2023-11-25 11:15

【哲学/社会】人は誰もがマイノリティ

LGBTだけがマイノリティじゃない/人は誰もがマイノリティ/多数が困る経済問題/少数だから武器/少数派も多数派も国があって/京都で育った保守も革命家も/居場所がない…/互いがマイノリティ同士の心遣い/差別と区別

#革命 #政治 #哲学 #社会問題 #マイノリティ #思想

**********

●電子書籍●

Podcastで配信されたトークを番組では削除した部分も含め、完全テキスト化しました。※Unlimitedなら0円で読めます。

「革命1 」⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://amzn.to/3MC4PxJ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

【革命2】⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://amzn.to/46mahvD⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ ────────────────────────────── 【Web Site】⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://ameblo.jp/b-pimo⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ 【Twitter】 ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://twitter.com/canon_yuhki⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ 【お仕事のご依頼/メッセージ】 ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://b12.moo.jp/contact/⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠ ────────────────────────────── ▼プロフィール▼ 有城 佳音 (作家) 2000年 13年の閉塞ののち、処女作品集「雨のように、きこえる」にて作家デビュー 2003年「射精と中国、シンプルなセックスと穴掘り」※「中国」というワードが問題となり、某文学賞内定取り消し 2009-2013年 so-net blog 本部門で4年間1位を獲得  2010年 閉塞する社会から逃れるため妻で画家/音楽家の有城見萌により「B-factory12」設立。海外出版エージェントと契約(ブルーレット・テロ」中国語圏翻訳) 2014年 敗北。大手商社勤務から日雇いまで、あらゆる労働体系で働く。 2020年 YouTubeにて「マイノリティ文学アンダーグラウンド」朗読ch開設 2021年 毎日新聞×文芸社短編受賞  2021年12月神戸新聞文芸優秀賞受賞  有城見萌(音楽家/画家) 集英社「You」にて倉持知子さんとのコラボで一年間連載など。 有城佳音の作品を形にするため、有城佳音 全著作の絵、YouTube朗読チャンネル「⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠マイノリティ文学アンダーグラウンド⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠」すべての作品の朗読・音楽制作・演奏・ペーパーアート・絵で表現。 B-factory12 2010年、文学の世界の閉塞感から逃れ妻で音楽家・画家の有城見萌により、B-factory12(ビーファクトリー)を開始。中国出版エージェントと契約など、独自の独創的な活動を展開。 5年間の活動休止後の2019年、9月よりYouTube/PodCastチャンネル開設。性と死と哲学をモチーフとした有城佳音の小説と、有城見萌の音楽の融合したオーディオブックを配信。「Synchronicity」シリーズ配信。

Summary

彼らはマイノリティの話をしており、誰もが根本的に自分自身がマイノリティであることを認識しています。知能的なマイノリティや体格的なマイノリティなど、人々は常に何かしらのマイノリティであるという事実を常に意識しています。

Table of Contents

マイノリティの多様性
こんばんは、ゆうきかのんです。
こんばんは、ゆうきみもです。
マイノリティの話をしているところがあって、
人って、LGBTだけじゃなくて、
人ってマイノリティなのね。根本的に。
例えば、知能的マイノリティ。
嫌かもしれないけどね。
陽子的マイノリティ。
陽子ね。
体格的、あるいは体力的マイノリティ。
人間って、絶対何かのマイノリティなの。
その話をしているところがありますので、
俺は神だと思っているのがマイノリティ。
こんなマイノリティないし、
革命家って、俺しかいないっていうマイノリティなんだよね。
そういう話をしていますので、
今日はそちらをどうぞ。
LGBTとかやってたじゃん。
いいんだよ、そんなの。
この国が破滅したら、それどころじゃないから。
まず先に経済を立て直さなきゃいけないし、
そこが難しいから、
簡単な方に手をつけるんだよね。
LGBT法案でも、
簡単って今言ったかって、
LGBTの人が言うかもしれない。
簡単な問題じゃない。
みんな何かのマイノリティなんだよ。
LGBTだけじゃないんだよ。
Bってなんだよ、バイってなんだよって思うんだよ。
2つ持ってるんじゃないか。
俺たちは1つしか持ってないマイノリティなんだよって。
もういいじゃん、十分だろって。
革命家としてのマイノリティ
マイノリティ、みんな何かのマイノリティなんです。
俺なんか本当マイノリティだよ。
日本で革命家1人しかいないんだよ。
俺の権利を保証してくれって、
革命家は言えないんだよ。
どういう革命家ってことじゃん。
ちゃんと国のお世話。
国に保護されてしまう革命家って何なんだろう。
少なければ当然保証もないよって。
それ分かった上で言ってるわけでしょ。
でも自分は女の体なんだけど実は男なんです。
中身はね。
逆に女なんですって。
そりゃそうだよね、そうなんでしょ。
俺も人間の姿をしてるけど、神なんだよね。
でも人間として見るじゃない。
俺のことを。しょうがないよねって。
人間として生きなきゃ仕方がないわけじゃない。
じゃあLGBTを理解しましょうじゃなくて、
じゃあ俺も神だって理解してくれよって。
それ通らないってみんな言うと思うんだよ。
それと同じでしょって。
俺はこんなボンクラに生まれてきたけど、
中身は頭いいんだって言っても無理なんだよそれ。
ボンクラにしか見えないわけだから。
まあそうだね。
なんでそれ分かる?気持ちは分かる?
みんながこんなの自分じゃないって。
でもそれは先天的な問題なんですって言ったところで、
それを言うんだったら俺は神なんだよ。
俺は近世人だってやつも出てくるんだよ。
でLGBTがマイノリティだって言うけども、
俺みたいに自分は神だと思っている人間とか、
近世人だと思っている人間から見たら、
マイノリティの認知
全然マイノリティじゃないんだよ。
マイノリティだよ。
だってテレビに出れるわけじゃん。
その姿で。
そしてそれでお話をできるわけじゃない。
例えば、オカマの人たちって出てるよね。
言葉はどうとしてテレビに出てるかを見るのは、
オカマとして出てるわけじゃない。
で、オカマだったら言いたいことが言えるわけじゃない。
まあそうだね。
普通の人が言ったらあれだけど、
オカマだったら何か言っても許されるみたいなものがあるじゃない。
ちゃんと人の持ってない権利も持ってるじゃない。
俺が例えばテレビに出て、
俺が神だって言った話を出したら、
コマーシャル明けたぶんいないと思う。
俺のとこにぬいぐるみが置いてあると思う。
不適切な発言がありましたって言われると、
それがマイノリティなんだよ、近世人とかもね。
そういう番組じゃない限り。
狂ったって言われるんだよね。
どっから来たの。
だから政治家の話。
そういうマイノリティの法案とかをやってるけども、
やらなきゃいけないこと。
国あってのマイノリティなんだよ。
多数派であっても少数派であっても、
国があっての多数派だし少数派なの。
この国がなくなったら、
俺たち日本人全員が少数派になってしまうんだよ。
まあそうだね。
マイノリティになってしまう。
国があるからなの。
俺生まれて一度も自分がマジョリティ、
つまり多数側の人間だったっていう経験がないんだよ。
私も。
なんでだろうね。
前京都の話をしたけど京都で座ったね。
京都の保守ってマイノリティなんだよ。
だいたい中間っていうのは権力側に行っちゃうから、
マイノリティなんだよ。
で、ほら、阪神が優勝したときも。
そうそう、巨人ファンだったよね。
1985年のね。
すぐみんな阪神ファンになるんだよね。
で、ロックオーロシとか、
遠足のバスで歌うんだよね。
仕方がないから巨人の星歌ってボーイングなわけでしょ。
ないんだよね、マジョリティの側に立ったってことが。
どうなんだろうね。
人から見たとき、俺ってマイノリティに見えてるのかな。
いや、どうかな。
割と人の上に立って明るくやってるから、
そういうふうには見えないんじゃないかな。
多数に見えるじゃん。
で、上に立ってるって言ったけど、
上に立ってるように見えるよね。
見える見える。
上に立ってないよね。
下はすぐみんな裏切るんだよ。
俺はそこでも少数派なんだよ。
要するに上に立ってるっていう少数派なのよ。
下は下にいるっていう多数派なんだよね。
ないんだよね。
でもね、俺ね、
俺の権利を認めてくれって思ったことが一度もないんだよ。
認められないという教育を社会にされてきたの。
しょうがないよねっていう。
諦める方が先に。
分かる分かる。
私も多数派にいたことがないから、
だから基本的に一人と思ってるし。
だから何かあったとき、
熱湯風呂に入るみたいなときね、
結局俺が入るんだろうなって思うのよ。
なるほどね。
みんなはいろいろなことを言って、
俺が行く、俺が行くとかって言って、
いやいやとかって言ってるけど、
最終的には俺が行くよって言って、
俺が行くんだろうなって。
諦めてるんだよな。
しょうがないよね。
革命家っていう超マイノリティなんだよね。
でもね、この話を編集してて思ったんだけど、
なんでこの国のためにやるのに、
マイノリティなんだろうって思うんだよね。
まあね。
人は何なりかの少数派だと思うよ。
そう思う。
多数派に見えてても少数派なんだよ。
例えば、自分の人生の告白をしてくれた人がいるんだよ。
初めて話すんだけど。
私ジャニオタなんだよっていうね。
ジャニーズってすごい大きいわけね。
革命家からすれば全然多数派なわけじゃん。
でもそれを言ったらみんなに嫌われたり、
変な目で見られるって。
だから何かの少数派なんだよ、人は。
例えば部長っていうのもね。
部長という少数派なんだよ。
権力持ってるように見えるけど、
すごく気使って生きてて。
孤独だよね。
母親っていうのも少数派なんだよ。
子供が2人3人いると少数派だし、
お父さんはもっと少数派。
家に帰った時、自分の家なのに居場所がないっていう少数派なんだよね。
その権利をまず認めてあげなきゃいけない。
そっちが先でしょって思うんだよ。
マイノリティっていうのはLGBTもそうだけども、
俺は別にレズでもゲイでも、
倍はちょっと分かんない。
だってそれ2つ持ってるわけだから。
俺は理解とかそういう問題ない。
人と人とは対等で理解するっていうことも
上から目線なんだって思うんだよ。
だから前も言っちゃうけど、
例えばエイズって問題があったよね。
エイズの人を差別するとかあるわけじゃん。
例えば知り合いにエイズがいたって、
別に友達と会うことは変わりないし。
でもある種どっかに差別はあるよね。
だから俺は知らず知らずに
差別してしまうかもしれないってことだよね。
その言葉が。
一生懸命どんなに気を使っても
俺は感染者じゃないから
分からないことがあるわけよ。
だから俺の言うことで
気をつけることがあるかもしれないよってことだし、
人と接してても
みんなが何かのマイノリティだから
俺が言うことに対して
何か気をつくことってあるかもしれないのよ。
だから最初にごめんねって
そういう言葉を使ってしまうことがあるかもしれないけども
俺は人と人とは対等だと思ってるからって思うんだよね。
だから人と人は基本的に
みんなマイノリティだ。
自分もマイノリティで
相手もマイノリティなんだっていう捉え方をして
付き合っていくべきなんじゃないかなって思います。
俺神だった、本当に。
辛いことだから。
人の中で神として生きていかなきゃいけないっていうのは
何が辛いかって
人じゃんって言われることだから。
ということでまた明日。
11:15

Comments

Scroll