあるよね。
その上でその生活が成り立っているんだよっていう話をしたら、意に沿わないことまでして働かなくていい。
単純に言えば、当時リストラで肩を叩き役っていたわけで、肩を叩いた人は路頭に迷うんだよね。
心的には意に沿わないし。
そんな役はやりたくない。
組織ってそうなんだよね。野球でもサッカーでも正々堂々と戦える役割の選手っているんだけども、
ファールを犯してでも止めなきゃいけない選手っていうのもいるので、それは役割であるんだよね。
でもその人は、そんなことするんだったら会社辞めればいい。
これが多方の現実なんだろうなと。
日の子のかからないところにいて豊かであることの現実なんだろうなと。
日本も軍隊は持っているんだけども、米軍があることで守られているんだよね。
憲法9条で守られているわけではないんだよ。
憲法9条なんて他の国から見たら紙に書かれた言葉に過ぎないんだよね。
だからこの平和を守ってきたのは憲法9条ではなくて米軍なんだよ。
それはアメリカの核の下にいるってことも含めて、
俺たちは核を持っていないって言うけども、
いや、他の国から見たら持っているんだよ。
そこの上辺の部分と現実の部分がうまく理解できていないのが、
この国の今のようになった惨状なんじゃないかなって。
まあ勤めに出てても、何かを変える時ってどう言えばいいんだろう。
組織と役割
例えば交渉の仕事っていうのをしてきたんだけど、
それは相手のウィークポイントを調べ上げて、そこつきますよって思うんだよね。
もちろんそれは法律には反さない。
でも倫理的にはどうかっていうラインに踏み込むよね。
別の局面では人を織り渡すよねって思うんだよね。
仕方がない。
100人それで助かるんだったら1人を織り渡す。
もちろんそれは法律には触れない。
1人の首を切るってことがあるよね。
でもそれは俺の中で罪悪感を伴うし、
あいつはそれをする人間だっていう目でも見られるよね。
その見方でありながら守った人間に見られるよね。
だから何かをする時っていうのは、
自分の手を汚すことを覚悟しなければ何も変わらないのね。
政治もそうだと思う。
いい人いい人。
いや自分は正義に反するとか。
いや関係ないんだよ。
変えるときはそれは手を汚さなきゃいけないんだよって。
それは法律。
自分がこれからやっていくことっていうのは法律に触れたりとか、
そういうことはやらないって言い切れないんだよね。
現時点では今日はやらない。
明日もやらないけども。
でもこの国をそれで守れるんだったら、
俺は手を汚すって思う。
それができないんだったら言わないよ。
そもそもこれを言い始めないよって思うんだよね。
逆に言うとみんな今のルールの中で、
手を汚すことの重要性
自分自身が手を汚さずに変えようって思ってるから選挙出るんだと思うんだよね。
それじゃ変わらないんだよね。
それに政治っていうのも手を汚さないと何も変わらないんだよ。
それはそうだと思う。
私ね、子供を産んでないからこういうことは言えないけども、
でも子供を育ててる人は多分その気持ちわかるんじゃないかなと思う。
よその人は子供に対していいことも言うだろうし優しいことも言うかもしれないけども、
でも自分の子供だったら絶対に嫌なことも言わなきゃいけないだろうし、
怒らなきゃいけないし、それによって子供に嫌われるかもしれないけども、
でもやらなきゃいけないことがあるじゃない。
だからそれをやっていってると思うね。
会社でもそうだけども、そういう役の人もいると思うね。
嫌なことも言わなきゃいけないだろうし、
嫌なこともやらないとみんなの願いも叶わないかもしれないしね。
それができなくなっちゃったんだろうなって思うね。
アナウンサーでもとんでもない言葉を使うじゃない。
犯人の男は腹を刺されっていうことが通ってしまう。
それはもちろんアナウンサーの方が悪いわけじゃなくて、
人間を叱る人間がいないんだと思うんだよね。
犯人は腹部を刺され金品を奪いなんだね。
腹を刺され金を奪い逃げましたっていう。
それまずいでしょうって思うんだけど、
でもそれを言ってしまったらパワー腹だとか、
要するに何もできなくなっちゃったんだよな。
子供の教育に関しても、
もちろん俺は子供がいないから何も言えないんだけども、
学校で先生が怒ったら父兄から文句が言われるとか。
でも俺たちのときは、もう殴ってもいいからって言ってたら
先生は任せますって。
この子言うこと聞かないから殴っていいですからって。
そこまでは先生はしないんだけども。
でも基本的にそこまでフリーハンドの権利を与えないと
教育ってできないんだよね。
でもそれができなくなっちゃったと思うのよ。
それとこのインターネットあるいはテレビっていうのが
全国につながってるわけじゃない。
それをすることで全体的に萎縮しちゃうと思うのよ。
東京発でしょ全てが。
関西帰ってきてびっくりすることがあるのよ。
それで当たり前なんだよ。
当たり前なんだけど道端で子供が大声で叫んでるんだね。
そしたらお母さんが頭パチンと叩くんだよね。
お前うるさいみたいな。
関東では見ない光景。
関西と関東っていうのは全然違います。
例えば中学生でも高校生でも挨拶するのよ。
こっちの子って。
朝ゴミとか捨てに行くじゃん。
高校の子とかいるじゃん。
そしたらおはようございますって挨拶をするんだよね。
関東では見ない。
あんまり関係ないんだよ周り。
でもやっぱりしつけの部分だよね。
ちゃんと挨拶しなさい。
礼儀正しくしなさいって教えられてるんだろうね。
それは俺も子供の頃教えられてきたし。
でもそれは結局頭パシーンていうとこからスタートしてるんだけど。
でもそれがベースなんじゃないかな。
いいよって思うんだよ。
子供を和んないと分かんないって思うんだよ。
自分も含めて。
痛い目に遭わないと分からないし、
子供が分からないだけじゃなくて、大人も分かんないから。
自分が痛い目に遭って、
いい意味でも悪い意味でも反省するからね。
だから子供を育てるってことも、
やっぱりそれは手を汚すことだと思うんだよ。
そのラインってすごく難しいんだけど、
でもそのラインっていうのは親の権限。
殺すとかダメよ。
それはそこまで行ったらやりすぎ。
だからご飯食べさせてもらえなかったこともあるし。
それってまずいんじゃないって、
今はみんな右斜じゃないけど、
こんなことしたらって思って教育ができてないんだけど、
そしたら会社もそうなる。
だからサボってるやつがいたり。
怒っていいよって言うんだよ。
でもいや、怒ってね。
いろいろ言われると困るんで。
怒っていいよ。殴ってもいいよ。
俺は全然善だと思ってないし、
正義だとも思ってないし、
正義っていう人嫌いなのよ。
それは正義じゃないっていう。
正義じゃないじゃなくて、
みんな正義って言い始めるよって思うんだよ。
戦争だって正義と正義がぶつかってるわけだからさ。
考え方の違いでしょ。
だから俺正義ではないし、
善でもない。
やるって決めたら、
それが世の中から否定されることであったとしても、
この国を守るためにやらなきゃいけなかったらやるし、
自分が大切なものや仲間を守るためだったら、
やるよ。
そこなんだよ。
伝わらないっていうのがね。
しょうがないよな。
革命を起こすっていうのは、
キレ事を言う気はないし、
理屈を並べる気もないし、
俺は必要であれば自分の手を汚すことも、
それを一番初めに覚悟したんだよね。
政治もそうだけど、人間関係も。
何かに関わるってことはね。
しかも変えるっていうのはね、
汚れ仕事だからね。
楽しいことじゃないけど、
誰かがやらないと沈んでしまうからね。
概要欄には、
このない世界のベースになる部分が
掲載してありますので、
関心がある方はぜひお願いします。
よろしくお願いします。
それではまた明日。
11:05

Comments

Scroll