既成政党の政策とスローガン…/政策を具体化すると現実離れ?/政府と国民の乖離/多数決だけが民主主義ではない/「人道」という言葉は自国民から/お昼ご飯が食べられない子供たち/貧困と食物廃棄の矛盾/食べ物を粗末にする国は滅ぶ

#革命 #政治 #哲学 #危機 #社会問題 #政策 #貧困⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ ──────────────────────────────

──────────────────────────────

※Webでは画像・動画入りの日記など毎日更新しております

⁠⁠⁠https://b12.moo.jp/⁠⁠⁠

【Blog】⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://ameblo.jp/b-pimo⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ 【Twitter】 ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://twitter.com/canon_yuhki⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

【AmazonKindle】 ⁠⁠⁠https://amzn.to/40VLPA1⁠⁠⁠ 【お仕事のご依頼/メッセージ】 ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://b12.moo.jp/contact/⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

────────────────────────────── ▼プロフィール▼ 有城 佳音 (作家) 2000年 13年の閉塞ののち、処女作品集「雨のように、きこえる」にて作家デビュー 2003年「射精と中国、シンプルなセックスと穴掘り」※「中国」というワードが問題となり、某文学賞内定取り消し 2009-2013年 so-net blog 本部門で4年間1位を獲得  2010年 閉塞する社会から逃れるため妻で画家/音楽家の有城見萌により「B-factory12」設立。海外出版エージェントと契約(ブルーレット・テロ」中国語圏翻訳) 2014年 敗北。大手商社勤務から日雇いまで、あらゆる労働体系で働く。 2020年 YouTubeにて「マイノリティ文学アンダーグラウンド」朗読ch開設 2021年 毎日新聞×文芸社短編受賞  2021年12月神戸新聞文芸優秀賞受賞  有城見萌(音楽家/画家) 集英社「You」にて倉持知子さんとのコラボで一年間連載など。 有城佳音の作品を形にするため、有城佳音 全著作の絵、YouTube朗読チャンネル「⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠マイノリティ文学アンダーグラウンド⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠」すべての作品の朗読・音楽制作・演奏・ペーパーアート・絵で表現。 B-factory12 2010年、文学の世界の閉塞感から逃れ妻で音楽家・画家の有城見萌により、B-factory12(ビーファクトリー)を開始。中国出版エージェントと契約など、独自の独創的な活動を展開。 5年間の活動休止後の2019年、9月よりYouTube/PodCastチャンネル開設。性と死と哲学をモチーフとした有城佳音の小説と、有城見萌の音楽の融合したオーディオブックを配信。「Synchronicity」シリーズ配信。

Summary

政策の具体化に関しての考えや、人道の概念について言及しながら、貧困と食物廃棄の矛盾について話し合われています。

Table of Contents

政策の具体化に関して
こんばんは、結城香音です。
こんばんは、結城美萌です。
今ね、お鉛筆なめなめじゃないけど、政策をね、まとめてるんだけど、
いろんな政党のホームページに行ってみたのね。
なんかね、そっちである言葉に慣れてしまってるのかな。
例えば消費税ゼロとか、活力ある日本人とかさ。
なんかそういうもんなのかね、と思うんだよね。
分かりやすい部分で、みんなに訴えかけようっていうのを。
だから俺、政策を書いてて、俺具体化してるんだよね。
なんか俺が書いてることの方が、現実離れしてるような感じを持つのね。
だいたい決まってるんだよね。
現実不可能なんだけども、具体的に言ってないじゃん。
例えば活力ある日本へとかっていうのも、具体化してないわけじゃん。
だからなんかそこにしっくり収まるんだよね。
実現性っていうの関係なくなってくる気がするんだよね。
俺が書いてる政策っていうのは、あなたたちにこれをしますよってことじゃないのね。
一緒にやりましょう。
国民と政府。
あるいは国民と政府。
あるいは国民と議員っていうものが分かれてちゃいけないって俺は思うんだよ。
これ頑張ってやろうよっていうのが民主主義だと俺は思ってるんだよね。
だから今、民主主義じゃない気がするんだよ。
多数決だけやれば、民主主義ってことではないって俺は考えてるんだよね。
国民と政府。
双方が理解し協力し合うことだと俺は思ってるんだよね。
そのこと書いてると一つもないんだよね。
自分たちがこういう世界を作りますよって言ってるけども、その世界を作るのは国民が作らなきゃいけないんだよね。
子供の頃からね、もう政治とは切り離せないのよ。
だから小学校5年生の時から児童会の児童会長の選挙に出ろって先生に説得されたり。
まず選挙が嫌。
で、出る人間が自分が児童会長になったら宿題。
はい、しますとかって。
よくあったね、それ。
できないことを言うわけじゃない。
で、その子供の世界にまで、そのやる気もない、出来っこもないことを言うことが政治だって洗脳されてるんだろうね。
でも俺はそう思わないんだよ。
実現可能なことって言ったら、本当にお前実現可能かって言われたら、俺がその政策を立ててることっていうのは当たり前のことなんだよ。
一つだけ、これは3番目に出てくることなんだけど。
人道の概念と国民が先
例えば人道上って言葉があるよね。その人道っていうのは、他国の人であるとか、日本に入ってきた他国の人とか。
でも俺、その人道っていう言葉は、まず自国民に対して使うものだと思うんだよね。
もちろんそうだと思う。
うん。
まず自分の国の日本人が行き渡ってないと、日本人が苦しんでるのに、それよりも優先的に外国人にっていうのは、私はおかしいと思う。
外国人を助けちゃいけないってことじゃなくて、家庭で考えよう。
自分の家の子供が植えかけてるわけだよ。
にもかかわらず、お父さんはよその家にご飯を持って行ってるっていうのは、まずそこおかしいでしょ?
それは絶対おかしいと思う。
いいよ。
うちのお父さんみたいに、よそにいくつも家族があってもいいよ。
まあ、よくないかもしれないけども、これは俺の問題だから。
よそは知らない。
いいけども、まず自分の家族が植えない状態があって、それをやるのがいいんじゃないよ。
やらなくていいんだよ、それを。うちの親父の場合はね。
でも、それって基本だと思うんだよ。
まずは自分のところだよね。
うん。なんだろう。
国際関係とかってことが出てくるんだろうけども、確かにそうかもしれない。
でも、国際関係っていう言葉が出てくるのもね、自国民あってのことだと俺は思うんだよ。
まず人道っていうことは、日本国民の隅々、最後の一人まで行き渡った後に、外国の人が出てくるんじゃないかって俺は思う。
別にその差別をしてるわけじゃなくて。
で、他の民族であったとしても、日本に帰化してたらそれは日本人なんだから。
そこって基準をしっかりさせないとって思うんだよね。
貧困と食物廃棄の矛盾
お昼ご飯が食べれない、子供がいたりとか、それを民間の子供食堂とかがやってるけど、本来は国がやるべきことだと俺は思うんだよ。
給食でも無料化しちゃえばいいわけじゃない。
そんな大層な予算がかかることではない。
うん。
でも同時にね、廃棄されてる食べ物の多さだよね。
それのアンバランスなんだよ。
まだ食べれるものを廃棄するんだよね。
食べ物を粗末にする国って滅ぶよって、いや、滅んでるじゃないって思うんだよ。
でもそこもまた基準なんだと思うんだよ。
何か事故が起こったら困るから。
何か事故って、こういう言い方をしたらまずいのかもしれない。
まずいのかもしれないけど、でも何かをやったら怪我をする可能性ってあるんだよ。
でもその怪我を避けようってしてしまうと、どんどんどんどん閉塞してって、食料全部、食べ物を廃棄してしまうってことになると思うんだよね。
そこもきちんと安全性を見直した上でね、その基準をまた作り直さなきゃいけない。
その豊かだからご飯を捨てていいってわけではないんだよ。
うん。
貧困化してるのにご飯は捨てちゃもっといけないでしょって思うんだよね。
だからそういうところもね、根幹だと思う。
食べていくっていうのは人間の根幹だから、そこも考えていかないと、飢えるほどきついことはないから。
その飢えるきつさをもう二度と味わいたくないっていうのが、日本が高度経済成長してきた活力でもあったんだよね。
そうね。
そして、今お昼ご飯が食べれない。
うん。
6人に1人だっけ?
うん。
なんでって思うんだよね。
本当そう思ったよ。
一方で、食べ物が廃棄されてるって矛盾してるって。
ここにあるのに、そこには回らない。
ソ連。
ソ連が崩壊したときも全く同じで、農村部にはキャベツがいっぱいできてるわけだよ。
でも都市部の人は食べ物がない。
うん。
そこに行かないんだ。
だよね。
そこは崩壊していくんで、多分長い列を作ってたじゃん。
うん。
もう記憶にあるよね。
大井たちの中でね。
ロシア人かな。
うん。
あの人たちは極限を味わってきたわけ。
人間としての極限。
ここでは言葉にしないけども、極限を味わってきたのね。
そこまではない。
まだ。
うん。
この国は。
でも、そのアンバランスさを、物を大切にすることの基本が、崩壊されてしまう。
そこが失われてしまうとね。
うん。
だからそこもね、政治としてしっかり考えていかなきゃいけないし、政治って何かって、生活です。
国民の生活ですって思う。
そうね。そこを守らないとね。
そう。そこに不安があると、やっぱり人間の心って殺伐としてしまうし、やけにもなってしまうんだよね。
だから治安の意味でも、やっぱり食べ物っていうのは、まず確保しなきゃいけないし。
そうね。
それでもう、住む家とご飯、それはもう、国が責任持ちます。それが国民の生命と財産を守ることだと、俺は思うんだよね。
うん。
ってことで今日はね、3つ目の政策の話をしました。
はい。
支援、応援、助力、協力、猫の手、もう全てお借りしたい状態ですので、
そうですね。
ぜひよろしくお願いします。
よろしくお願いします。
それではまた、明日。
はい。
08:44

Comments

Scroll