その唾は自分にも落ちてくる/政治家も人間/2025年危機は今の国民と政治家の関係の歪み/今の政府以外どこを支持するの?(笑)/改革派の同じ道の繰り返し/腐る道/政治の論理は人間の論理/歪む心の実例/恩を仇で返し返されるのが人生/失敗は繰り返さない

#革命 #政治 #哲学 #危機 #社会問題 #政治家 #増税 #国民

**********

●電子書籍●

Podcastで配信されたトークを番組では削除した部分も含め、完全テキスト化しました。※Unlimitedなら0円で読めます。

「革命1 」⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://amzn.to/3MC4PxJ⁠⁠⁠⁠⁠⁠【革命2】⁠https://amzn.to/46mahvD⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ ────────────────────────────── 【Web Site】⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://ameblo.jp/b-pimo⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ 【Twitter】 ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://twitter.com/canon_yuhki⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ 【お仕事のご依頼/メッセージ】 ⁠⁠⁠⁠⁠https://b12.moo.jp/contact/⁠⁠⁠⁠⁠ ────────────────────────────── ▼プロフィール▼ 有城 佳音 (作家) 2000年 13年の閉塞ののち、処女作品集「雨のように、きこえる」にて作家デビュー 2003年「射精と中国、シンプルなセックスと穴掘り」※「中国」というワードが問題となり、某文学賞内定取り消し 2009-2013年 so-net blog 本部門で4年間1位を獲得  2010年 閉塞する社会から逃れるため妻で画家/音楽家の有城見萌により「B-factory12」設立。海外出版エージェントと契約(ブルーレット・テロ」中国語圏翻訳) 2014年 敗北。大手商社勤務から日雇いまで、あらゆる労働体系で働く。 2020年 YouTubeにて「マイノリティ文学アンダーグラウンド」朗読ch開設 2021年 毎日新聞×文芸社短編受賞  2021年12月神戸新聞文芸優秀賞受賞  有城見萌(音楽家/画家) 集英社「You」にて倉持知子さんとのコラボで一年間連載など。 有城佳音の作品を形にするため、有城佳音 全著作の絵、YouTube朗読チャンネル「⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠マイノリティ文学アンダーグラウンド⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠」すべての作品の朗読・音楽制作・演奏・ペーパーアート・絵で表現。 B-factory12 2010年、文学の世界の閉塞感から逃れ妻で音楽家・画家の有城見萌により、B-factory12(ビーファクトリー)を開始。中国出版エージェントと契約など、独自の独創的な活動を展開。 5年間の活動休止後の2019年、9月よりYouTube/PodCastチャンネル開設。性と死と哲学をモチーフとした有城佳音の小説と、有城見萌の音楽の融合したオーディオブックを配信。「Synchronicity」シリーズ配信。

Summary

独裁者は最初は救世主であるが、やがてバカにされたり無視されたりして、野郎になっていく。政治家もまた人間であり、みんな名前も顔も隠したまま政府を叩いていますが、実は彼らは国民そのものです。

Table of Contents

独裁者と救世主
こんばんは、ゆうきかのんです。こんばんは、ゆうきみもです。
独裁者っていうのも最初は救世主だったと思うんだよ。うん、そうだろうね。
善良な。うん。
でもね、ばかりされたりとか無視されたりとかさ、爪弾きになってるうちにさ、この野郎ってなっていくんだと思う。
そうだろうね。人間だからね。人間だからね。
みなさんも社会ってとこに属してて、会社ってとこに属してるよね。
上司にあんまりさ、喧嘩を売る人っていないと思う。
まあいないだろうね、そんなのね。
上司が間違っても、あ、そうですね、ってやってるんじゃないの?って。
なぜそれはそれをするの?って思うんだね。
それ以上理不尽なことされないためなんだよね。
あるいは自分の命っていうのを、ある意味上司は握ってるわけじゃない。
上司の判断一つだからね。
だからその人の機嫌が悪くならないようにするわけでしょ。
例えば、総理、あるいは政権与党、ガンガンみんな文句いただくよね。
あー、なるほど。
そういう人を見てよって思いますか?
政治家も人間って思うんだよ。
あの野郎って思うと思うんだよ。
それはもうそう思うだろうね。
国民の無力感
普通はやっぱり自分をそんな風に言う人っていうのは、
心の中のどっかでね、いつか見てろよみたいな気持ちは芽生えるからね。
みんなね、名前も顔も隠してね、政府を叩いてるけども、
いや、国民なんだよ、あなた本当はね。
自分に返ってくるん、それはって。
同じように雨は降るわけじゃない。
天につばしてる。
裏赤で天につばしたからといって、雨に合わないわけではないからね。
だから、そりゃそうだよなって。
自分たちの身のことしか考えないよなっていうのが、
2025年の危機につながっていくよって思うんだよ。
そりゃもうお互い様でしょ。
あまりにも上に対して、はーっていう感じでもダメなんだけども、
でもあまりにも何をやってもダメって。
例えばね、この状況でもね、自民党支持率って30%ある。
総理の支持率かな?30%ある。
それが信じられないっていうけどね。
いや、俺もその30の一人なんだよ。
どこを支持するの?
どこを支持すればいいんですか?って思うんだよ。
しっかりとした野党がある話は別よ。
ないのよ。
前も言ったけど、品揃えの悪いスーパーなのね。
腐った玉ねぎか、腐ったジャガイモか、腐った豆腐かなのね。
一番安全なのは腐ったジャガイモなんだよ。
腐ったとこをそげばいいから。
でも野党は腐った豆腐なのよ。
危険。
もう危険ですぎる。混じってるからね。
どこ食べても腐ってる。
腐ってるのは一部かもしれないけど、腐って混じってるんだね。
これからもそういうしっかりとしたところが出てくるっていう期待感がないのね。
だから多分このまま変わらないんだろうな。
どこ選んでも一緒なんだよね。
だから同じことなんです。
腐ったジャガイモ以上のものは出てこないシステムなのね。
あの国会っていう中に入ったらね、全部腐るんです。
同じ道を同じように歩いてたら、同じところにしかたどり着かないよね。
それと同じことを繰り返してるの、この国は。
時々出てくるじゃない。改革派みたいなのが出てくるわけじゃん。
全部同じ末路をたどってるでしょ。
それは同じ道を行ったらそういうことになるんですって。
もう一個国会を作んなきゃダメなんだよ。
それが新しい船、もう一隻の船なんだよって。
でもなんでみんな同じことを繰り返すんだろう。
多分でもそうしかできないんだと思う。
そこに入らないと出ていけないって思って。
国を変えられないって思い込んでいくんだよね。
いや、変えたらいいんだよ。
簡単な方法を変える。だってそれ役に立たないんだもん。
そのスーパーはダメなんだもん。変えればいいじゃない。
またこっちに新しい船を作ってね、議員たちがこっちに流れてくることを阻まなきゃダメなんだよ。
同じになっちゃう。
だから何か自分が政党を起こしました。
すると、その中で力が欲しいから自民党の議員とか入れたりするわけだよ。
腐ったみかんの法定式。腐るんだよそれは。
だから誰もやったことがない方法で道を作っていかないと出口にはならないんだよね。
だから俺はどことも食う気がないんだよ。
それじゃあやっていけないよって言われても、それをやったって意味がないんだよ。
結論同じになるから。
民主のことを考えてくれる政権ってありましたかって思うんだよ。
野党の時はそう言うんだよ。
そうだね。
俺も1億2千万人全部救いたいって言うんだよね。
そんなの俺に逆らったやつまで助ける義務は俺にはないからね。
そうでしょ。今まで助けてきたんだよ。
それで人生痛い目になってきた。
そういう奴らはまた裏切るから。
心のある人、自分自身に力を貸してくれた人に対して守ることはあっても、それはないでしょ。
だから今の内閣政府と同じだよね。
なんで増税めがれとかって言われて、お前たちのこと考えなきゃいけないの?
そりゃそういうふうな気持ちにはなると思う。
じゃあ選挙のこと考えたら、財務省の言うこと聞いとく方がいいよね。
彼らは味方になってくれるもんっていうのが結局政治の論理なんだよね。
信用できないじゃん。国民なんて。
そりゃもう今なんて本当に何かたちが悪いから。
いや違うよ。財務省を敵に回してね、国民を救うって言ったとこでね。
この国民はそれでも文句言うんだよ。10万回を文句言う。
俺もね、アルバイトの子たちの給料をあげてあげようって掛け合ってきたわけだよ。
そしてもう何日も話して10円あげたんだよ、時給を。
言われたからね。10円かよって。
10円あげるってお前大変だよって。5円だってあげるのって大変なんだよ。
でも伝わんないんだよね。
たった10円ってそりゃ思うもんね。
分かるけど、会社にとっては10円じゃない。
100人いたら1000円1時間あたり上がるわけでしょ。
1日あたり8000円上がるんだよね。1ヶ月あたり24万上がるんだよね。
でも10円、たった10円ぐらいでいらんそのまま。そんな言い方ないですよ。
どんだけ苦労して、どんだけ駆け引きしてあげてやったと思ってんだよって思うんだよね。
それはもう何もしたくなくなると思う。
下げてやろうかって思う。
10円だろ、高々って言ってやろうっていう気持ちにもなるからね。
人間ってそんなもんですよ。
でもね、と思うんだよね。この10年の間にね、やっぱり俺を引き立ててくれた人っていうのがいるわけじゃない。
その人がいるから、ポジションがあるわけだよね。
難しいね。恩を仇で返すのかっていう結果に。
誰だってそうだと思うけど、そういうふうにしてくれた人は足下には絶対したくないじゃない。
したくない。だからその人がいるから、その力を持ってるわけ、俺は。
でもその力っていうのがそこに向いていくことって、逃げられない状況だったりするんだよね。
だからそういうもんなのかなって。
恩は仇で。そうだな、俺も恩は仇で返されてきたな。
俺も恩は仇で返してきたなって。
それが社会なのかな。
でも本当そうなんだよ。だってその人が一番近いからね。
例えば人生の中でもそうだけど、一番憎いのは旦那ですって言うわけじゃない。
でもその旦那がいてくれたから生活してこれて、一番憎いのは旦那ですっていう状況を生むわけでしょ。
そりゃしょうがないのかな。
一番近くにいて毎日一緒に過ごすからね。
一番危険率が高い。嫌われる危険率が高いわけじゃない。
難しいね。
政治家も人間だからね。そりゃそんな気にならないって思うんだよ。
会社でもそうだもん。そこにどんどん溝ができてってしまうんだよね。
別に俺はさ、どうでもいいんだけど、それでもああそうって思うけども。
10円を支払う側からしたら、そうじゃないよなって。
独裁者も最初は救世主だったし。
でもそれがね、一生懸命やればやるほど溝ができてて、だから政治家だって人間だからね。
俺もね、人間だからね。
善良ではないです。白愛でもないですって。
それをやってきて失敗したから、この革命では絶対その失敗はしないって思ってるんだよね。
冷徹にならなきゃいけないって思ってるし。
めんどくさいことだよ。何かをやるっていうのは、何もしないのが一番楽だから。
まあね、いろいろ難しいけどね。
電子書籍の方ではね、日本メルトダウン2025革命2を出しましたので、
ぜひ概要欄からそちらできっちり書いてますから、そちらで日本の危機を見てください。
よろしくお願いします。
ということで、また明日。
11:15

Comments

Scroll